曖昧さの薄闇の中に

趣味は競馬と食べ歩き。お酒の好きな凡人が書きたいように書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウイン 2016年度 募集馬検討1

2016年09月30日 | 募集馬検討
現在は出資馬の居ない ウインレーシングクラブ だが、今年も出資を検討する。



候補馬は マイネピュールの15 である。


4代血統構成 は以下の通り。


  父 母父 三代父 四代父
 種牡馬名 アイルハヴアナザー ジェニュイン トニービン ロイヤルスキー
 大系統 B* S* A* A
 小系統 ミスタープロスペクター サンデーサイレンス グレイソヴリン ボールドルーラー
 活性値 1.25 0.00 0.75 0.25



母父は 0遺伝 。
加えて、母母父 トニービンNearco の影響が 0遺伝 で消えている異系系統。

マイネピュール は、父の形質を固定し、祖先の絞り込みを容易にする優秀な繁殖牝馬と言える。


次に遺伝的な特徴をまとめる。

 連産の有無 近親交配の弊害 被遺伝世代深度 "形""相"の遺伝 "料"の遺伝
 連産 無 2 Arch 4.75


本馬は連産馬なのでクロス弊害を点検しなければならない。

5代血統表にクロスがあるが、父のインクロスであり、遺伝的な弊害は無い。
競走馬としては正常な頭脳を持っている。


被遺伝世代深度 2 で父から 2世代 遡った祖先の影響を受ける。

北米スーパーダービー(G1)を勝った Arch (1.50+α) の形相が優性。
芝ダート兼用のトラックランナーだろう。


丈夫さを示す 料 は誤差なしで 4.75 とやや丈夫。


遅生まれを考慮したためか、募集価格が安価であり、魅力的な募集馬と言える。



本馬は ビユーチフルドリーマー に遡る在来牝系であり、盛夏期や厳冬期でも活躍できるタフさがある。


余談だが、半姉 コスモミレネール は、丈夫さを示す 料 の遺伝が 3.25 以上。

タイムパラドックス は活性値 0.25 と劣性であり、今後の種付けにおいて近親交配のリスクが低い優秀な繁殖牝馬だ。

是非、配合に工夫を凝らし、この牝系を継いで欲しいと強く願う。
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015年度産の出資予算 | トップ | サンデーサイレンスのライン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。