部長職のお仕事
管理職としての日々と趣味についてです
 



SDキュベレイ、完成しました。

5月15日、16日に開催された、静岡ホビーショー「第21回モデラーズクラブ合同作品展」に出品するために、大突貫で作製しました。
なんとか開催に間に合い、無事(?)「倶楽部デフォルメ屋」から出品する事が出来ました。

作製開始は3月末、途中ザク06Rとの並行作業だった事もあり、実質1.5ヶ月での作製でした。いままでの最短です。
工作そのものは比較的順調でしたが、塗装段階に入ってからトラブルの連続。
本当に静岡に間に合うか冷や汗ものでした。
今期のGWもすべてこのキュベレイのためにつぶし、かなり胃が痛くなる思いもしましたが、作製前後ならびに合同作品展では皆様から暖かいコメントを沢山いただき、突貫で作製下した甲斐があったと感じています。
ありがとうございました。


■ AMX-004 QUBELEY































塗装後の最終組付け中に頭部を落してしまうという大トラブルにより、鼻先が折れて、再接着しています(見苦しくてすみません)。
名誉の負傷と言う事で大目に見てください(汗)



■作製記

1.スタート

 SDキュベレイのベースとなるGジェネ-キュベレイです。



 これはちょっとここままでは使えませんでした(汗)

 Gジェネからは頭部のみ部材として流用させていただく事にして、胴体などのベースはHGUCを使用しました。
 また脚部は1/220旧キットを使用しています。

 以下が作製に使用したキットです。




 組み付けるとこんな感じ。



 先は長いです...



2.頭部
 
 顔が命のSDですから、頭部は重要です。
 個人的にはSDの印象を決めるのは、極端に言うと顔が70%、八の字立ちバランスが30%、以上終了...と思っています。
 SDは1/144~1/220程度の胴体に、1/60相当の頭部がのっています。 1/144や1/100でも凝れない頭部に存分に手を入れられるのはSDならでは、かと。
 

 さて、Gジェネ頭部を少し加工が進んだ胸部(胸部の工作については後述)にのせてみました。

 Gジェネ頭部はかなりデフォルメされています。
 このままでは自分のSDのイメージ合わず、使えないので加工します。
 ・顔幅が広すぎ
 ・ノーズのデフォルメが行き過ぎ
 ・ツインアイ部分が広すぎ
 という印象。
 さらに正面から見ると新幹線(?)なので、上記部分を中心に改修しました。




 まずは顔幅を狭めるために、頭部左右を適当な位置で切断。




 幅詰め作業を行うとともに、ツインアイのレール(?)部分を削除しました。




 貼り付けた左右ブロックを適当に削り込み、さらに頭部前部を切り離して作業性を向上させるとともに、内部にツインアイ固定機構を入れられるようにしました。
 



 ノーズをエポパテで延長。2度修正しています。また後頭部もGジェネのままでは短すぎるので、プラパンで適当に延長しています。
 頭頂部分もパテで裏打ちして、イメージに合うまでかなり削り込みました。



 内部にツインアイを仕込むとともに、ノーズつけ根~先端までをシャープに加工...これが後に悲劇を生みます(汗)

 

 塗装後、最終組付け中に頭部が落下。ノーズ先端が折れました(涙)。
 完成品UP画像で先端が変なのはそのせいです...静岡ホビーショーの合同作品展に間に合わなかったので、そのまま再接着しています..(滝汗)

 結論:エポパテは折れる   当たり前ですが...


 内部のツインアイ固定機構は下の写真の通りです。
 適当なジャンクのBB戦士ガンダム系のフェイスを加工して前頭部に固定。Hアイズの上部をぶった切って半眼にしたものをそれに固定しています。





3.胴体

 胴体はHGUCキットを流用しています。
 
 キットのままの仮組みです。
 


 ちょっと上下がSDに使用するには厚いのと、左右にある動力パイプ受け口のブロックがGジェネの頭部と干渉して頭部が持ち上がり、全体に頭身を上げてしまうので、この辺りを中心に短縮加工を行いました。


 短縮加工は左右ブロックを中心に行うため、ブロックを3つに分割しました。




 分割して切り出した左右ブロックをさらに3分割し、各部分で短縮加工。




 それを再組み付け。



 このあと2度ほどさらに左右ブロックの上下を削り込み、厚みを減らしています。

 また写真にはありませんが、中央ブロックには腹部を固定する機構があり、ここを加工することで、腹部の胸部へのもぐりこみ度合いを調整しています(腹部短縮と同等効果あり)。

 腹部は上下に切断し、内部のPCが許す限り切断面で上下を幅詰め。また上部下部も削り込んでさらに短縮化しています。




 胸部の肩(腕)の受け部分は、HGUCキットのままだと肩を上下に動かせないので、ボールジョントの受けに変更しています。
 作業内容が汚いので写真はありません(汗)
 
 またキットのエネルギパイプは軟樹脂で出来ているため、加工すると毛羽立ちがひどく使い物にならないので、平たいエネルギパイプはプラパンで生成、丸いエネルギーパイプはスプリングで表現する事に変更しました。
 さらに胸部前面のシールドはプラパン+エポパテで大型化しました。





4.腰部

 作製中の胴体と腰部を接続。


 
 フロントスカートの位置が下過ぎるのと、左右スカートの位置もいまひとつなので、取り付け位置を変更しています。


 フロントスカートは上部のUの字のカーブを変えるとともに、取り付け位置を上へ。




 左右スカートは、キットの取り付け軸を切り飛ばし、上目に付くように軸位置を変えました。



 
 また写真にはありませんが、脚部の固定のために股間の接続軸は切り飛ばし、市販のボールジョイント受けを腰部裏側に取り付けています。



5.腕部

HGUCのままではさすがに長いので、上腕、前腕ともに適当に短縮しています。


 
 前腕はこのあと、もう一息短縮しました。

 また、胴体の胸部の部分で触れたとおり、肩を上下に稼動させるため、胴体にボールジョント受けを仕込んでいます。写真はありませんが、これに対応する形で、肩の胴体への取り付け軸をボールジョント軸に変更しました。



6.脚部

 脚部は1/220旧キットの膝下を使用しています。
 大きさのバランスがSDにぴったりだったので、今回はずいぶんと楽が出来ました。

 旧キットが主体ですが、膝アーマーだけはHGUCのパーツと変更しています。
 


 脚部内部にボールジョイントの軸を通して、腰と足を接続しています。
 この軸と脚部の固定機構を内部に取り付けています(加工が汚いので写真はありません-汗)


7.足

 旧キットをベースにしましたが、つま先がぼんやりした印象だったのでこれを切り離し、HGUCパーツへ変更しています。  



 
 足軸との取り付けのため、旧キットの足の固定用PCをBB戦士の脚部ボールジョント受けのためのPCへ変更しました。
 分かり難い写真ですが、左が旧キットの受けの機構。右がボールジョイント受けへ変更した後です。




 さらに接地性を高めるために、踵とつま先のパーツをボールジョイントでつなぎました(これはやり過ぎかもしれません...不要だったかな)




8.手

 HGUCパーツを使用していますが、キットのままだと左右同じ形で指にポーズがつけて有り、そのまま素立ちに使うと違和感があるので、パーツに切れ目を入れて指の形を変えました。
また指先をナイフで削りこんで細くしています(軟樹脂のためペーパかけが出来ませんでした)





9.全身

 頭部はかなり加工しましたが、胴体と脚部、足のパーツは、HGUCと旧キットの相性が良く、それほどの変更なしに使用できたため、ずいぶんと楽が出来ました。



 上記写真は手の加工の前の写真です。



10.塗装

 キュベレイといえばパール塗装!なので、最初は何も考えず、クレオスのホワイトパールを使用して、パール塗装に挑戦しました。
 いざ塗ってみると、色は黄味かかっていてあまり綺麗では無いわ、厚塗りしすぎてあちこち塗装割れをおこすわと散々な目にあいました。
 
 最終的にはパール塗装は諦めて、塗装割れした部分をペーパがけで再処理し、グロス塗装に切り替え。
 ホワイトによる初めてのグロス塗装を行いました。

 色決めはHGUC塗装指示を参考に適当に行いました。

 ホワイト:ガンダムカラーホワイトNo.5
 胸部、脚部の赤紫部分:クレオス パープル+レッド+キャラクタブルー 比率適当
 胸部、腕部のピンク :クレオス 蛍光ピンク+レッド+パープル+ホワイト 比率適当
 各部スリットのピンク   :タミヤエナメル ピンク+赤 比率適当
 肩ダクトのブルー :ガンダムカラーブルーNo.11
 関節、バインダ内部機構 :クレオス ニュートラルグレー

 トップコート :クレオス スーパーコート光沢 Ⅲ
 
 仕上げはコンパウンドの粗め+細目です。

 グロスの磨き処理もよく知らないまま適当でした(汗)



■あとがき
 
 冒頭にも書きましたが、かなりの突貫作製で、まだまだ粗も多い作品です。
 それでも静岡の合同作品展では「倶楽部デフォルメ屋」のブースへお越しいただいた皆様に多数の写真撮影をしていただいたり、ご感想をいただいたりと非常に嬉しい結果となりました。 本当にありがとうございました。
 今年も「倶楽部デフォルメ屋」での出展を誘っていただいたaspさん、デフォルメ屋の皆さん、ありがとうございました。
 また突貫作製中に暖かいコメントをいただいた皆様方、ずいぶんと勇気付けられました。
 お礼申し上げます。

 
 次回ネタは現在部材仕込み中です。近日公開できると思います。


 最後までご覧いただき、ありがとうございました。
 

コメント ( 22 ) | Trackback ( 0 )


« 静岡ホビーシ... 次のネタは... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (5th)
2010-05-22 13:03:08
すばらしいです。キュベレイの何たるかをよく知る妻も大絶賛してます!
最近はすごいSDを拝見する機会が多くて、うれしいというか刺激が強烈すぎるというか。。ぼくもひっそり新作スタートしてみました。
 
 
 
コメントありがとうございます (ti0719)
2010-05-22 19:02:49
5thさん、こんにちは。
ありがとうございます。奥様にもお褒めいただき嬉しいです。
あの巨匠様方々のSDも凄いですし、SDもだんだん活発になってきましたね。
5thさんのZⅡ、新作も楽しみです!
 
 
 
Unknown (ぐっちMAX)
2010-05-22 19:55:41
tiさん、こんばんわ!
キット比較見て家族みんなでワロタww
も~~う、どんだけ分割しまくって切り刻んでるんスか^^;
バンダイ完全否定ですなww

当たり前のコトですが、このカッコいいスタイリングになるまでに
途方も無い工程を積まれてるんですねぇ。
超接写にも負けない仕上がりにも脱帽です。
次回作も期待してます^^
 
 
 
完成おめでとうございます! (がおん)
2010-05-22 20:48:31
そして静岡、おつかれさまでした。みなさん楽しまれたようで、ちょっと羨ましいような悔しいようなw

tiさんは突貫作業もイケるということで、ますます死角がなくなってきましたね~^^;
今回はtiさんにしては珍しいかな?という感じのグロス塗装ですが、すごくきれいです。キュベレイにはこういう塗装が良く似合いますよね~。
パール塗装には失敗したとのことですが、やっぱり難しいですか? 僕もいつか何かで挑戦したいとは思ってるんですが、なかなか思い切りがつかなくて(汗。
 
 
 
Unknown (ZIGGY)
2010-05-22 21:55:10
こんばんは!
先日はお疲れさまでした。
&いきなり押しかけにもかかわらずご親切に対応して
いただきありがとうございました。

キュベレイ、てっきりSD+HGUCのバインダーかな?
程度に思ってたらとんでもない!ここまでの改修あってのあの高次元バランスだったんですね。
いや奥深いというか・真似出来る気がしないというか…改めて感服しました。

パール塗装は~ひょっとしたら希釈度の問題かもしれませんね。パールの入った塗料はダマになってるetc,の問題もあるので、クリア+市販のパールパウダー(粉末)の方が調整しやすいかもしれません。

いずれにせよ素晴らしい作品拝ませていただきありがとうございました。
また次回作・来年の展示も楽しみにしています!
 
 
 
Unknown (あき坊)
2010-05-22 22:23:02
いやいや、相変わらず素晴らしい完成度ですね。
グロス塗装も決まってて、とてもカッコイイです。

実は我が家にも放置中のキュベレイが転がってるんですが、
こんなの見せられた日にゃあ、恥ずかしくって手がつけられないです(笑)。

次回作は何になるんでしょうか?また楽しみにさせて頂きます。
 
 
 
コメントありがとうございます (ti0719)
2010-05-22 22:34:39
>ぐっちMAXさん、
こんばんは。コメントありがとうございます。
ご家族にもウケて何よりです!
この頭身のSDにはGジェネは使えなかったので、切刻みは止むえずです- バンダイもこのバランスのSD出してくれると嬉しいのですが...
今回はそれでもHGUCと旧キットが使い易かったので助かりました。
次も頑張ってみます。ご期待に添えると良いのですが(汗)


>がおんさん、
こんばんは。ありがとうございます!
今回の突貫は泣きたくなりました。もう二度としません(笑)
グロスにしたくて塗装したのは今回が初めてです。
まぁ今回は似非グロスなのですが...本格的なグロスのやり方を先達様に聞いたら、その工程の凄さに頭がクラクラしました。
パールは今回見事失敗でした。もっとちゃんと勉強して、今度機会があったらやってみます

>ZIGGYさん、
こんばんは。ブログへのコメントありがとうございます。嬉しいです。
こちらこそ静岡ではありがとうございました!
この頭身のSDを作るときは色んなパーツの組み合わせと切刻みは避けて通れないところはあります。
パールは見事失態でした。
なんも調べずトライしたのがそもそもの間違いで、失敗してからパールパウダーがあることを知りました(汗)
希釈の問題とのご指摘、思い出すとそんな気がします。通常の塗料の希釈度合いと同じレベルだったかもしれません...もっと勉強します。教えていただきありがとうございます!
次回作も頑張ってみます!
 
 
 
ありがとうございます (ti0719)
2010-05-22 22:38:43
あき坊さん、こんばんは。
コメントありがとうございます!
グロス塗装は本格的にやるともっと光るそうです。
今回は似非グロスです(汗)
今度機会があれば本格的なヤツをやってみたいです。
次回作は一応予定は立っているのですが、構想がまだ固まってません。 ご期待に沿えるように頑張ってみます!
 
 
 
SDキュベレイ (よっしー)
2010-05-23 00:08:12
いやすごい作例ですね。SDキュベレイ!!

昔は曲面が多くSDにするのは難しいなあなんて思ってましたがとてもいい形になっていると思います。
途中で下腕を縮めたほうがとかありましたがやはり縮めてよかったとおもいました。

次回はどんなものでしょうか?リックディアスなんていいとか思いますがどうでしょうか。



 
 
 
ありがとうございます (ti0719)
2010-05-23 08:08:03
よっしーさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
キュベレイはかなり大型になり、頭身はギリギリか、多少オーバーサイズではありますが、結果的にはSD化しやすかった機体と感じています。
現物の感じから見ると、腕の長さはバランスの関係で、もう少し短くても長くてもどちらでも許容されるかと思います。大型のバインダのお陰でしょうか。
次回作は構想中です。リックディアスって頭部がかなり難しそうですね-作製にはもう少し修行を積まないと(汗)
 
 
 
素晴らしい超絶作品です。 (doya)
2010-05-23 14:05:05
もう、こういうキットが売っているのかと思うくらいの完成度です。
元のキットと比べて全然違うのにびっくりしました。
まあ、頭部の分割削りこみ&シャープ化とかジャンクパーツからのツインアイの作りこみとか凄い凄いの一言です。

旧キットとHGUCの融合とかよくぞここまでまとめられるものだなぁと思わされることばかりです。

しかし、凄い作りこみと大改修ですね。胴体の削りこみとか凄すぎて感心しきりです。これをベースに商品化してはと思うくらいです。
最後のノーズ先端が折れたのは残念でしたが、そんなことを気にならないくらい凄い作品です。
塗装もとても綺麗でうっとりします。キュベレイのイメージ通りです。
いやーもう、凄いとばかりしか言葉が出て来ません。
完成お疲れ様でした。期間がある中でこれだけの大改修を作品として仕上げたことには敬服するばかりです。良い物を見させてもらいました。
今回も実物が見たい作品です。
素晴らしい作品と製作記事読み応えがありました。
 
 
 
Unknown (ti0719)
2010-05-23 19:18:06
doyaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
お褒めいただき、嬉しいです!
もとのGFキットは頭部だけの使用なので、元キットとはずいぶんと違った仕上がりになりました。
今回はホントHGUCと旧キットの相性がバッチリで、ずいぶん楽が出来ました(これが静岡に間に合った最大の要因です)。
実物は何かの機会に見ていただけるとうれしいですね。
 
 
 
Unknown (sada)
2010-05-24 16:18:52
これほど切り刻んであるのに、とても自然に見える所に造型センスを感じずにはいられません^^;
現物も良いのですが、こうやって画像で見るのも良いですね!
いつもti0719さんの作品を見てはSDにチャレンジしたくなるのですが、一度RX-78で痛い目を見ましたので少し慎重に構えたいと思いますw
次回作も期待しています^^
 
 
 
Unknown (ti0719)
2010-05-24 23:25:43
sadaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
sadaさんにお褒めいただくと恐縮する事しきりです。
写真は百難隠す、です(汗)。でも確かに写真には写真の良さがあるように思いますね(一番の決めポーズを見てもらえるとか)。
是非またSDの作製を。期待してます-
 
 
 
Unknown (mat)
2010-05-25 07:54:50
お疲れさまでしたー
さすがの完成度です!
すでに制作手法も確立され、ますますti0719さんワールドが広がっていきますね。
うらやましー。
 
 
 
コメントありがとうございます (ti0719)
2010-05-25 23:16:13
matさん、こんばんは。
matさんのような巨匠にお褒めいただくと嬉しいやら恥ずかしいやら...ありがとうございます!
今のUC系作品の作風ですが、もとを遡ればkeitaさんのZが源流となりますし、それにそもそもSDを始めたきっかけはmatさんのフリーダムの凄さにトリガを引かれた訳で、お二人は私にとっての憧れの巨匠様です。
それでもmatさんにこのようなお褒めの言葉をいただけるようになったのはすごい事だと、素直に嬉しいです。ありがとうございました!
 
 
 
Unknown (konan32)
2010-05-25 23:35:35
完成お疲れ様です(^^)

もう、プロポーションが最大公約数!!
記憶に焼き付きました(汗
将来もし作る気になっても
完全にti0719さんの作品パクるでしょう(笑
仕上がりも綺麗で最高です!!


 
 
 
ありがとうございます (ti0719)
2010-05-25 23:59:42
konan32さん、こんばんは。
コメント&お褒めいただき、ありがとうございます。
仕上げは似非グロスですが、なんとかまとまってくれてホッとしています。
プロポーションは、胸部がブロック単位に切り分けし易かったのと、脚の旧キットと胴体のHGUCの相性の良さがポイントでしたね。比較的この辺りは楽でした。


 
 
 
お疲れ様です。 (ガーゴイル01)
2010-12-21 13:16:13
初めまして!
すんごい作品を見せて頂きました。
御手本にさせて頂きます!なのでお願いです。
ずぅ~っと造り続けて下さい!応援してます!
 
 
 
ありがとうございます (ti0719)
2010-12-21 21:35:46
ガーゴイル01さん、
こんばんは。はじめまして。
ありがとうございます!
作品をお褒めいただき恐縮です。SDって作るほどに課題が出てくるので、しばらくは作り続けることになりそうです(笑)
今後ともよろしくお願いします。
 
 
 
善かった! (ガーゴイル01)
2010-12-22 21:02:58
俺っちも、ガンプラはチョコチョコ造ってます。まぁ~比べ物にも成らないほど下手っぴですがぁ(笑)
なので、凄い参考に成るし、何よりも「モテるバランスだなぁ~。」と、確信してるのですぅ!
次の作品や今後の活躍を心から、期待してます!
頑張って下さい!
 
 
 
ありがとうございます (ti0719)
2010-12-23 07:59:22
ガーゴイル01さん、
コメントありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。頑張ります!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。