タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

スイーツをつまみにして飲む正月の祝い酒

2017年01月03日 | 行住坐臥

 羊羹を肴に酒を飲む記事はいつかアップしたような気がする。私は父方の血統を受け継いで、幸いにも飲兵衛にはならなかった。母方の伯父(叔父)たちが酒席で見苦しく酔いつぶれるのを苦々しく眺めたものだ。

 若い頃はそれなりに飲んだが、酒量は高が知れているし、肴は魚介類に限らずスイーツに目がなく、とりわけ羊羹「夜の梅」が気に入りだった。いまさら新聞記事で「和洋菓子をワインや日本酒と共に楽しむ試みが注目されている」などと勧められなくとも、疾うに実践済みである。

 ま、せっかくの記事だから、酉年の元旦の祝い酒「特別純米酒・大山(おおやま)・佐藤嘉八郎酒造株式会社(山形県鶴岡市大山)」を、六花亭(本店・北海道帯広市)の洋菓子をつまみにしてチョコッと戴いた。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フランス料理の「おせち」に... | トップ | 我が家の酉年の新春を寿ぐ日... »

あわせて読む