なんでもぐも = (なんでも-も)+(も+ぐ)+もぐ

専門のマシン知能に限らず、身辺で感じたこと、なんでも、なぜ、という観点から
もぐもぐ(深堀り)を試みるブログです.

先端研究にまつわる詐欺とセルシード社

2014-08-31 11:34:47 | 日記
以下の記事が興味深いです

http://matome.naver.jp/m/odai/2140729669493624701

stap細胞のリリースに伴うセルシード社の株価高騰や、理研からの不正?資金流用に故人、笹井氏らがかかわっていた、という疑惑は深まるばかりです

一線を越えてしまった、と遺言書に書き残した笹井氏、捜査のメスがこれから本格化するのかもしれません
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Stap細胞再現検証の歯切れの悪い結末

2014-08-30 21:38:12 | 日記
先週、理研側によるStap細胞の再現検証中間報告があり、再現は極めて難しい、との結論に達しました

三月までに結論を出すようですが、改革委員会が指摘したように、数千万円かけて検証実験をやる意味がみえません

また、今回の件で200名ものCDBに続する研究者は解雇される見通しですが、論文不正のために失ったものは大きく、取り返しのつかない有り様です

まさに、歯切れの悪い結末を向かえることは避けられなくなりつつあります
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アジアの大渋滞と日本の技術貢献とその後

2014-08-27 21:39:44 | 日記
来週、月曜日の未来世紀ジパングで放送予定のようです

http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/

http://id.walkers.co.jp/news/single/000490/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

stap論文不正、Nスペでのメール問題

2014-08-24 14:37:46 | 日記
7月の27日と31日に報道されたstap論文不正に関するNHKスペャシャルの中で、笹井さんと小保方さんとの情緒的なメールに関し、巷でいろいろと議論されているようです

たとえば、大槻教授のブログを引用すると、

http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-706.html

確かに、メールでの秘匿性が無視され、放送に先立ち、本人確認がないまま露出されてしまうのは、法令違反にあたるのではないか、とおもいます

でなければ、NHKは、戦時中の公安、もしくはCIAとなってしまう

恐らく、番組制作にあたり、NHK側から理研関係者に対し、実験ノートや当人同士のメールの開示を余儀なくされた、と考えられますが、理研内部のメール等にはNDAがかかっているでしょうから、何らかの力が働いていたのかもしれません

たとえば、理研による自己点検検査委員が、雑誌で飛び交っていた二人の関係を精査する上でメールを調べ、その情報が不始末にもNHKに漏れたなど

理研自体はトップも含め、素人経営気味だから、こうしたメール管理もいい加減なのかもしれません

そうしたことを逆手に使って、論文不正の中身とは直接関係ない内容を、視聴者稼ぎの番組として制作したNHKもイヤラシい存在ですが、法令違反にあたる可能性もあり、本件きちんと調査すべきかと、おもわれます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Stap黒幕、バカンティ教授の退場

2014-08-16 19:48:23 | 日記
バカンティ氏は役職解任されたようです

http://www.47news.jp/smp/CN/201408/CN2014081201001196.html

内部調査は、かなり進んでおり、そうした経緯で ネゴがあっとおもいます

ただ、西洋式だと、こうした問題が起きた場合、まず、専門委員会が作られ、彼等が主導で内部調査を進め、組織建て直しに向けた提言、実行してゆきます

理研のケースも似ていますが、専門委員会の権限はもっと強く、当事者へのガイダンスも兼ねているので、自殺者が出ることは稀です

日本の組織は、いろいろな意味で遅れていますね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加