タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

ベランダのガラス戸に衝突するも大事に至らなかったセンダイムシクイ

2017年08月11日 | 行住坐臥

 8月 10 日午前6時 43 分、朝食中に、ベランダのガラス戸にコツンという衝突音発生。家内が「小鳥が」と。

 食事を中断し、戸を開けて見ると、砂利の上に鶯色の小鳥が落下していた。すかさずカメラを引っ掴んで二人で屋外に出て、パシャパシャッ。

 両翼がだらりと垂れるも、どうやら軽傷のようで、両目をしっかりと見開き、脚を踏ん張って立っている。10 分後に近くのエゾシャクナゲの枝にひょいと移動、しばし葉陰で呼吸を整えて飛び去った。

 たまたま同日付『北海道新聞』第 15 面の「野鳥百鑑」に、外観がよく似たメボソムシクイが載っていて、それかと思ったが、家内が図鑑を調べセンダイムシクイと同定。頭上に縦長の白班があるのが決め手とか。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「立秋」とともに林道脇のア... | トップ | 北海道産スイートコーンより... »

行住坐臥」カテゴリの最新記事