散歩のついでに・・・

犬も歩けば棒にあたる。デジカメを常に持ち歩き、気ままに撮った写真を中心に思い思いに綴っています。

スミレ丸

2011-04-30 11:11:58 | サボテン・多肉植物
一週間の間に一気に花芽が成長して開花
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9時半に集合。

2011-04-29 22:17:33 | 日記
始まりは飲み屋でのたわいのない会話でした。
「連休中、何している?」「適当に・・・。」
「上野動物園はパンダを見に行く人出ですごいだろうね?」「東京の観光といったら、はとバスだよね。」
「はとバスに乗った事ない。」「行く?」

この会話が月曜日で今日、はとバスツアーに行って来ました。
コース名は「まるごとTOKYO」で東京駅丸の内南口はとバス乗り場から出発して、国会議事堂見学-皇居前広場-昼食(バイキング)-隅田公園(スカイツリー撮影)-浅草(浅草寺・仲見世)-東京タワーとまわるコース。
自分たちでは一日でまわろうとは思わないし、計画しないコースです。

9時半に集合の約束だったので、東京駅丸の内南口はとバス乗り場に行くと色々なコースがあり、かなりの人出!
事前にWebや電話で予約して来ている人が大半だとは思いますが、バスの予約状況によっては当日にバス乗り場でコースを選択して観光することもできるようです。
また、東京都内だけでなく、ここから横浜や鎌倉などへのコースもあります。

国会議事堂見学は衆議院議場がメイン。
入る前に見学における諸注意を聞き、パンフレットが配布されますが、このパンフレットが入場許可書?
入る時には一人づつパンフレットを衛視さんに見せて入ります。
建物内に入り、議事堂内に入る前に手荷物検査と金属属探知機による検査があり、時計や携帯電話など金属類は鞄の中に入れてチェックを受けます。
前回の北海道旅行の際にも金属探知機のゲートで捕まりましたが、今回も何故かチェックされてしましました。
他の人もベルトのバックルが反応したんですが、反応が大きいと言う事でハンディータイプの探知機で検査。
ズボンの左ポケットで反応あり。
今回は歩数計が反応したようです。ほとんどプラスティック製なので問題ないだろうとポケットに入れっ放しにしていたんですが、問題ありなようです。
議事堂内で最初の見学は中央広間。
この広間には議会政治確立に功労のあった伊藤博文や板垣退助、大隈重信の像像が三方に立っており、四隅の一角は台座のみで像が立っていないのは、「政治が完成していないから」や「皇居にお尻を向けた位置に立つ事になるから」等の都市伝説ではないですが、こんな理由ではないかと伝えられているそうです。
議事堂内の階段を上って行き各委員会の部屋の前、石で出来た廊下の壁の腰の位置に擦れて白くなった部分がスジ状にありましたが、案内人の解説によると取材中の記者のお尻があたり、擦れて白くなっているとの事。一同感心のホゥ~。
大理石の壁の化石の紹介(エビや魚の尻尾)には見えるような見えないような、そう言われれば・・・。
天皇陛下の御休所はガラス越しに覗いて議場内へ。
議場内は古い木の香り。ちょっと伝えにくいのですが、木造校舎が嗅いだ匂いと言った方が私の中ではぴったりと来るんですが、年代や地域によって木造校舎を経験されていないでしょうから伝わらないかな?体育館の匂いが微妙に近いかもしれません。
ここでは見学者席に座り、国会議事堂の解説テープを聞きながら、入る前に貰ったパンフレットを見て勉強です。
議場を見学した後は、外に出て各都道府県から贈られた県木の道を歩いて国会議事堂正面へ周り撮影タイム。

一旦バスに乗り皇居前広場へ。
バスガイドさんに先導されて皇居二重橋前へ。
昔は奥の橋を二重橋と呼んでいたのが、いつしか奥と手前の橋を二つ合わせて二重橋と呼ぶようになったそうです。
手前の橋は晴れた日にお堀の水面に映る橋と合わせてメガネのように見えるので眼鏡橋とも呼ばれているそうです。ここで暫し、記念撮影タイム。
次は楠木正成像です。
この楠木正成の銅像は東京三大銅像のひとつ。(他には靖国神社の大村益次郎像と上野恩賜公園の西郷隆盛像)
この楠木正成像の正面はどちらかというと右の画像が正面だそうです。
この後はバスで錦糸町まで移動してホテルでバイキング形式の昼食。
バイキングの場合、お皿に色々なものを盛って絵的にはあまりきれいではないので画像はなし。
浅草へ移動して墨田公園からスカイツリーの撮影タイム。外から見た感じではほとんど完成のような気がしますが、2012年春開業予定ですので展望台からの見学は来年以降なんでしょうね。
この後はバスガイドさんに再び先導されて雷門へ。ここからは自由散策。

凄い人出です。
雷おこし、人形焼き、揚げ饅頭、扇子、浴衣、手拭い等々お店が色々あり、所々に人だかりも出来ていて中々前に進むのが大変。
特に買いたいものもなく人の波をスイスイと掻き分けて浅草寺へたどり着きお参りをして、散策は終了。
喫茶店に入り、時間調整。
バスの出発時間が近づいて来たので店を出ると通り雨。しかもかなりの雨足。
山門で雨宿りをしつつ参道は先程の人の波はなくなり、閑散とした状態。天気予報では雨が降るとは言っていなかったのに・・・。
暫くして雨が上がり、出発の頃には日差しも復活。
最終目的地の東京タワーへ向かう途中の新橋辺りでは、雨が降った気配なし?
局地的な雨なんでしょうかね?
こうやって見上げてみると迫力の東京タワーです。
このタワーの色はインターナショナルオレンジと呼ばれる航空法で定められた安全のための色だそうです。
赤ではないのだそうです。

展望台からは横浜みなとみらい地区のランドマークタワーも見えました。
また、大展望1階にはルックダウンウインドウという床から真下を覗ける窓があります。
私は高所恐怖症なので少し離れた場所から撮影。
今回のお土産は「はとバスオリジナルグッズ」
しかも社内限定品(2種類)。はとバスキューピーBUSストラップとはとバスキューピーガイドストラップ。共に500円。
バスガイドさんの話によると血液型別のお土産の買い方の特徴としてA型は友人・知人に買って、B型は自分のために買って、AB型はサイフの紐が固く買わずに、O型はあれこれ悩んで買えないとの事。
当たってますかね?
こういった休日の過ごし方もありですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孵化し始め?

2011-04-28 19:00:32 | 水槽の生き物
会社から帰り、水槽の中を眺めていると何かが動いたような・・・・・。

よ~く見ると稚魚!


孵化したようです。今年初の稚魚です。

早速、撮影をと思いカメラを構えますが、ピント合せが大変!
多少のピンぼけには目をつむり撮影。

うっすらとゴミのようにも見えますが、目玉が確認できます。
いま、水槽の中にある卵は先週の月曜日から採取し始めたものですから、産卵から10日は経ってますので連休中は孵化が続くと期待しています。




写真をクリックすると稚魚部分の拡大画像が表示されます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガキ大将

2011-04-28 14:01:26 | 昼飯
藤沢です。
のり玉ラーメン850円。中盛100円増し。半ライスサービス。
とんこつ正油。
ほどよくコッテリ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陳麻婆豆腐

2011-04-27 12:45:00 | 昼飯
四人で食べに行ったので、テーブルの上は賑やか。
気分は豪華昼食会!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日の出らーめん。

2011-04-26 12:12:29 | 昼飯
大船です。
剛つけ麺大盛750円。
横浜一、太い麺だそうでゆで時間の目安は約10分!
うどんのような太さに強いコシの麺!
箸を持つ手が疲れます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つけめんTETSU

2011-04-25 12:25:41 | 昼飯
あつもり特盛800円。
玉子はアンケートでサービス。
腹いっぱいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泉区散策 ほしのや道コース

2011-04-24 20:36:55 | 散歩
和泉区役所のサイトで紹介されている散策コースの中から「和泉川北部 静かな巡礼の道を歩く」を散策して来ました。
スタートは相鉄いずみ中央駅。
改札を抜けて右に行き、ロータリーに突き当たったら右に曲がり通りへ。
和泉川の護岸を公園として利用しており、水辺で遊ぶ子供達がちらほら。
川の上流に向かって進み、長後街道に突き当たった所で右折。
本来のコースですとそのまま長後街道を渡って和泉区役所の脇の道を進んで行くんですが、ちょっと寄り道。
病院、JA横浜の先に右手に入る脇道があるので、入ってすぐの左手に横浜市地域有形民俗文化財「蚕御霊神塔」と裏手の神明社へ寄り道です。
神明社の鳥居の脇に横浜市地域史跡「泉小次郎伝承地」の標柱。
泉小次郎親衡 が城(和泉川東側の台地の端を利用した中世の城郭で現在の泉中央公園)を築いたとき,その鬼門除として勧請したと伝えられているそうです。
いずみ中央付近には他にも泉小次郎 馬洗いの池や創建道場の長福寺、鎮守神を祀ったされる須賀神社、戦で流した血を洗ったと言われる不動滝(滝前不動)、菩提寺の泉龍寺(現 宝心寺)などがあります。
本来のコースに戻って和泉川沿いの道を散策。
のどかな春の日差しの下、気持ち良い散策です。
景色ものどかで橋からの眺めも良いです。
こういった未舗装の歩道を歩くのは気持ちがよいですね。
藤棚の母屋で一服しつつ早くも休憩をとりました。
通りから内側に入った先に藤沢や泉区の間を流れる引地川流域に多く見られる「サバ神社」があるので再び、寄り道。
こちらの神社は佐婆神社と書きます。
御祭神は左馬頭源満仲。境内のたぶのきは横浜市名木古木に指定されています。
社殿の裏手には相鉄いずみ野線が通っているせいか、古くからある神社の割に歴史的な重みというか厳かな感じがしない神社です。
川に沿って右へ左へと橋を渡り歩いて「正法寺」。浄土宗のお寺です。
本堂というかお寺の正面は良く判らなかったのですが、参道を登って行くとお寺の境内の左脇に出羽三山(月山、湯殿山、羽黒山)の三社権現、念仏講、堅牢地神の石塔があります。
念仏講には上泉村と彫られているのを確認。三社権現の石塔には奉納者の名前が彫られており、この地域は安西一族なのでしょうか安西さんが7名、石井さんが1名。
再び、橋を渡って和泉川の左側へ。
今回のルートの正式なコース名は「瞼の母・ほしのや道コース」。
瞼の母を書いた長谷川伸の生母の生家、横山家です。
ただ、観光ルートではなく一般公開されていないようなので、通りから撮影。
相鉄いずみ野線の高架橋手前を右へ曲がり、畑と小川の間の未舗装の小道を歩いて行き、鉄板の人一人が渡れる位の小川を渡る橋を過ぎ、通りへ。
左に曲がって相鉄いずみ野線の高架下をくぐってゆるやかな爪先上がりの道を歩いた先に八幡神社。御祭神は応神天皇。
境内脇にお地蔵さん(2体)と庚申塔(3)があります。
住宅街でもなく右手に畑、左手には林、たまに民家が見える小道を歩いている途中で見掛けた馬頭観音。
小さな社に鎮座していますが、石の風化具合からそんなに古い石柱ではないと思います。
ぶらぶらと歩いていたから気付きましたが、地元の人しか気付かないでしょうね。
小道を歩き進み、片側1車線の車道に突き当たり左に曲がれば日枝神社ですが、右に曲がって石柱・石塔へ寄り道。
以前、車で通りかかった時に気付いてその内にと思っていたんですが、近くまで歩いて来たので確認して来ました。
右端の庚申塔は正徳4年(1714年)建立。
コースに戻って日枝神社。
和泉町の三家にあり御祭神は大山咋命と伊弉諾尊、伊弉冉尊。
町名では三家というのはないのですが、自治会として三家があり、歩いている途中の大きなお宅が横山さんや石川さん、石井さんでしたので昔にこの三つの一族が住んでいたんで三家なんでしょうか?
境内の石柱は読みにくいのですが、堅牢地神?
神社からすぐの所に樹齢100年、横浜市名木古木に指定されたケヤキがあります。(横山家!)
ひたすら歩いて今度は新幹線の高架下をくぐってしばらく歩くとお地蔵さん。
顔は長い年月の風雨のため崩れて判別不能です。
車通りに出たところで、和泉川宮沢遊水池。池の手前では釣りをしている人達がいます。
今度、ゆっくり散策してみたいと思いましたねぇ~。
道路を挟んで反対側の中古屋さんの駐車場(展示場?)の脇にあるのが、庚申塔。
ただし、レプリカというか新しく作り直した庚申塔。
側面に刻まれた文字を再現していますが、本物(オリジナル)はどこにあるんでしょうかね?
刻まれた文字を復元していると言う事は現物はあると思うんですが・・・。
散策コースもここを折り返してゴールのいずみ野駅を目指します。
そしてタイトルにもある「ほしのや道」
県立松陽高校正門近くにある庚申塔と馬頭観音。
庚申塔はほしのや道・大石堂道の道標になっているそうで、ほしのや道は新橋小学校、松陽高校前、宮沢六道の辻から座間の坂東観音8番札所、星谷寺へ通じる道。大石堂道は旧鎌倉観音24番札所の上飯飯田柳明にあった大石寺に通じる道。
ゴールは相鉄いずみ野駅。
気候は良く、汗ばんだところに爽やかな風!
そして散策コースは割と車の通りが少ないコースでのんびりと散策する事ができました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薄日さす、春の嵐?

2011-04-23 16:56:17 | 水槽の生き物
本日は通院日なんですが、朝から雨。しかも強風に煽られての雨。
しかも、たまに雨があがり薄日がさす外出には油断のならない天候。
病院に行くとこんな天気ですから余程の事がないと来ない?ようで私の前の患者は一人!?
すぐに私の番が来て、すぐに診察終了。
自宅に戻りましたが、こんな日は自宅でじっとしているのが得策。

やることはメダカの卵採取!
月曜日からちょこちょこと卵を採取していますが、ベランダの水槽にただ投入しているだけで、じっくりと見る事はなかったんですが、デジカメで撮影して大きくしてみると卵の中に目玉らしきものが見えています。
すべての卵が順調に育っている訳ではないのですが、今年もかなりの数の稚魚が孵化してくれそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つけめんTETSU

2011-04-22 13:26:04 | 昼飯
横浜ランドマークプラザ店限定と書かれて気になっていた中華そば700円。
麺大盛のサービス券があったので大盛。
ほとんどの女性は中華そばを注文しています。
魚介プラストンコツのスープ。顔を近づけると獣臭が…。
麺のゆで加減がイマイチで噛んだ食感と味が生茹で!
次回は普通につけ麺!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加