タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

イチイ(オンコ)3本目の剪定整枝作業が順調に捗って本日終了

2017年10月15日 | 園  芸

 5日に2本目(画像はこちらをクリック)が終わって直ぐ着手し、キノコ狩りの合間を縫い、しかも天候に左右されながら、こつこつと進めてきたイチイ(オンコ)③ の剪定整枝作業が、順調に捗り本日午後早くに終了した。

 明日からイチイの背後に見えるサラサドウダンに取りかかれば、来月文化の日までに庭作業はすべて片が付く。体調不良が続き、一時は降雪期までに終わらないのではないかと危惧したが、これで一安心である。

 庭木の管理は、亡くなった母と同じ 80 歳までは続けたいが、その後は、私の技術を継ぐ者がいないので、伐採処分ということになるだろう。

この記事をはてなブックマークに追加

想定以上に順調に捗ったイチイ(オンコ)② の剪定整枝作業

2017年10月06日 | 園  芸

 例年より大幅に遅れ、先月 13 日に着手した今季のイチイ(オンコ)剪定整枝作業は、1本目(画像はこちらをクリック)で手こずって前途多難を思わせたが、2本目は予想に反して順調に捗り、昨日午前中に完了した。

 2本目は、樹高の割りに枝が横に張り出た1本目と違い、スラリとしていて作業が楽で、体力を消耗せずに完了に漕ぎ着けた。これで、文化の日までに3本目とサラサドウダンを終わらせる目処が付いてほっとしている。


この記事をはてなブックマークに追加

イチイ(オンコ)① の剪定整枝作業がようやく完了

2017年09月27日 | 園  芸

 今月 13 日に着手したものの、諸般の事情で延び延びになっていたイチイ(オンコ)① の剪定整枝作業が、本日午前中にようやく完了した。

 例年、8月中旬〜下旬に開始し、9月末までに3本を終えるはずが、こんなに遅延して、今後の作業に不安を感じないでもない。

 ここ数日、最低気温が一桁まで下がって、降霜が目前に迫った。北海道東部では、季節は足早に初冬へと向かう。さあ、頑張って残りのイチイ2本とサラサドウダン1本を3週間で仕上げよう。

この記事をはてなブックマークに追加

嗚呼無情、敬老の日に爺のダリア花壇が台風直撃で壊滅!

2017年09月19日 | 園  芸

 昨年のような4連続台風直撃がないことを願ってダリアを丹精込めて育ててきたが、昨日、ついに 18 号が北海道に上陸。

 敬老の日だというのに、嗚呼無情 タック爺のダリア花壇は大暴風雨に弄ばれ、壊滅的打撃を被った。釧路ではお昼前に最大瞬間風速 35 を記録。茎は前後左右に揺さぶられ大きく傾(かし)ぎ、葉はずたずたに千切れ、花は折れ遙か遠くに吹き飛ばされた。

 この爺に何の恨みあってのかく惨い仕打ちか。この惨状(19 日午前5時 39 分撮影)を目の当たりにしては、もはや神も仏も信じられない。神社仏閣教会なんぞは○喰らえ、だ

この記事をはてなブックマークに追加

庭の第2ダリア花壇の大輪デコラ咲き・華銀盤(2〜4番花)

2017年09月13日 | 園  芸

 本日は、庭の第2ダリア花壇で満開になった大輪デコラ咲きダリア(花色:ホワイト、品種:華銀盤)の1番花を撮影の予定だったが、昨日午前早くから本日未明まで降り続いた大雨と強風で、花弁が見るも無惨に痛めつけられたため、急遽、被害のなかった2〜4番花に切り替えた。

 2番花はまだ7分咲きで本来のボリュームたっぷりの花容にほど遠いが、それでも雰囲気は出ているので良しとしたい。背後の赤色花は、巨大輪・インフォーマルデコラ咲き・大恋愛。

 気候冷涼な釧路では今後、霜が降りるまで3週間しかないので、摘蕾によって花数を減らし、球根の肥培に努めなければならない。

この記事をはてなブックマークに追加

庭の第2ダリア花壇で大輪インフォーマルデコラ咲き・福は内の1番花が5分咲き

2017年09月08日 | 園  芸

 わが家の庭で今、9月5日投稿の中大輪インフォーマルデコラ咲き・ミセスダリア(画像はこちらをクリック)に続いて、大輪インフォーマルデコラ咲きダリア(花色:オレンジ、品種:福は内)の1番花が5分咲きになっている。

 この品種は、現在植え付けている5品種の中で最も発芽が遅く、植え付け後の生育も超スロー。上掲画像はようやく5分咲きで、この後満開になると中央部が丸く膨らんで径 25 の球状を呈し、ボリュームたっぷりの花容となる。


この記事をはてなブックマークに追加

庭の第1ダリア花壇で中大輪インフォーマルデコラ咲き・ミセスダリアが見頃

2017年09月05日 | 園  芸

 わが家の庭で今、8月 28 日投稿の中大輪セミカクタス咲きダリア・プレシャス(画像はこちらをクリック)に続いて、中大輪インフォーマルデコラ咲きダリア(花色:ヴァーミリオン、品種:ミセスダリア)が見頃を迎えた。

 先週末は台風 15 号が太平洋岸を北上し、北海道に上陸する可能性もあって心配したが、大陸の高気圧に押されて東に逸れ、事なきを得た。

 昨夏の4連続台風によってダリアは壊滅的打撃を受けたので、窮したときの神頼みで、ひたすら八百万神に祈ったのが通じたのかも知れない。

この記事をはてなブックマークに追加

心なしか往く夏を惜しむ風情のカサブランカ

2017年08月29日 | 園  芸

 わが家の庭ではいま、最も晩生のオリエンタル・ハイブリッド系カサブランカが大きくてヴォリュームたっぷりの花を咲かせている。

 オニユリとともに夏の真っ盛りに咲くが、豪華な花姿と芳醇な香りとは裏腹に、心なしか往く夏を惜しむ風情があって興をそそる。オニユリの灼熱の朱赤とは対照的に、楚々とした白が涼秋の気を誘うのだろう。

 園芸書に「栽培が難しい」とあるが、病虫害の発生もなく、毎年同じ場所で元気に花を咲かせてくれる。

この記事をはてなブックマークに追加

庭の第1ダリア花壇で見頃を迎えた中大輪セミカクタス咲き・プレシャス

2017年08月28日 | 園  芸

 6月7日に第1ダリア花壇に植え付けた、中大輪セミカクタス咲き(花色:明桃紫底白、品種:プレシャス)がようやく見頃を迎えている。

 1番花は 21 日に開花していたが、少し見栄えを良くしようと、4番花が3分咲きになるのを待ってのアップとなった。

 暖地にお住まいの他所様のブログでは、今時ダリアなんぞは珍しくもないだろうが、一夏に夏日が数回しかない冷涼な釧路では、植え付けから2か月半の長丁場を乗り切っての開花だから、喜びも一入である。これから降霜期まで約1か月間、さあ、花をたっぷり楽しもう


この記事をはてなブックマークに追加

第3ダリア花壇で巨大輪セミカクタス咲き「大恋愛」が開花!

2017年08月21日 | 園  芸

※ 蕾は19 日午前5時 54 分、八分咲きは 21日午前5時19 分撮影。

 6月7日に第3花壇に球根を植え付けて、丹精込めて育ててきたダリア(巨大輪セミカクタス咲き・カーマイン、品種:大恋愛)が、本日八分咲きとなったので、記念撮影した。

 植え付けて開花に至るまで2か月半の長丁場である。草丈が低いうちは、プラスチックカバーで覆って防霜防寒に努め、ある程度生長してからは、こまめに棒を立てて強風対策を講じ、ひたすら台風の襲来がないことを念じてきた。

 昨夏は7月下旬の台風の直撃で壊滅的打撃を受けたので、今夏の開花は感一入である。引き続き、他の4品種の開花を期待したい。

この記事をはてなブックマークに追加