なんでもぐも = (なんでも-も)+(も+ぐ)+もぐ

専門のマシン知能に限らず、身辺で感じたこと、なんでも、なぜ、という観点から
もぐもぐ(深堀り)を試みるブログです.

インドネシアの新車販売は120万に達する見込み

2013-11-19 21:07:26 | 日記
エコカーが牽引 10月の新車販売台数4.9%増の11.2万台




エコカーが牽引 10月の新車販売台数4.9%増の11.2万台
 インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)の統計によると、10月の新車販売台数(出荷ベース、確定値)は、前年同月比4.9%増の11万2038台となった。トヨタ自動車の「アギア」、ダイハツ工業の「アイラ」のエコカー、いわゆる「LCGC(ローコスト・アンド・グリーンカー)」政策の適合車の販売が好調で、プラス成長を維持した。この結果、1~10月で前年同期比10.5%増の102万389台となり、通年では120万台に達する見通しだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

徐々に下降しつつあるインドネシア経済の実態

2013-11-18 22:25:52 | 日記
本ブログでも数か月前に今後のインドネシア経済は鈍化してゆく、
と予想した通り経済成長率の伸びが低くなってきています.


失業率、8年ぶり悪化 8月の労働力統計  (2013年11月13日)

中央統計局が6日発表した今年8月の労働力統計によると、完全失業率は6.25%で、ほぼ8年ぶりの悪化となった。失業率は第1期ユドヨノ政権誕生から1年後の2005年10月以来、低下傾向にあったが、6月の補助金付き石油燃料値上げや、景気減速で経済成長率が失業率引き下げの最低限度とされる6%を切ったことが悪化の背景にあるとみられる。
 調査は半年に一度実施。前回調査(今年2月)では6%を切り、ユドヨノ大統領は任期満了となる2014年までに目標とする5~6%の範囲に収まったが、再び6%を超えた。
 8月の労働力人口は1億1820万人で前期比300万人減、前年同期比14万人増。労働力人口比率は前期比2.31%減、前年同期比0.98%減の66.90%となった。一方、完全失業者は739万人で前期から22万人増加した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加