部長職のお仕事
管理職としての日々と趣味についてです
 



昨日はガリアンシリーズの塗装をがっつりやってて、シンナーに脳みそを侵されまくりの今日この頃。もうヘロヘロですw

せっかくの旧キット、しかも題材は鉄と血と土の匂いがただよる機甲界モデル。塗りは本来は筆の荒々しさが似合うと思うのですが、もう時間切れ。
筆で納得行くまで塗り重ねると、おそらく一体あたり半月はかかる見込みなので、涙をのんでブラシ塗装にしています。ただベタ塗では面白くないので、色々と挑戦要素も盛り込んでるので、始終ドキドキ感がw 失敗したらそれまでよーっていう綱渡り状態を堪能してます。

現在はプロマキスのマスキングを終えて、早朝から塗り重ねてました。
午後からはガリアンに移行します。

さて今回の記事はガリアンワールドから離れて、来週末のNaGoMo5コンテスト参加作品となるディフォルメABを使ったディフォルメ・ビネットのその2です。

前回のカテゴリ記事で公開した、この画像。

これはダンバインをつかったディフォルメ・ビネットですが、これに対になるもう一つのビネットを今回初公開。
コチラです。

ズワァースを使ったビネットです。
ダンバインのビネットを陽とするなら、こちらは陰。対になるビネットです。

両方を別のシナリオベースにONさせて、一つの作品としてNaGoMoに持っていきます。


今回の作製、オリジナルの想定ストーリー全5話を考えて、その中の2話分をビネット化したものになります。
オリジナルストーリー自体は中二病的な、われながら寒イボの出るようなシナリオですが、まぁ勢いで良しとしています(大汗)

地上から女の子二人がバイストンウェルに落っこちて(なんで落っこちたのかは不明。そこまで考えてないです)、一人は闇に魅せられ、一人は光となってそれを救うために戦うんだけど、やっぱり闇の力はとても強くて大苦戦。その時に助っ人がやってきて...って、よくあるパターンw
落っこちた先はバイストンウェルなんだけど、これがまた辺境の田舎。コモンもガローランも、フェラリオさえも知らない場所。
ミ・フェラリオよりも小さな種族が闊歩してて、みんなそのサイズになっちゃう不思議な場所(当然、地上から落っこちた人もスモールサイズ化)
さらに言うとデフォルメサイズになっちゃうって場所(← ここ、設定で大事なところw)

落っこちる前後と落っこちてから戦いが始まるまで、そして光と闇の戦い、終焉と地上に戻ってからの日常までを描く全5話構成!

バイストンウェル物語 ~小さき妖精の章~ ってしました。
うぅ寒イボがでる...

それぞれのビネットは5話構成のうち、第3話と第4話に沿う内容になってて、予告ナレーションぽいシナリオもあります。

うぅー 寒イボが全身にw


22日のNaGoMo5のコンテスト日に持っていきますので、よろしければご覧いただけると嬉しいです。


さぁ、今日もシンナー漬けでガリアンワールドの塗装を頑張ろう!!!



■お知らせ

・今年もナゴモ開催!!! 嬉しい!

 10月18日(火)~10月23日(日)
 土曜日のコンテストと、日曜展示に参加。申し込み済み!


・第三回千葉しぼり展示会、全日本旧キット王選手権。11月5日(土)です。
 
 参加します! プロキマスで参戦、の予定w



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ガリアンワールド NaGoMo5 名古... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。