オオノノアラシ

大好きな智さんの事、
嵐さん達の事、
日々溢れる想いを感じている事を綴ってます。

「君に捧げるエンブレム」 完成披露試写会

2016-12-20 19:58:11 | 翔ゴト
今日は「エンブレム」の完成披露試写会でしたねー (´▽`*)


櫻井翔、撮影中の号泣暴露され「年取ったんだよ!」 共演者が"チームメイト"に

アイドルグループ・嵐の櫻井翔が20日、都内で行われたフジテレビ系スペシャルドラマ『君に捧げるエンブレム』(来年1月3日21:00~23:30)の完成披露試写会に登場。共演の長澤まさみや市原隼人から、撮影で号泣していたことを暴露され、「年取ったんだよ!」と反論した。

このドラマは、櫻井演じる天才サッカー選手・鷹匠和也が交通事故にあい、一生を車椅子で過ごすことになったことから車椅子バスケに出会い、新たな挑戦に打ち込むことになるストーリー。長澤は、和也の妻・未希役を、市原はチームメイトの向井大隼役を演じている。

市原は、本番中に号泣してしまい、NGになったことがあったが、そのとき隣にいた櫻井も号泣していたことを暴露。長澤に「意外と涙もろいですよね?」とツッコまれた櫻井は、間髪入れず「年取ったんだよ!」と言い返しつつ、「普通にやってたら涙が止まんなくなっちゃうシーンがたくさんあるんです。だから、我慢して抑えてというのを監督と話しながら撮っていったという感じですね」と、胸が詰まるシーンの連続を予告した。

車椅子バスケのシーンはキャスト自らが演じるため、櫻井らは1カ月間の練習を行った上でクランクイン。プレー中のシーンは、念のためプロの代役による撮影も行っていたそうだが、放送ではそれをほぼ使わないほど、上達していたそうだ。

また、この練習・ロケによって、「不思議なもので、共演者ではあるんですけど、チームメイトのよう」(櫻井)な絆が生まれたそう。市原は「なんで連続ドラマじゃないのかな。もっと(車椅子バスケが)うまくなったし、一緒に居れたのに」と名残惜しんでいた。

その絆を象徴するエピソードとして、櫻井は、市原がプレー中に全力でぶつかってきたことを紹介。「そのときの迫力がすごくて、闘牛士ってこんな気持なのかなと思いました」と、独特の表現で振り返った。

同会には、車椅子バスケ日本代表で不動のエース・神村錬役で出演する安藤政信も出席。安藤は、和也(櫻井)と長澤(未希)とともに階段を上るシーンで、櫻井が夫婦愛を語り合いながら、車椅子バスケのための腕の筋力トレーニングをしていたことを挙げ、「やっぱりスーパースターだなと思いました」と感心していた。

しかし櫻井は「いや、台本だから(笑)」と冷静にツッコミ。長澤まさみはそのやり取りを見て、笑いが止まらなくなっていた。
(@マイナビニュース)



明日のWSでたくさん見れるかなー? (*´艸`*)

とってもカッコいい翔くんだったみたいなので、楽しみです♪



櫻井翔が新春ドラマで車いすバスケに 「心一つになれた」続編熱望

嵐の櫻井翔(34)が20日、都内で、フジテレビ系新春ドラマスペシャル「君に捧げるエンブレム」(1月3日放送、後9・00)の完成披露試写会に女優・長澤まさみ(29)、俳優・市原隼人(29)、安藤政信(41)と共に出席。櫻井が続編を熱望した。

 櫻井は車椅子バスケで世界へ羽ばたく元Jリーガー役に挑み、チームメイト役の市原らと練習に1カ月、撮影に1カ月と車椅子バスケに打ち込んだ。

 撮影した東京・代々木第一体育館で5分間のエキシビジョンマッチを行ったことが「一番の思い出」と語り、「心一つになれた。楽しかった。またやりたいもん」と続編を希望。市原も「なんで連続ドラマじゃないかな。もっと、(車椅子バスケを)うまくなれた」と惜しんでいた。

櫻井を支える妻役で出演した長澤は、父がサッカー元日本代表で初代ジュビロ磐田の監督を務めた長澤和明氏(58)であることから、「父親もスポーツ選手をやっているところもあって、両親をみているような錯覚もあった」と親と重なる部分も感じていた。共演者との絆も深い作品となり、「運命だったんじゃないかと感じるくらい思い入れがあります。思いを込めることができたんじゃないかな」と語っていた。
(@デイリースポーツ)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カウコンうちわ | トップ | 大トリ!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

翔ゴト」カテゴリの最新記事