タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

冬の使者オオハクチョウ、遙かシベリアより飛び来たる

2016年10月29日 | 自  然

<収穫が終わったデントコーン畑のオオハクチョウ>

 オオハクチョウは、繁殖地のユーラシア大陸高緯度地域・サハリン北部・カムチャツカ半島などから、越冬のために北海道の湖沼や河川に飛来する冬鳥。一部は、厳寒期に向けて本州の関東以北に南下する。

 水域で藻や水草を食べるが、陸上で牧草の茎や根、あるいは田畑で落ち穂拾いをすることもある。淡灰褐色の個体は幼鳥で、嘴の基部が黄色ではなく、ピンクを色を帯びた白色を呈する。

 上掲写真はいずれも、10 27 日、釧路市桜田の収穫を終えた畑で撮影。例年どおり、あちこちで数十羽が群れ、こぼれたデントコーンを採食していた。水辺と違い、作物の刈り跡が興趣を削がないでもないが、市内から遠くない畑地で見られる晩秋の風情を楽しみたい。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JR北海道・釧網本線の細岡駅... | トップ | ヤナギの祠に鎮座ましますエ... »

あわせて読む