タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

ツツジ類の中で最も遅咲きのコメツツジの花とマルハナバチ

2017年07月12日 | 園  芸

 コメツツジは、ツツジ類の中で開花が最も遅く、わが家のミニロックガーデンでは「小暑」の今が盛りだが、今季は、昨夏に4連続で北海道に上陸した台風の塩害で、極端に花数が少ない。

 岩山を埋め尽くすように咲いた、塩害に強いヒメウツギやエゾルリソウの花も散ってしまい、訪れたマルハナバチは、コメツツジの疎らな花を眺め「例年こんなはずじゃないのに」と嘆いているかもしれない。

 それでも、ダメージが大きかったブルーベリーやブラックベリーと比べ、枝枯れが少なかったことでよしとすべきか。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人口減少に喘ぐ北海道釧路根... | トップ | 北海道釧路市大楽毛(おたの... »

あわせて読む