ヒマ人クラブ

NO MUSIC NO LIFE! ジャズ、ロック、フォークが好きです。気ままにやっていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ご冥福をお祈りいたします・・・石坂敬一氏死去

2016-12-31 | ロック

31日、突然の訃報をYahooニュースで知りました。

石坂氏と言えば、ビートルズ、ピンク・フロイドという印象。

邦楽では、矢沢永吉、松任谷由実、BOOWY、忌野清志郎らを手がける。というのは、後で知ったこと。

小生が石坂氏を知ったのは、石坂氏が東芝音楽工業㈱時代。

小生にとっては、石坂氏の印象はビートルズというより、ピンク・フロイド。

「Atom Heart Mother」(1970年発売)を「原子心母」と命名したこと。

最近の曖昧な記憶を辿ると、FMラジオで毎週日曜日のお昼帯に、東芝音工が番組を持っていて、自社の洋楽新譜を紹介していた。

その頃に石坂氏を知ったのではないかと。

最後に、ネットで拾った石坂氏に関することを少々。

東大教授 浜野保樹氏との対談から抜粋(WEDGE Infinity より)

「ああ。僕は個人的には、ヘヴィ・ミュージックが好きなんです。

レッド・ツェッペリン、例えば。

 ジミ・ヘンドリックス(1942-1970)。ジェフ・ベック。キング・クリムゾン。ピンク・フロイド。日本だったらフラワー・トラベリン・バンド。徳間でやってたウエスト・ロード・ブルース・バンド。こういうのが好きなんですが、そればっかりやってるわけにいかないんで…(笑)」

偶然の一致。

小生と全く同じ傾向です。

ご冥福をお祈りします。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アナログで聴くクラッシック... | トップ | 加川御大 亡くなる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ロック」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。