タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

川岸に群れるスジグロシロチョウとミヤマカラスアゲハ

2017年07月31日 | 自  然

 本日の記事は、7月 29 日に投稿した「ホザキナナカマドの円錐花序は蝶たちのレストラン」の続編。虫が蜜を吸いに花に集まるのは当然だが、私には、何故河川や湖沼の岸辺で石の上や水溜まりなのか、原因がわからない。

 この日は、駐車スペース近くの藪に咲くホザキナナカマドの花に群がる蝶を撮影した後、川岸に出ると、至る所スジグロシロチョウだらけで、その中にミヤマカラスアゲハが混在していた。

 子供の頃からの馴染みの光景で、特段珍しくはないが、余りの数の多さに、思わずカメラを取り出し何度もシャッターを押した。

 水溜まりでキアゲハを見ることはなく、カラスアゲハ ONLY である。「おーい、カラスくん、訳(わけ)教えてくれないか」

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京と北海道東部とでこんな... | トップ | 爺さん、釧路でもヒマワリ咲... »

自  然」カテゴリの最新記事