タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

山の白露に誘われて姿を現したハナイグチ

2017年09月11日 | 自  然

 ここ数日、最低気温がやや下がり、昨日は雨が降ったので、久しぶりにハナイグチが拝めるのでは、と家内が言う。

 私は相も変わらず腰痛で足元が覚束ないが、意を決して、釧路町東遠野のいつものカラマツ林にお伴した。家内はよく「呼ばれる」という言葉を使うが、なんと驚くべし、恐るべき予知能力

 あれに見えるは、と近づくと、おー、出ているではないか。8月 24 日の大発生以来である。採取はほとんど家内任せだが、帰宅後、収穫物はちゃっかりと我が物のごとく写真撮影。

この記事をはてなブックマークに追加

白露に誘われて成熟を待つ山の実成(ヤマブドウほか)

2017年09月11日 | 自  然

 9月に入って北海道東部の釧路地方では、早朝に庭に出ると、花壇で白露に濡れるダリアの花や葉が見られるようになった。

 8月下旬に、一足先にミヤママタタビの実が柔らかくなり、今月下旬にはヤマブドウの実が黒熟し始める。サルナシ(コクワ)の実は来月中旬まで待たねばならないが、ダリアの開花を待ち侘びて日を過ごすうちに、山は一気に秋たけなわを迎えていた。

 ヒグマが頻繁に出没する季節でもある。山に入るときは鈴を用意しよう。万一を慮って腰に鉈を装着しよう えっ、銃刀法違反だって? うーむ、だめか。それじゃ爆竹に切り替えよう。

この記事をはてなブックマークに追加