曖昧さの薄闇の中に

趣味は競馬と食べ歩き。お酒の好きな凡人が書きたいように書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サンデーサイレンスのラインブリード

2016年10月01日 | 血統論
我が国の生産牧場には、革命的な種牡馬 サンデーサイレンス の血を持つ繁殖牝馬が多数繋養されている。

そして、同じく サンデーサイレンス の後継種牡馬が次々とスタッドインしている。

必然的に、父 サンデーサイレンス系 × 母父 サンデーサイレンス系 というラインブリードが成立し易くなっている。



「より自然に近い状態で育成し、種本来の生命力を引き出す。」というのがビッグレットファームの育成方針であり、素人の筆者も納得の論理だが、それは配合においても同様だと言える。

近親交配に正常な子孫が残せないことは証明済みであり、より自然に近い異なる父系を組み合わせた配合が望ましい筈だ。


サンデーサイレンス の血が消えていないラインブリードは危険であり、我が国の生産界が選択してはならない配合だと思う。



一口馬主や POG ユーザとして、 サンデーサイレンス のラインブリードを評価する場合のポイントをまとめておこう。



▼(1)
初仔や空胎後の産駒は近親交配の悪影響を受けない。
よって、 サンデーサイレンス のラインブリードであっても検討の余地がある。

▼(2)
連産馬の場合、サンデーサイレンス 系種牡馬の種付け時の活性値を確認する。
父か母、いずれかが 0 遺伝であれば近親交配の悪影響を受けない。

▼(3)
スペシャルウィークマツリダゴッホ は、サンデーサイレンス 0遺伝 である。
ラインブリードの対象として考える必要はなく、近親交配の悪影響を受けない。

▼(4)
上記 (1)~(3) に合致しない場合、 サンデーサイレンス のクロスの強度を判定する。
父と母、それぞれで サンデーサイレンス に至るまでの種付け活性値を乗算する。
すべての種付活性値の乗数が 0.125 以下であれば、近親交配の悪影響を受けない可能性がある。



筆者の素人考えだが、ラインブリードは極力避けて欲しい配合である。

今後も日高産馬を応援していく中、上記のようなラインブリード判定の機会が少ないことを願う。
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウイン 2016年度 募集馬検討1 | トップ | サンデーサイレンスの孫達 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

血統論」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。