タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

≪ベニシダレとアオシダレの季節による葉色の変化≫

2009年11月27日 16時53分00秒 | 園  芸

P1000758_2P1060782P1070001P1070198
P1000750P1060781P1060999P1070199
 写真上段はベニシダレ、下段はアオシダレ。いずれも左から右へ、平成十九年六月六日、平成二十一年十月二十一日、十月二十七日、十一月一日と同日に撮影。
 ベニシダレについて、佐藤孝夫『新版北海道樹木図鑑』(亜璃西社)は、「葉の色が春から秋まで紫紅色」と記述しているが、我が家のベニシダレは、春から夏は鮮赤色、その後、紫紅色に変わり、やや緑色を帯びる。九月下旬から鮮紅色に紅葉するので、イロハモミジ系ヤマモミジの遺伝子が多く残っていると思われる。
P1060523P1060522 左の写真は二枚とも八月二十五日撮影。アオシダレは、春の黄色から緑色に変わり、晩秋にベニシダレと同様に鮮紅色に紅葉する。
 前掲書には、「秋には黄葉する」と記されているが、我が家のアオシダレは紅葉。ヤマモミジの変種から作出された園芸品種だが、品種として確実に固定されていないのだろう。新葉はオウゴンイタヤカエデと同じ黄色だが、オウゴンイタヤカエデは落葉するまで色が変わらない。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ≪なかなか竿を納められないヤ... | トップ | ≪道内全信金、09年9月中間仮... »

園  芸」カテゴリの最新記事