TICOブログ

TICO最新情報をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ザンビア事業 総仕上げ

2017年04月04日 | TICO ザンビア
ザンビア事務所 瀬戸口です。
ザンビア事務所の閉鎖に伴い先月半ばに日本に帰国しています。

HPでのお知らせ:TICOザンビア支援にご協力くださっている皆様



ザンビアで実施してきた事業は次の3つ:
1) TICO奨学金支援(モンボシ地区)
2) 住民主導村落開発小規模支援事業(モンボシ地区)
3) 農村部保健医療改善事業(モンボシ地区)

2)3)は、私たちがザンビアにいなくても問題ないように事業設計・実施してきましたが、
奨学金はそういうわけにもいきませんね。残念ながら。
来年の対象者を学校側の担当者と協議の上決定し、来年1年分の学費を納めて事業終了。
精一杯、勉学に励んでくれることと思います

2)については、学校に付属して教員住宅を建てる事業をコミュニティとともに
2つ実施していましたが、1つは無事に完成、もう1つは完成間近。
安心して帰ってきました

そして3)の保健医療事業。
2007年から始まった農村のお母さんと子どもの健康を守るプロジェクト。
今年は10年目の総仕上げの年となりました

特に10年間、ヘルスポスト(簡易診療所)の建設から
村の人たちと共に活動を続けて来たモンボシ地区を離れるという大きな区切りがありました。

TICOがこの地域から離れるにあたり、何を誰がどのように実施していくのか、
関係者と度重なる話し合いを持ちました。10年分の重みを良くも悪くも実感させられて、個人的にも大きな学びとなりました。

また2月には2014年からの事業「ザンビア共和国チサンバ郡総合的な農村母子保健を支える"地域力"強化事業」
の成果を報告する会をザンビア首都のルサカで開催しました。

   

政府関係者と国内外の援助団体・報道機関を招待し、およそ50名が参加する盛大な会となりました。
大きな反響もいただき、2017-2021年対象のザンビア国家保健戦略文書にベストプラクティス(成功事例)として本事業が引用される予定です

この母子保健事業については、今週末に徳島で報告会を予定しているのでご都合つく方はぜひご参加ください。
日時:4月8日(土)19:00-21:00
会場:さくら診療所デイケア室(吉野川市山川町前川212-6)
予約:不要
参加費:無料

ご案内はこちら:ザンビア事業完了報告会「ご近所の力」を活用してザンビアの農村で母と子の健康を守る


個人的な感慨としては、
2012年1月からザンビアに駐在して丸5年と2か月弱をザンビアで過ごしましたが
国籍、年齢問わず、多くの人に支えられた充実した日々でした。

特にモンボシの村人たちからは、仕事を進めていく上でいつも多くの示唆をもらい、本当に感謝しています。
彼らのおかげで人間というのは、年齢も環境も乗り越えた大きな可能性があるのだと、
いつも前向きに信じて仕事をしてこられたのは幸せなことでした。

彼らが自分たちの地域を考えて、当事者として行動をし続けてきたように、
私もこの世界のことを考えて、当事者として行動を続けていきたいと思います。

文責:瀬戸口(ザンビア事務所)
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月地球人カレッジ♪ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む