タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

いくら採っても次々と出るエノキタケ

2016年10月18日 | 自  然
<エノキタケが大発生=形の良い幼菌と成菌>

 7日に今季初めて採取、9日にアップしたエノキタケ)はまだ量が少なかったが、いまは大発生でいくらでも採れる。

 今回は趣向を変え、幼菌(ズームで大きく見えるが実物は幼小)と成菌の比較を試みた。被写体は選り取り見取り、前回と違い柄の色が淡いものを選んだ。カサが褐色の晩生タイプにはまだ出会っていない。

 オシロイシメジをシロシメジと思い込むのと同様に、エノキタケをナメコと取り違える向きが結構いる。食味は似ているが、ナメコとは全く別もの。どちらも食茸だからよいものの、同定には慎重でありたい。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出番を終えたはずのナラタケ... | トップ | 思いがけない晩秋の陽気に誘... »

あわせて読む