タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

北朝鮮の「金三胖」によって顔に泥を塗られた習近平

2017年05月15日 | 国  際

※ 習近平の画像(出典不明)はウェブ上から転載。筆者が画像編集ソフ
トを使い枠組みなどの加工を施した。

北、習氏の顔に「泥」
「一帯一路」初日に発射
米報道官 包囲網強化へ露を名指し
(5月15 日付『讀賣新聞』第3面「スキャナー」の見出し)

 上掲新聞の報道によると、北朝鮮がミサイルを発射したのは、中国主導の巨大経済圏構想「一帯一路」をテーマとする国際協力フォーラム開幕の5時間前だったという。

 発射から2時間後に報告を受けた習近平(シーチンピラ)が、開会式の基調演説で「硬い表情で頻繁にまばたきし、約 10 か所にわたって言い間違いを繰り返した」(同新聞)のは、北朝鮮による挑発行為への苛立ち、あるいは面子丸つぶれから生じた精神的動揺の表れだろう。

 もはや「金三胖」の暴走は、当人を排除しない限り、誰にも止められないのではないか。国連安保障理の無力も顕わになっている。中国だけでなく、世界全体が、今後難しい対応を迫られることは避けられない。

※ 金三胖=金王朝三代目の「太っちょ」の意。三度の飯も碌に喰えない、痩せこけた北朝鮮の人民は、陰で金正恩のことをこう呼んでいるとか。ついでながら、「シーチンピラ」とは、私が勝手につけた「シージンピン」さんの渾名。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釧路市近郊にあるオオバナノ... | トップ | アカゲラさん、そこじゃ顔が... »

あわせて読む