タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

住民基本台帳に基づく1月1日時点の北海道内市町村の人口動態

2017年07月10日 | 社  会

※1 上掲地図はクリックで拡大できる。
※2 市町村の人口動態を色分けで示した地図は、総務省が7月6日に発表した
データを基に、筆者が作成した。
※3 緑色文字は前年比増ベスト10 、赤色文字は前年比減ワースト10 の市町村
を示す。

 総務省が6日に発表した住民基本台帳に基づく1月1日時点での北海道の人口は、前年比3万 3600 人減。3年連続で3万人を超える減少となった。

 人口が増えたのは僅かに 10 市町村のみ。しかも増えたと云っても、札幌市以外は微々たるもので、地方の拠点都市は軒並み憐れな惨状を呈している。

 私が居住する釧路市では、かつての 20 万都市の活況は失われて久しい。政府が推し進めるいわゆる「地方創生」も、かけ声だけが夢幻(ゆめまぼろし)のごとく空しく木霊する。死亡数が出生数を上回る「自然減」も、転出者数が転入者数を上回る「社会減」も、止める手立ては何もない。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陰暦閏5月17日、日の出直前... | トップ | ベランダに「立てば芍薬」の... »

社  会」カテゴリの最新記事