タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

≪オンコ③(旧⑦)剪定整枝完了(12年9月20日)≫

2012年09月21日 19時49分17秒 | 園  芸

P1230879


この記事をはてなブックマークに追加

≪鉢植えのナナカマドが早くも紅葉≫(12年9月)

2012年09月16日 05時51分06秒 | 園  芸

P1230848 まだ九月初旬だというのに、鉢植えのナナカマドが紅葉を始めたので、猛烈な残暑で葉が傷まないうちに、九月十一日に急いで写真を撮った。


この記事をはてなブックマークに追加

≪オンコ②(旧④)剪定整枝完了(12年9月14日)≫

2012年09月14日 20時17分25秒 | 園  芸

P1230867 オンコ①を終えた翌日、九月八日に鋏を入れ、九月十四日作業完了。日数だけ見ると一週間を要したことになるが、オンコ①と同様に、インターロックブロッキング改修作業と同時進行のため、実働日数は3.5人工(にんく)である。
 スリムで形の整ったイケメン雄木だが、段数が多すぎるのが欠点。毎年、剪定整枝の時季になると、段数をどうするか悩むが、結局は、母の遺した形を崩さないできた。


この記事をはてなブックマークに追加

≪オンコ①(旧②)剪定整枝完了(12年9月7日)≫

2012年09月08日 19時56分19秒 | 園  芸

P1230844 このオンコに鋏を入れたのは八月十九日。完了までに二十日間という異例な日数を要したのは、もちろん実働ではない。七月二十日に、門扉から玄関までのアプローチに用いたインターロックブロッキングの凹凸改修工事を始めていて、オーバーワークが原因で左股関節を痛め、かなり厳しい五人工(にんく)の実働作業だった。
 十年前に高齢(85歳)の母から剪定整枝の作業を引き継いだ頃は、私はまだ元気で、形を整えるために細部に大いにこだわった。ちょっとした凹凸でも、脚立の上り下りを厭わず剪定鋏で修正し、小枝に麻紐をかけた。枝を下げるために、地面に鉄杭を打ち込み紐で引いたものだが、昨年から体調が思わしくなく、作業はずいぶんと雑になった。
 私の実働年数はあと十年だろう。剪定整枝の技術を継ぐ者がいないので、老前整理で昨年秋に六本、この春に一本、オンコを伐採した。この秋には二本を伐採する予定である。これで、樹高の高いものが三本、傘形が一本、小ものが二本、サラサドウダンの大ものが残る。
 十年間で残りのオンコすべてとサラサドウダンを伐採する。私には、この他に、田舎家三百九十坪を囲う塀の大改修と木造納屋の解体という大仕事が待ち受けている。私の死後、遺産相続したものに困難を残さないように身の回りを整理するには、十年という年月はあまりに短い。一日たりとも安閑としてはいられない。


この記事をはてなブックマークに追加