気ままな旅


自分好みの歩みと共に・・

昔のひとの心に染みる詩文

2016-09-18 11:39:19 | エッセイ

 昨晩、昔の職場で共に仕事に励んだ仲間が集い旧交を温めあった。           帰宅し疲れを癒しながら観ているテレビで子供がハーモニカで「湖畔の宿」を吹奏していた。時代は戦後間もない時期のようだ。 この歌は流行歌であって子供の唄う歌ではない。だが、自分の子どもの時代に振り返り想い起こしても戦時中に子供の歌があったかどうか記憶がない。「歌は世につれ世は歌につれ」と言うが、当時のこの歌とは流行歌であり、軍歌であったと思う。 

 ふと、脳裏を過ぎったことがあり書き記してみた。

 それは、父の転勤で中国大陸に渡った昭和16年の頃の話である。         大東亜共栄圏建設のもとに多くの日本人が中国大陸に渡った。 世相を反映し、巷には退廃的な唄が流行していた。この唄を耳にすると列車の窓から観える荒涼たる中国大陸が蘇る。 歌詞がいい。

「馬賊の唄」  

僕もゆくから君もゆけ 狭い日本にや住みあいた 波のかなたにゃ支那がある    支那にや四億の民が待つ

僕には父も母もなく  生まれ故郷に家もなく  幾とせ慣れた山あれど      別れを惜しむ家もなし 

ただいたわしの恋人や 幼きころの友ひとも   どこに住めるや今はただ    夢路に姿をたどるのみ

昨日は東 今日は西  流れ流れしうき草の   果てしなき野にただひとり   月を仰いで草まくら

「流浪の旅」

・・・・・~

昨日は東 今日は西と 流浪の旅は 何時までつづく  果てなき海の沖の中なる 島にでもよし 永住の地欲し

 

 もうひとつ想い起こしたことがある。                       それは茨城県笠間市に笠間日動美術館がある。現役時代に何回か通った地である。この別館に春風万里荘があり叱られた想い出がある。掲出物の文章をメモをするが大変だ。撮影禁止だが絵画でもなし係員もいないのでカメラを構えた。すると、マイクで「撮影禁止です・・・」とアナウンス。昭和62年頃でも監視カメラはあったのか・・。やむを得ずメモを続けた。これは唄ではない。詩である。

「戦友別杯の唄」   大木敦夫作

言うなかれ 君よ 別れを 世の常を また生き死にを

・・・・・~

輝かし 南十字を いつの夜か また共に見ん  身よ 空と水 うつるところ

黙々と雲は行き 雲は行けるを

 

昔のひとの文には心に染みるものがある。 他に華厳の滝にも「悠々たるかな・・・」の碑がある。

 雑文は止めたいものです。

終わり

                        

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何も濡れなくともいいのに濡... | トップ | 幼き頃の友を偲んで・・・ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昔の人の文 (ろこ)
2016-09-18 12:57:12
こんにちは。
 今の人の「ためぐち」文とは違って、昔の人の文は味わいが深かったように思います。
 華厳の滝に投じた時に書いた遺文、「巖頭之感」などは驚きです。1903年(明治36年)5月22日、一高生・藤村操が、日光・華厳滝わきの大樹を削り、そこに「巖頭之感」と題した墨書を残して滝壺に身を投じたものですね。。
16歳にして次のような遺文ですから驚きます。
「巖頭之感」
「悠々たる哉(かな)天壌 遼々たる哉古今 五尺の小躯を以て此(この)大を測らんとす ホレーショの哲学竟(つい)に何等のオーソリチーを価するものぞ 万有の真相は唯一言にして悉(つく)す 曰く不可解 我れ此恨みを懐いて煩悶終(つい)に死を決するに至る 既に巌頭に立つに及んで胸中何等の不安あるなし はじめて知る 大なる悲観は大なる楽観に一致するを」
 弱冠16歳でこの遺文を書くとは恐るべきものがあります。

 いつも味わい深い文章に魅せられています。
ありがとうございました (ろこさまへ/tiburonta)
2016-09-18 15:43:28
父から教わったのが、65年も昔のことです。懐かしいく当時を追憶しました。

素晴らしいの一言です。
詩が全く違いますね (屋根裏人のワイコマです)
2016-09-18 17:00:20
今の楽曲は 歌詞 と言いますが
昔の歌の詞は・詩・ポエムですよね
私ら団塊族は戦争は父から学びました
いつどこでどんな戦闘が・・そして
その戦友が・・そんな話を耳にたこが
あたるくらい聞かされて慰めてきたもので
戦友たちとよく遅くまで歌って飲んでました
誰も歌詞カードは見ません・・
僅かな勲章を後生大事に自慢して
そして今から11年前に戦友たちの元に
旅たった父が・・懐かしく思い出されて
ありがとうございました。
湖畔の宿 (高貴高齢者こと すけつね)
2016-09-19 17:28:45
戦時中ボクが6歳のころ、湖畔の宿の替え歌を歌っておりました。ブログに書きましたので、よろしかったらアクセスください。
http://blog.goo.ne.jp/suketsune/e/0bf80a4a272e1ea4ef6110a9856e9b39

笠間日動美術館で、白線を超えて絵に近づきましたら、アナウンスで注意されました。レーダーが仕掛けられていると思いましたら、監視カメラだったのですね。


コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。