タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

これで秋の天然シイタケは終わりで、菌は冬眠に入る

2016年10月12日 | 自  然
<この秋最後に権兵衛さん林道で奇形シイタケ見っけ

 今季の天然秋シイタケは豊作で、通い慣れたいくつかのサイトで大変よい思いをした。家内はいみじくも、シイタケが呼んでいる、と言い、採取適期を逃さなかった。私は脚力が衰え、能なし熊除け役しか務まらない。

 締めは権兵衛さん林道。2本の柄が近接して立ち上がり、カサが一つに合着した奇形シイタケ見っけ なんとも奇妙な形状である。柄の下部に深い傷があるから、生長の過程で、初期に何らかの衝撃を受けたのだろう。

 お手々つないだ仲良しシイタケはそっと残し、「胞子をたくさん飛ばしてくださいな」と、来春の豊作を願ってサイトを後にした。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森の中にちりばめられた真珠... | トップ | イケマの袋果が割れ種髪が付... »

あわせて読む