タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

≪ 写真取材ドライブ余録(ムクドリ)≫

2009年02月27日 | 自  然

P1010424P1010425
P1010426P1010427
 二月七日の写真取材ドライブの主目的は、釧路開発建設部と本田組社屋だったが、思わぬ余録が付き、新釧路川河口でマガモを撮影。帰宅途中、市道旭橋通を東に走行していて、北海道釧路湖陵高等学校の駐車場の縁でツグミの姿を目視した。女房に先の交差点で左折してもらい、方向転換して二百㍍ほど戻り正門から駐車場にジムニーを入れると、ツグミ(写真上段<左>)のほかにムクドリが数羽で芝生をつついていた。芝生の中の虫を探しているのである。
 ムクドリは警戒心が強い上に、動きが速く、一か所にじっとしていないので、遠くから光学十倍ズームのデジカメで撮影するのに難儀した
 ツグミは、背と尾が褐色で翼が茶色、眉斑と腮(あご)から上胸がクリーム黄色、黒褐色の胸・腹・脇に白い線があり鱗模様に見える。ムクドリは、眼先・額・耳羽に白斑があり頭が黒い。背と胸から下腹は灰褐色で腰は白、嘴が黄橙なので、ツグミとは容易に区別できる。ツグミは、冬期間、給餌台に入ることもある。


この記事をはてなブックマークに追加

≪ 写真取材ドライブ余録(マガモ)≫

2009年02月27日 | 自  然

P1010416P1010417
P1010418P1010419
P1010420P1010423
 二月七日、北海道開発局網走開発建設部職員ら三人が逮捕された競売入札妨害事件をブログに投稿するため、釧路市鳥取大通5丁目の建設会社「本田組」社屋の写真を撮りに出かけた帰り、新釧路川河口近くでマガモの雌雄二匹を見かけたので、女房にジムニーを止めてもらって、岸辺から橋桁まで泳いで遠ざかるのを撮影した。
 順に、釧路開発建設部・本田組社屋・王子製紙工場・日本製紙工場、新釧路川のマガモと撮影し、最後におまけとしてムクドリまで加えて帰宅した。最近は書斎に籠もりがちだったので、女房の提案がよい気分転換になった。


この記事をはてなブックマークに追加

≪ 根室市職員の職務怠慢 ≫

2009年02月26日 | 社  会

Photo
 根室市は、二十五日、職務怠慢により市に損害(2月26日付『北海道新聞』第28面〈第4社会〉参照)を与え、かつ福祉サービスを受けるべき市民の混乱を招いたとして、市民福祉部介護福祉課主任の男性職員に<減給10%6か月>の懲戒処分を発表した。
 ハナ肇(コミックバンド< ハナ肇とクレージーキャッツ>のリーダー)の「アッと驚く為五郎」ではないが、平成十四年から二十年度にかけて、<児童扶養手当不正受給>不適切処理四件、<特別児童扶養手当支給>事務処理放置六十件、<各障害者福祉サービス>事務処理放置・独自処理四百六件(2月26日付『釧路新聞』第17面参照)には、為五郎でなくてもアッと驚かざるを得ない。
Photo_2Photo_3 根室市の人口は30,470人、職員数は576人で、人口壱千人に対する指数18.90が、全道市町村の平均8.70を大幅に上回っているのは一目瞭然。網走市の人口39,846人に職員数363人と比較すると、いかに根室市が職員過剰であるかが分かるだろう。
 市役所(写真は三枚とも、HP<根室での返還運動>から転載)でどのような職員採用と研修を行ってきたか知らないが、このような職務怠慢は聞いたことがない。当該主任だけでなく、直属の上司も懲戒処分の対象になってしかるべきではないのか。


この記事をはてなブックマークに追加

≪ ローマで開催されたG7の成果 ≫

2009年02月26日 | 政治経済

P1010645 二月十三日からローマで開催された先進七か国財務相・中央銀行総裁会議(G7)は、「各国が保護主義の台頭や、金融市場や金融機関の監視体制の強化に向けて、どこまで実効性のある協調体制を作ることができるか」(2月11日付『讀賣新聞』第11面〈解説〉)が焦点だったが、結局、金融安定化に必要な不良資産処理に伴う巨額の財政負担に関する具体策は打ち出されなかった。
 各国政府が既に巨額の景気対策を発表した後だ。追加対策の余地が狭まっていることは周知の事実である。ガイトナー米財務長官の顔見せ会議に期待するものはない。
P1010646 そもそも、金融施策や財政施策を議論する場であるはずのG7が保護貿易を取り上げるのは異例であり、「メンバーではないWTOのラミー事務局長がG7に乗り込んできたのも、先進各国に広がってきた保護主義的な動きを警戒」(2月15日付『讀賣新聞』第3面〈総合〉)してのことだが、G7の反保護主義強調アピールは、総論賛成各論反対に過ぎない。各国が今後、G7の合意を無視して、国際協調より自国産業保護を優先させることは明白である。
 肝心の金融安定化の具体策に関しては何の合意も得られなかった。日本の中川財務・金融相は、十三日のガイトナー米財務長官との会談で、米政府が十日に発表した包括的新金融安定化策を高く評価したが、その柱である「バッドバンク」制度は、海のものとも山のものとも知れない単なる構想であり、巨額の財政負担の発生を懸念して、ドイツは消極的姿勢を示した。中川大臣は、パンドラの箱を開けて、四兆ドルにも及ぶといわれる米国の財政負担の底なし沼に日本を誘い込むつもりか。


この記事をはてなブックマークに追加

≪ この冬、我が家の庭を訪れた小鳥たち ≫

2009年02月25日 | 自  然

P1010690 我が家の庭の一隅には、主にスズメに給餌するために、30㌢×25㌢×3㌢の餌箱が収まる屋根付き給餌台が設置してあるが、降雪があった翌朝は、スズメの数も増え雪上に群がる。
 スズメとヒヨドリはアワ・ヒエ・キビ、ゴジュウカラは樹皮の隙間の虫、他の小鳥たちはヒマワリの種を好んで食べる。写真上段左からスズメ・ヒヨドリ・ツグミ、中段左からゴジュウカラ・シメ・アトリ、下段左からシジュウカラ・ウソ・カワラヒワ。
P1010400PhotoP1010708
P1010500_2P1010756P1010811
P1010806Photo_2P1010883


この記事をはてなブックマークに追加

≪ 最終学歴・学位等、今と昔 ≫

2009年02月24日 | 社  会

Jpg
 東京大学の本郷キャンパスのいわゆる≪赤門(旧加賀藩上屋敷御守殿門)≫)は、東京出張時に訪れたことがあるが、古い写真を探すのが面倒で、HP<「ドラゴン桜」詳細ロケ地情報>から転載した。以下に挙げた 最終学歴・学位等は、自前で研究者を養成する東京大学の教員のものではない。ま、分かる人には分かるだろう。
● 英米文学/○○○大学大学院文学研究科修士課程修了/文学修士/□□□□□を中心とした20世紀の英文学〈昔風〉
● 英語学・言語学/○○○大学大学院文学研究科博士後期課程修了/文学博士/意味と機能に基づく言語研究/『アイヌ語学と現代の言語理論』〈今〉
● 英語教育・言語政策・理論言語学/米国□□□□□□州立大学/TESOL修士/認知言語学、言語習得理論を基盤とした教材開発研究および実践的応用/「アイヌ語旭川方言資料集成3」〈今〉
● 英米文学/○○○大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学/文学修士/□□□□□と□□□□□を中心とした比較文学的考察〈今〉
● 言語学・英語学/筑波大学大学院博士課程文芸・言語研究科単位取得退学/言語学修士/接頭辞over-についての意味論的分析/「アイヌ語の方言:地域的差異を中心に」〈今〉
● 英語学/□□□大学文学部文学科/文学士/英語語法研究〈昔〉
● 英米文学/□□□大学文学部文学科/文学士/□□□文学研究〈昔〉
● 英語教育/□□□教育大学/教育学士/効果的な英語科教育教材開発〈昔〉


この記事をはてなブックマークに追加

≪ 除雪車の妨げとなる違法路上駐車 ≫

2009年02月23日 | 行住坐臥

P1010672 台風並みに発達した低気圧の通過により、北海道は暴風雪が吹き荒れ、釧路市内では二十一日未明までに十八㌢の積雪となったが、強い南東の風で所によって大きな吹きだまりができた。
 武佐地区の主要市道には夜中に一度除雪車が入り、生活道路の除雪は三時頃から始まった。上の写真は、永住町内会(右側)と第二若草町内会(左側)を分け、湖畔小学校に向かう狭い道路で、違法路上駐車が多い所だ。証拠を残すため、除雪車が通った直後の六時四十分に撮影した。
P1010810 釧路市では降雪期に入る前に、各戸に「くしろ雪ガイド」という印刷物を配布し、<除雪に関する5つのお願い>を呼びかけているが、狭い生活道路に平気で違法路上駐車をする不心得者が少なくない。
 中央で雪掻きをしている夫婦とおぼしき二人は質(たち)が悪く、夜間、常に二台の乗用車を路上駐車し、その上、自家の周りの雪をすべて第二若草町内会側の角に排雪する。
 亭主は定年退職後することがないようで、派手な色彩の腹巻きをした犬を散歩させているのを時々見かける。自分は犬が好きでも、他人もそうだとは限らない。犬自慢はよせ。
 この道路は、駐車禁止ではないが、「道路を自動車の保管場所として使用したり、長時間駐車(12時間以上、または夜間に8時間以上)をした場合は、駐車禁止等の規制とは別に、≪自動車の保管場所の確保に関する法律≫によって処罰される。歩道上に乗り上げたり、歩道上に駐車した場合も同様である。道路交通法を調べてみるがよい。
 亭主がどこに勤めてどんな役職に就いていたのか知らないが、へらへらと口先だけで綺麗事を並べる人間には碌な者がいない。


この記事をはてなブックマークに追加

≪ 釧路・根室地方全域の暴風雪とアトリ ≫

2009年02月22日 | 自  然

P1010673 二月二十日は、二つの低気圧が日本海と太平洋岸を北東に進み、釧路市では午前九時半頃から雪が降り始め、夜半から翌未明にかけて暴風雪となった。
 雪は朝方までにほぼ止んだが、二十一日午後三時までに、釧路市の中心部は積雪量28㌢、最大瞬間風速24.7㍍を記録した。内陸部の交通網はかなり大きなダメージを受けた。我が家の庭木も一面真っ白に雪を被っているが、軽い雪なので枝折れの心配はない。
 二十一日の朝の給餌台には小鳥たちが餌を求めて殺到したが、今日の投稿は、昨日、午前中に初めて飛来したアトリ(昨年は飛来なし)が主役である。
P1010655P1010675P1010658
P1010683P1010684P1010685
 風が強いため、すべて窓ガラス越しの撮影(午前六時半から約一時間)だが、ブログ用としてはOKとしよう。餌は、一昨年に大挙して飛来したときと同様に、スズメと同じアワ・ヒエ・キビを与えたところ、意外にも、シメに与えているヒマワリを啄んでいるのに驚いた。スズメより嘴がやや大きく頑丈なので、ヒマワリの外皮を割ることができるのだろう。


この記事をはてなブックマークに追加

≪ 野村HD、四期連続純損益赤字 ≫

2009年02月20日 | 政治経済

Photo_4
 証券最大手の野村ホールディングス(日本橋の本社の写真は、ブログ<フィナンシャル・プランナーの独り言>から転載)は、一月二十七日、〇八年四~十二月期決算で純損益が四千九百二十三億円の大幅な赤字になると発表した。四半期決算で四期連続赤字(純損益推移グラフは、1月28日付『北海道新聞』第1面から転写)となり、〇九年三月期決算は、上場以来初めて二年連続の通期赤字を免れない見通しである。
P1010651Jpg 渡部賢一・社長兼CEO(写真は、08年4月7日19時の<MSN産経>ネットニュースから転載)は、〇八年四月の段階で、世界のハウス・オブ・ノムラがこのような巨額の損失を被るとは思いもしなかっただろう。
 損失の主原因は、保有する金融商品の値下がり・アイスランドの銀行関連債権・米株式市場ナスダックのバーナード・マドフ元会長の巨額詐欺事件の被害(1月28日付『讀賣新聞』第2面〈総合〉参照)だが、リーマン・ブラザーズのアジア・欧州部門の増益効果が吉と出るか凶と出るかは不明である。野村の屋台骨が揺らぐ可能性はないとはいえない。


この記事をはてなブックマークに追加

旧常呂町(北海道オホーツク管内)職員の職務怠慢

2009年02月20日 | 社  会
    <北海道北見市常呂総合支所庁舎>

Photo

Photo_2

Photo_3


    ※ 常呂総合支所庁舎は、HP「北海道212市町村+α」から転載。
    ※ 地図は、HP「ネットワークコミュニティ都市きたみ」から転載。

 平成 18 年に留辺蘂町・端野町・常呂町と合併した北見市は、19 日、旧常呂町が、北見市と合併する前の平成7年から9年までの3年間、「 旧町の 109 帯から国 670 万円を過 収していた」( 2月 20 日付『北海道新聞』第 27 面参照 )と発表した。
 1月には、旧常呂町の固定資産税過剰徴収が明らかになっており、さらに、 昨年 12 月には、「北見市常呂町の住民の国 年金 1,680 冊が持ち主に返却されないまま、 同市常呂総合支所の書庫に約 50 年間、 放置されていた 」( 平成 20 12 月9日付、 前掲新聞・第 22 面参照 )という失態が明るみに出ている。

P1010649_2


    ※ 画像は、平成20年12月23日付『朝日新聞』第31面から転載。

 国民健康保険・国民年金・税務はいうに及ばず、 その他、 市町村役場の業務全般に関して、 担当者は行政のプロのはずである。 それにもかかわらず、ミスが続出するのは職務怠慢以外の何ものでもない。
 旧常呂町役場職員の不始末とはいえ、 今は合併して新しい北見市の一部となったのだから、 12 月の市 選で前 長を破って初 選した小谷毎彦・新市長は、市や市民が損害を被らないよう、職員の質を高める努力をするべきである。財政難の折だ、不始末に係わった能なしの無駄飯食い職員は整理したらどうか。


この記事をはてなブックマークに追加