タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

学童の通学路に2㍍も積み上げられた氷の山

2017年03月06日 | 社  会

 学童の通学路を、2㍍もの高さまで氷の塊を積み上げて塞ぐなんて、余りにも非道い。道路交通法違反だ、実行犯、出てこい

 自分の家の周りさえよければ、と道路の反対側に雪や氷を捨てるなんて、情けないじゃないか。学童の見本たるべき者が、体力を持て余してこの有様である。性根が腐っているとしか言いようがない。

 氷を寄せられた擁壁の主は高齢の寡婦で、気の毒なことに、不逞の輩に甘く見られている。隣家の老人が蛮行を諫めるべきだが、こいつも追従笑いを浮かべるだけで、始末が悪い。こんな手合いがのさばると、社会はやがて真っ当に機能しなくなる。蟻の一穴と言うではないか、日本沈没も無しとしない。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「破落戸(ならずもの)国家... | トップ | 釧路市生涯学習センターの正... »

社  会」カテゴリの最新記事