オオノノアラシ

大好きな智さんの事、
嵐さん達の事、
日々溢れる想いを感じている事を綴ってます。

99.9 SEASONSⅡ 来年1月からオンエア決定!

2017-06-09 20:30:56 | 潤ゴト
ヾ(o≧∀≦o)ノ゙

99.9、SEASONSⅡ決定!



嵐・松本潤主演「99.9」続編が決定 木村文乃が新ヒロインに

嵐の松本潤が主演を務め2016年4月期に放送されて大きな話題を呼んだTBSの日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-』のSEASONⅡが2018年1月期に放送されることが決定した。

『99.9-刑事専門弁護士-』とは

今作は個性的な刑事専門弁護士たちが、ぶつかり合いながらも逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンターテインメントドラマ。

タイトルの「99.9」は、日本の刑事事件における裁判有罪率(起訴された際に裁判で有罪になる確率)を示している。世界一の有罪率を誇っており、日本の司法制度の高い信頼性の証明ともいえるが、そこには大きな落とし穴が隠されている。一旦起訴されると検察の考えたストーリーが正しいと鵜呑みにされがちなのだ。さらに、刑事件を専門に扱う弁護士の数も極端に少ないため、丁寧に検証することは極めて困難となってしまう。しかし、たとえ99.9%有罪が確定している事件でも、残り0.1%が確定しない限り、それは本当の意味で“事実”に辿り着いたことにはならない。

ドラマでは、最後の0.1%まで諦めず事実を追い求めていく弁護士たちの姿を描いた物語である。

前作では高視聴率を記録

SEASONⅠでは“松本潤が日曜劇場初主演&弁護士役に初挑戦”“刑事専門弁護士に特化したドラマは連続ドラマ史上初”といったワードが注目を集め、“親父ギャグ”“プ女子(プロレス女子)”“小ネタ”の設定も話題を呼び、第2話と最終回で平均視聴率19.1%を獲得し、同クール放送のドラマの中で最高の数字を記録。さらに、全話平均視聴率でも17.2%と同クール内でトップとなった人気作品(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。

TBSの連続ドラマでシリーズ化されたのは、日曜劇場『JIN-仁-』(2009年10月期、2011年4月期放送)以来6年ぶりとなり、歴史ある日曜劇場の中で2作品目と異例なこと。超型破りな若手弁護士役を演じる松本が、現実でも型破りなことをやってのけた。

前作に続き松本潤&香川照之が出演

松本はSEASONⅠに引き続き、主人公の深山大翔を演じる。深山は99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する超型破りな斑目法律事務所の若手弁護士。

そして、深山とチームを組む敏腕弁護士・佐田篤弘役には香川照之。2人は前作同様、ぶつかり合いながらも依頼された事件に隠された事実を暴いていく。また、深山が刑事専門弁護士を志望するきっかけとなり、SEASONⅠで事実を明らかにすることが出来なかった26年前の事件の行方にも注目だ。

新ヒロインは木村文乃

さらに、新ヒロインとして女優・木村文乃の出演が決定。木村が演じるのは、元裁判官の弁護士・尾崎舞子。舞子は東京大学法学部在学中に司法試験に合格し、司法修習を経て裁判官に任官。刑事裁判の担当としてキャリアを重ねていったが、ある事件がきっかけで裁判官を退官することに。退官後は司法の世界から距離を置いていたが、ある日親友の弁護依頼の付き添いでやってきた斑目法律事務所で、状況証拠から有罪は免れない事件でも0.1%の事実を追求する深山と対立する。

一方、舞子の優秀な経歴を知った佐田は、新たな戦力として舞子を勧誘。最初は難色を示す舞子だが、深山とぶつかり合う中で、やがて弁護士として法の世界に戻ってくることを決意し、チーム斑目の一員となる。そんな彼女が、裁判官を退官するきっかけとなったある事件の裏には、元上司にあたるエリート裁判官の存在があった。その事件とは?そして、チーム斑目は、いずれこの男と対峙することになる。

松本潤コメント

またこのチームで作品を作れることに興奮しています。深山大翔という人は僕にとって思い入れのあるキャラクターです。全スタッフで細部にまで拘り、楽しんで撮影していた日々を思い出します。香川照之さん演じる佐田先生をはじめ、個性豊かなキャラクターたちとの再会が待ち遠しいです。また、木村文乃さんとは初めて共演させて頂きます。新たな共演者の皆様にも楽しんで頂ける現場を一緒に作れたらうれしいです。ドラマの内容同様に最後の最後まで妥協せず、皆様に楽しんで頂ける作品になるよう、頑張ります!!来年1月の放送を楽しみに待っていてください!!

香川照之コメント

熱かったあの撮影がもう帰ってくるのか、と喜びを禁じ得ません。キャラクターをつかんだ以降の我々俳優陣の、脚本を超越したセリフの早いパス回しと、木村監督の圧倒的に下らない至高のアイディアが絡み合い、それはまるで、身勝手なストライカーが集まる奇跡の南米のサッカーチームのようでした。今から腕が鳴ります。
(@モデルプレス)


いやっほー!

嬉しい!嬉しい!

また深山先生に会えるー♪


日曜劇場、記念すべき100作品目に「99.9」なんて、

本当に嬉しい!♪ヽ(*´∀`)ノ

1月からのドラマって事は、ツアー中(仮)にお話聞けるかな?

たーのーしーみー!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「忍びの国」初日舞台挨拶&全... | トップ | JAL「忍びの国」試写会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

潤ゴト」カテゴリの最新記事