散歩のついでに・・・

犬も歩けば棒にあたる。デジカメを常に持ち歩き、気ままに撮った写真を中心に思い思いに綴っています。

しなの

2018-02-23 11:09:07 | 昼飯
湯河原です。
前回、前々回と同じ店だったので今回は違う店を探してここ。
おばちゃんが一人で切り盛りしている地元の人のお店。
カウンター席で料理を待っている間に近所のおばあさんが入って来て、耳が遠いのか、大きな声でサバの味噌煮を注文。
夕方には餃子を自宅ヘ持ち帰る話をしています。

とんかつ定食800円。
衣が薄い(細かい)ので口の中を傷つける心配がなく、噛り付けますし、おいしい肉と衣。
付け合わせも多く、ホウレン草の胡麻和えに、セロリのおひたし、ダイコンと鶏肉のマヨネーズ和えにお新香。
おまけにセリの肉味噌。
ボリューム、味とも満足。コストパフォーマンス良し。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魚市場食堂

2018-02-22 11:26:49 | 昼飯
店内は空いているのに長い行列。
店内が混雑するため一組みづつお入り下さいと書かれており、品数が多い中、食券の購入が滞り店の外に行列が長く伸びています。

港の昼定食1,400円。
海老フライ、アジフライにブリと鮪。
衣で口の中を切る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川村屋

2018-02-21 11:30:46 | 昼飯
午後一にJR淵野辺待ち合せ。
午前中は事務所でぎりぎりまで仕事したので、昼食時間は大幅カット。

かき揚げ蕎麦といなりセットを飲み込むように食べ電車へ。
移動中は疲れますが、一服出来ない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九州とんこつ 武者がよか

2018-02-20 11:17:22 | 昼飯
味玉ラーメン。

あまり豚骨臭はしません。
関東進出するとマイルドになるのでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

味奈登庵 みなとみらい店

2018-02-19 12:54:51 | 昼飯

そば大盛りにイカ天、穴子天。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変化なし。

2018-02-18 19:20:45 | どうでもいい話

水槽の清掃ついでに底砂に埋めた根っこを取り出して見ましたが、全くの変化なし。

浮いていた根っこは何処かに行ってしまい発券できず。
もう一つはどこに埋め込んだのか忘れてどうなっているかも確認できずに終わりました。



2013年1月23日 スジシマドジョウ購入
2013年10月27日 シマドジョウ購入
でっぷりとしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

衣張山からの眺望を楽しみ、鎌倉時代に思いを馳せる。

2018-02-17 19:55:48 | 散歩

JR鎌倉駅からバスに乗って、杉本観音バス停下車。


滑川に架かる犬懸橋を渡って本日は衣張山ハイキング。


上杉朝宗・氏憲邸趾碑を越えると左手は山で右手が民家。
家が途切れたところで、登山道。


日頃の喫煙習慣でかなり息が切れてしまいましたが、7分ほどで夫婦双体道祖神?
ここから3分ほどで頂上ですので10分ほどの登山体験。
ただ、繰り返し言いますが、日頃の不摂生でひたすらの階段状の登りはキツかったです。


衣張山の頂上からの眺望。
映画、海街diaryで使われた場所。
写真の範囲には写っていませんが、右手奥の大船方面に目を向けると大船観音が見えました。


頂上の広場には石像と五輪塔。


眺望を楽しみながら、息を整え短めの休息を取った後は次を目指して左右を草に覆われた小道へ。


緩やかに下るすれ違いに注意しなければならないほどの尾根道を通りしばらくすると視界が開けて再び、広場。
ここにもお地蔵様と五輪塔。


反対側から登って来た女性が私より先にこの場所に来て休憩してしていたおじいさんに衣張山の頂上はここですかと尋ねてましたが、おじいさんの返事はここら辺が衣張山。
私の後から来た家族連れも加わり、どこが頂上かといいう話になっていたので、私の後から来た家族連れに先ほどの場所が頂上と伝え、私は次へ。


迷いようがないほどの尾根の一本道を降り、ハイランド(住宅街)脇の公園へ到着。
巡礼街道だけあっていたるところにお地蔵さんなどの石仏。


住宅街側には出ないで柵に沿って進むと関東の富士見百景に選ばれた場所に溶着。


残念ながら、薄曇りで富士山は見えず。


林の小径を進んでいくと左には舗装された水道山展望台へ続く道と右に曲がれば未舗装の名越方面へ続く尾根道に別れる丁字路。
ちょっと疲れを感じて来たので寄り道せずに私は右へ。


パノラマ台への案内看板でメインルートから外れて再度登ってパノラマ台へ。
パノラマ台に行くとおば様2名がベンチに腰掛けて昼食中。
私が撮影している間にトンビがおかずを盗んで行くアクシデントあり。


先ほどの案内看板のところまで戻って再び尾根道を進んで「お猿畠の大切岸」。
以前は鎌倉時代に三浦一族が鎌倉へ攻め込んで来たときのための防御施設と言われていましたが、発掘調査の結果、石切場と判明。
これから行く名越切通しから考察されていたんだと思います。


石廟 (鎌倉市指定文化財)です。


道なりに途中広場に出て、そのまま下って行き付き合ったった道が名越切通し。
細い道の真ん中に大きな石が置かれてすんなりとは馬に乗って進めないようにした仕掛けの一つだそうです。
ここから左へ進んで鎌倉とは反対の逗子方面へ。


途中、まんだら堂やぐら群の案内がありましたが、現在は閉鎖中。
見学希望の方は公開日時を確認してから訪問して下さい。


このポイントこそが防御施設としての切り通しを代表する場所。
大人数で攻め込んでも両側のせり出した岩のため、1列にならなければ通れず、両端の岩の上から弓矢で狙えるような平場があります。

切り通しを抜けて住宅街に出て、逗子駅を目指して歩いて行きましたが、左手の民家の先からは対岸が山で眼下には道路。
私としては名越切通しを抜けると低地に出ると思っていたんですが、まだまだ高台。
朝比奈切り通しは抜けた先はすぐに平地だったことからすればちょっと驚き。
山道を登って、切り通しを抜けてなんて大群で移動することは無理がありますね。


逗子駅へ向かう途中、坂東三十三観音第2番札の岩殿寺への道標発見。
残り13箇所はどうしようか頭の隅をかすめる。
遅めの昼食を摂り役3時間の散策は終了。
電車ではゆっくりと座って帰路へ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仙満亭

2018-02-17 13:47:06 | 昼飯
衣張山から尾根道沿いに名越切通しを抜けて逗子。
駅近く過去食事をとったお店の中から近場で仙満亭。

スーラータンメン。
疲れた体には酸味!
レジ横の初代iMacが気になる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

味奈登庵 みなとみらい店

2018-02-16 12:43:20 | 昼飯
いつもはカツ丼そばセットですが、前回親子丼セットが妙に気に入り、本日も親子丼セット。

そば大盛りはかなり満腹になる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川村屋

2018-02-15 14:30:12 | 昼飯
食事のタイミングを逸して外出のタイミングで遅めの昼食。

天ぷらそば370円。
初代横浜駅の時代から続く、立ち食いそばの老舗。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加