タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

わが家の夏花壇で最も早咲きの百合(品種不明)

2017年07月17日 | 園  芸

 わが家の庭に植わっている何種類かの百合は、購入した当初は札が付いていたが、年月が経過するにつれて失われ、今はどれも品種不明になってしまった。

 この百合は、昭和 62 年に家を新築して以来の最古参で、夏花壇の先陣を切る早咲き品種である。やや厚めの花弁は、朝(あした)に開いて夕べを待たずして散る。未練たらしくないところが気に入っている。

 落ちた花弁を葉に付いたままにすると病害が発生するので、その日のうちに丁寧に取り除く必要がある。薬剤散布も欠かせない。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 習志野ナンバーのライダーさ... | トップ | 2017年北海道内30税務署管内... »

あわせて読む