タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

北海道釧路市大楽毛(おたのしけ)海岸で撮った「ハマ」尽くしの花たち

2017年07月13日 | 自  然

 大楽毛は釧路市西部地区の名称。大学を卒業して5年間勤めた職を辞し、私が不安に包まれて赴任した二番目の職場の所在地がこの地で、転職の話が持ち込まれた当初は「おたのしけ」と読めなかった。

 驚いたことに、着任すると「大楽」という姓の同僚がいて、こちらは「たいらく」と読むという。極めつきは「恐神」で、上司から「おそがみ」さんと紹介された。恐れ多い人たちに圧倒されっぱなしの初勤務だった。

 閑話休題 ── 本日の主題は「浜辺の花たち」である。画像上段は、北海道のいわゆる「原生花園」の主役を務めるハマナス。同下段左は、春先に若芽が山菜として珍重されるが、今時分は見向きもされないハマボウフウ。同右は、似た仲間の多いハマフウロ。エゾフウロかチシマフウロでないかしらん、と思い悩みながら、取り敢えずハマフウロとする。以上「ハマ」尽くしの3種類を、懐かしい大楽毛海岸に出向いて撮影した。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ツツジ類の中で最も遅咲きの... | トップ | 負け試合の度にいちいち言わ... »

あわせて読む