タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

きのう採取したタラノメとウド(道東の山も初夏の様相)

2017年05月19日 | 行住坐臥

 昨日投稿の「シイタケ」の続きです。北海道東部の山も初夏を迎え、ウドやワラビの季節になりました。

 昨日の『北海道新聞』夕刊・第1面の「今日の話題」は、「山菜泥棒」と題して、山に入る人に節度を求めています。

 一網打尽に採り尽くさないことが肝心です。たとえばタラノメ(画像上段右を参照)の場合、真ん中の1番芽を採った後に両脇に出る、2番芽と3番芽を残さなければ木が枯れてしまいます。残念なことに、いまや後先を考えない業突張りがのさばって、どのサイトも枯れ木のやま

 もう一つ、ゴミを捨てないことを心がけたいものです。コンビニ弁当の容器、飲み物のペットボトルや空き缶、タバコの吸い殻など、山野にはポイ捨てゴミが散乱しています。だらしない日本人が増えたのです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一昨日の雨の恵みで天然シイ... | トップ | 珍しや、ヒガラがヤチダモの... »

あわせて読む