クレーンゲーム冒険記♪♪♪

このブログは私の獲得履歴。tikaze_1013でヤフオクもやってます。かつては購入者向けのカタログでもありました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【1034】艦隊これくしょん -艦これ- 駆逐艦 秋月 鎮守府の四季 フィギュア

2016年10月08日 15時31分15秒 | フィギュア

在庫1
状態「新品」
獲得日【16年9月27日(火)】など
獲得個数:2個
使用金額:¥200、100
獲得店舗:M書店
使用機種:UFOキャッチャー7
配置形態:3点置き
製作元:バンプレスト


追記:

もっかい

アップ

ウラ面

秋月とは・・・
DMM.comにて配信中のブラウザゲーム『艦隊これくしょん』に登場する艦娘。2014年11月14日のアップデートにて実装された駆逐艦娘で、以前にも秋月型の実装をほのめかすような情報が度々あったが、同日に開催された秋期イベント『発動!渾作戦』のE-2「第二次渾作戦」のクリア報酬としてようやくお目見えとなった。 史実のエピソードに由来して翔鶴の台詞には秋月に言及するものがあり、彼女も2013年5月17日の実装以来1年半も待ち続けていたことになる。 しかし本実装は未だにされておらず、Prinz Eugenと共に先行実装~本実装までの期間が1位となっている(2016年6月25日現在590日、長らく首位だった時津風は581日)。 史実の秋月型駆逐艦が従来の艦隊型駆逐艦と異なる新たな艦種として計画され、規模も軽巡洋艦並であったことを踏まえてか、このゲームでも分類上は駆逐艦娘ということになっているが、性能も容姿も他の駆逐艦娘とはかけ離れている。 対空の値が際立って高く、これまで「対空番長」と呼ばれてきた摩耶改の最大値(89)を追いぬき、最大の対空性能を持つ大和に迫る対空値を初期状態で持つ。 その数値、驚異の104(大和改と同値)!! 改になると116まで上がる怪物クラスの性能を誇る。もちろん駆逐艦娘……というよりは全艦娘の中でトップクラスの高さである。2016年5月3日に実装されたアイオワ改が120まで伸び、トップの座を譲った。 対空射撃については、秋月型の特徴として対空カットイン発動条件が緩くなっており、他の艦には必須となる高射装置(または10cm高角砲+高射装置)を必要としないという特性があるため、高角砲と対空電探が一つずつあれば、それだけで条件を満たせる。まさに艦隊防空に特化した性能といえるだろう。その代わり、他の艦娘が対空カットイン装備だと、そちらが優先して発動するらしく、発動優位は最下位と目されている。 他の火力・対潜などの諸ステータスは軽巡洋艦娘に迫る水準で、軽巡洋艦娘の中でもステータスの低い夕張を一回り上回る。総合力でいえば島風あたりと同等と思えばいいだろう。 ただし史実の秋月型は、魚雷の次発装填装置は装備していたものの、四連装魚雷発射管を1基しか装備していなかったことを反映してか雷装の値だけは低いため、夜戦における攻撃力の伸びはあまり大きくないし、ほぼ軽巡並のステータスとはいえあくまで駆逐艦であるため、中口径主砲や大型電探などは搭載できない。 そこ、「史実で二一号電探積んでた」とか言うな。 ところが2016年1月19日の更新で、霞改二乙が大型艦専用の「15m二重測距儀+21号電探改二」以外の大型電探を装備できるようになったため、今後秋月型の改二に反映される可能性は高い(改二乙の“乙”は秋月型以降の『乙型駆逐艦』に由来するという推察から)と思われる。 攻撃性能が夜戦連撃でも大型艦を落としきれない水準であるため、対艦攻撃力を完全に放棄して、高角砲+対空電探+ソナーという対空カットイン+対潜を主とした装備構成も注目されている。 あれ?これってイージス艦っていうんじゃ…… このため同じ防空艦で高火力を維持している摩耶改二とは、戦術面で住み分けが可能である。 ポニーテールにまとめられたダークブラウンの髪とダークグレーの瞳が特徴。 頭には、「第六十一駆逐隊」と書かれたハチマキ……ではなくペンネント(水兵帽を飾るためのリボン。某提督の敵の初心者マークはこれ)が巻かれているほか、91式高射装置が髪留めになっている。 なお、前述の通り彼女の瞳は灰色で描かれているのだが、 発売予定のフィギュアや『艦これ改』のトレーラーでは碧眼に変更されている。 それもブルーグレーのようなものではなく、正真正銘の澄んだ青色である。 秋月はしずま艦としては描き下ろしが少ないため、どちらが現在の正式な色なのかは不明。 頭身が目立って高く、スレンダー。軽巡洋艦娘並の抜群なスタイルを誇り、某軽巡洋艦娘を彷彿とさせる凛々しい容姿である。 ただ、胸部装甲はお前のような駆逐艦がいるかとまで言われてしまう潮や浜風、駆逐艦一のナイスバディと言われる浦風程ではないようである。見た感じ古鷹加古が近似値か……あれ、あの子ら重巡洋艦………… 見た感じだと如月もこれぐらいあるような気もする。……今んとこ実装中で史実艦は最小のはずだけど………… ちなみに史実の方では夕張に似た大きさ・シルエットであったため、米軍からは「日本は夕張型を量産している」と勘違いされていたりもする。全長、全幅、排水量ともにほとんど変わらずシルエットまで似ているのだから、そこは仕方がないだろう。なので、駆逐艦娘離れした容姿もそこから来ているのかもしれない。 胸部装甲はどう見ても夕張より厚い気もするが。 服装は髪と同じダークブラウンと白の半袖セーラー服であり、腹部には鼠色の大鳳の腹部装甲と同じようなもの(どうやら艦首部分であるらしい)が巻かれ、柿色のスカーフの留め具にもなっている(中破の様子では金属製ではなく衣服同様の材質である模様)。また、セーラー服の下にもその装甲と同じの色の半袖インナーを着用。両手には内が黒、外が白の手袋をしている。 下は白にダークブラウンのラインが入った超ミニスカートであり、両側に根本までのスリットが入っている。 足には白のソックスの上から天津風達同様のヒールが舵になったブーツ型の主機を履いている。 なお、例によってこうなっているらしい。 前述の通り腹部の装甲が艦首を、スカートが波を、パンツが艦底を、それぞれ再現しているようだ。 なお、パンツのお尻の部分には、スクリューの柄が描かれているのが中破時に確認できる。 艤装は背中から両側に腰を取り囲むような基部から両側に、天津風の物に似た艦首ユニットがジョイントし、その砲塔部分には連装砲ちゃんのようなメカが収まっている。 彼女自身の台詞によると「長10cm砲ちゃん」という名前であるらしく、「暴れないで」という台詞から察するに自律機動できるようだ。 右の太腿には、10cm高角砲の予備砲身を数本差したホルダーが巻かれている。 これは、10cm高角砲の砲身命数が約350発と少なかったことから、頻繁に砲身の交換が必要であったことに由来すると思われる。 漫画『いつか静かな海で』では、翔鶴救出の際、戦闘中に長10cm砲ちゃんの砲身を予備砲身に換装するシーンが描かれた。なお実際は港湾で港湾施設や工作艦の支援を受けて行ったと思われる。 至って真面目で、ハツラツとした前向きな娘。 放置されても装備のチェックを始めるなど、とにかく任務に対して忠実な姿勢を示す。 艦隊の防空に並々ならぬ情熱を傾けており、中破しても艦隊の防空を諦めようとしない。 史実において、エンガノ岬沖海戦で怒涛の航空攻撃を受けた瑞鶴、瑞鳳ら三航戦を守りきれなかったことを気にしてのことであろうか。 そのためか翔鶴や瑞鶴のことを尊敬しつつも常に心配している。 口癖は「大丈夫」。その使用回数は全艦娘の中でもダントツであり、榛名よりも大丈夫です。 大きな損傷をしたり、果ては沈みゆく中のような確実に大丈夫ではない場面ですらこの言葉を発する。 彼女の性格が如実に表れた台詞だが、無理をさせずいたわってあげよう。 また、秋月型の長女である自覚から、妹達のことを心配したり、誇りに思っているなど良いお姉ちゃんもしている。 ただ、敗戦濃厚な太平洋戦争後期に建造されたためか食習慣がかなり貧しく、「麦飯+沢庵、牛缶、味噌汁」のセットを贅沢なものと考えているなど、提督諸氏の涙を誘っている。おかげで彼女の用意する料理はどれも質素なものばかりである。 …どこぞの戦艦はオムライスとかビフテキとか食べてるのに。 夕飯に麦飯を振る舞う駆逐艦娘には他に朝雲がいるが、こちらは主菜にブリの煮付けが出てくる。 史実では同日に戦没しているため食糧事情については変わらないであろう二人だが、この差は一体・・・ とか言っていたらクリスマス専用ボイスで七面鳥(日本では入手が難しく高価)を調理して来たりなど、豪華な料理を知らないというわけではないようだ。これは彼女の豪華の基準が低すぎるのか、それともただの貧乏性か。 なお、本人曰く朝食と昼食は「簡単ですみません」とのこと。食事の内容は昼食にて判明するが、沢庵と握り飯の模様。何故「簡単」なもので済ませているのかと言うと、秋月は日が沈むまで対空警戒を続けている(17時時報)ためである。海軍においての戦闘糧食(レーション)はこの握り飯が採用されていたのだ。執務室の窓枠のひとつ「鎮守府カウンターバー」でも、秋月を秘書艦にすると「戦闘糧食勢」として握り飯などが配置される。 公式四コマのおまけ漫画であるお部屋訪問では雲龍同様に自室の内装は質素そのもの。また鎮守府で生活することで生活水準も標準的になりつつあるのだが、同時にそういった満たされた生活に慣れてしまうことに大きな戸惑いと恐怖を感じているなど、深刻な貧乏性に陥ってしまっている。 提督との関係は理想的な上官と部下。 お触りに関しては長10cm砲ちゃんが暴れているものと最初は勘違いするが、犯人が提督だとわかると急いで謝るなど絶対の信頼と忠誠を寄せている。 色恋沙汰な話は無いが、深夜の時報で「月が綺麗ですね」と提督に呟いており、これがそのままの意味なのか、夏目漱石なのかで提督諸氏の意見が分かれている。 ただ、提督がたじろいだ(と思われる)ことに困惑しており、どうやら前者である模様。 「提督が寝ていたのでは」と解釈する人もいるが、ちゃんと起きていることが2時間後の時報でわかる。 「弾幕が薄い」とか「やらせはしません」など、本人は真面目なのだろうがネタとしか思えない事を言ったりもする。

艦隊これくしょん -艦これ-とは・・・
『艦隊これくしょん~艦これ~』とは、角川ゲームス開発・運営、DMM.comより提供されている艦隊育成シミュレーションゲームである。プレイヤーは「提督」となり、第二次世界大戦中に活躍した日本海軍の艦艇(一部日本陸軍の船舶も含む)を擬人化した 「艦娘(かんむす)」 を収集・育成・強化し、編成した艦隊で任務をこなす育成シミュレーションゲームである。コンシューマーゲームでいうところの「信長の野望」シリーズに近いゲームと言えるであろう。

以上、ピクシブ百科事典より引用。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【1033】ポメタンとなかまた... | トップ | 【1035】ソードアートオンラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フィギュア」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。