部長職のお仕事
管理職としての日々と趣味についてです
 



ディフォルメ・ズワァースの完成作製記事をUPします。
単体の作製完了は2016年8月末でしたので、完成品記事UPは大幅遅れ(汗)
ダンバインに続いて第二弾のディフォルメABです。

■ディフォルメ・ズワァース











普通に撮ると真っ黒な画像にしかならないので、かなり露出オーバ気味に撮影しています。
本来の本体色はジャーマングレーベースですが、このような露出オーバ気味の色合いも個人的には気に入っています。


■作製内容

今回のディフォルメ・ズワァースは、HGABズワァースと旧キットズワァースのミキシング+短縮改修で作製しています。
勢いで作製していたので途中の経過画像がほとんどなく、申し訳ありませんが作製記としては役立たずです(滝汗)
雰囲気だけでも参考にしていただければと幸いです。

まずは素体。

HGABと旧キットです。
大きさが全く異なります。今回は良い所どりで作製。

基本としては、
・頭部はHGAB
・胴体~腰はHGAB
・コンバータは基部含めて旧キット
・腕は旧キット
・盾は旧キット
・脚は足まで含めてHGAB
がベースです。

1.頭部
 HGABベースで進めていますが、形状ゲージにしかなっていません。
 まずはHGABの素組。
 

 これを3枚におろして...
 
 間にプラ板をはさみながら、上下方向、厚み方向、長さ方向に少しずつ大型化。
 エポパテも駆使しながら...
 
 途中画像がないので、まったく説明になってません(汗)
 
 目はエポパテで作製。目の大きさがディフォルメ感を決めるので、出来るだけ大きくとりたいところ。
 キットパーツの中央にプラ板1枚を立てて、そこに目を取り付ける基部を作ってます。 

 最終的には上記画像からもさらに各方向に大型化。大小の角にもエポパテを盛って増量。
 
 元パーツからは二回り、三回り大きくなってます。

2.胴体
 まったく説明に使える画像が残っていないので...ゴメンナサイ。
 まずは幅については、真ん中で切り詰め幅詰めしながら、肩位置でも切り離して幅詰め。
 高さ方向は腹部分の上下で短縮。

 厚み方向もすりあわせで調整。
 何度も詰めました。
 途中詰めの状況。
 
 さらに上記の厚み方向を詰めて
 

 肩も形状変更。
 
 HGABの形状そのものがオリジナルからかなりアレンジされているので、かなり手間取りました。
 向かって右が加工後。

 胸のハッチカバーは、胴体を幅詰めした分、中央の接着面で前にせり出す形に幅調整。
 下部形状も変更。
 
 向かって右が形状変更後。

4.コンバータ
 HGABでは大きすぎて加工出来る気がしなかったので、旧HGベースです。
 まずは長さ方向を幅詰め。胴体側から見て凸モールドの終わるあたり、中央よりやや先端寄りで数mmカット。
 比較画像がありません...加工後の、高さ方向幅詰めの画像(後述)を参考にしてください。

 つづいて高さ方向を幅詰め。
 画像下のこの位置でカットしています。
 

 高さ方向の幅詰め前後を比較(向かって右が加工後)
 

 コンバータ基部も、胴体の幅詰め量に合わせて中央で幅詰めしています。
 また、胴体側に食い込むように取り付けるため、コンバータ基部の胴体側、および胴体の取付部分をかなり削り込みました。
 (画像なし)

 羽の取付部分は背中側で。
 HGABパーツを短縮。
 
 向かって右が加工後。

5.脚部
 胴体同様、試行錯誤過ぎて使える画像がありません。
 いったん切った部分を再接着もしたり、それこそ切ったりはったりw

 太ももは股間節の接続基部とその下で切り離し、適当な長さにして再構築。
 脛も適当な位置で切り貼り。
 ....まったく解説になってない。申し訳ありません。

 途中画像です。
 
 向かって右が改修を進めている側。
 単に途中を切ってつなぐだけだと、確かに短くはなるのですが、樽状の脚になるだけ。
 メリハリが大事なので、多少長くなろうともくびれを作る作業が大事です。それが向かって右側。

 ズワァースのふくらはぎは本来は段落ちしています。そこで一旦ふくらはぎの下部を切り離して、それを中央で幅詰めすることで、ふくらはぎの段落ち形状になる様に調整。
 
 実力不足で、ふくらはぎのオーラノズルの再現は出来ませんでした。
 
6.腕・手
 腕は旧キットを使用。
 二の腕の長さを軽く詰めただけです。前腕は詰めずにそのまま。形状だけ削り込みレベルで変えています。
 盾も旧キット。
 旧キットのリアル1/72ズワァースを作った際の作業と同じように、付属デカールからプラ板に形状転写し、その部分をくり抜いたプラ板を盾に貼り付けることで、独特のディテールを再現しています。

 手はガンダムビルドパーツのジオン系1/144のパーツを削り込んで使用しています。

7.サフ
 

  

8.塗装

 ズワァースは本体色が濃いグレーと黒のツートンになっています。
 本体の大部分を占める濃いグレー部分にはジャーマングレーを使用。ハッチ、ふくらはぎなどの黒の部分はミッドナットブルーを使いました。 
 また、胸部と盾、コンバータ周りの赤にマルーンを選定。

 全体を塗った後で、濃いグレー部分にはレッドブラウンのエナメルを極薄に希釈して、フィルタリング気分で上乗せ。
 グレーが落ち着いた色合いになって良い感じになります。

 爪等は、まずは下地のミッドナイトブルーにニュートラルグレー1をグラデーション塗装。光沢クリアーを2度吹きし、その上からMR.クリスタルカラーのムーンパールを軽く吹いてます。仕上げは光沢クリアーの3度吹き。

 目はMR.クリスタルカラーのサファイアブルー。

 仕上げにツヤを見ながら軽く艶消しのグレートーンでコートをかけた後で、ところどころ赤青茶のエナメルを薄く乗せていくことで色合いを微調整しています。

   
■あとがき

先にダンバインをディフォルメで作製し、そのあと追っかけ作製したズワァースのディフォルメ作品でしたが、試行錯誤の段階ということもあり、ダンバインと比べてもかなりテイストの異なった仕上がりになりました。旧キットベースのダンバインとHGABベースのズワァースなので、そうなるのは当たり前というが当たり前なのですが。

2016年秋のNaGoMo5ではこれらダンバインとズワァースを使ったビネットを作製して参加。WildRiver荒川賞とノンジャンル部門賞をいただくことが出来て、本当に嬉しかったです。






ディフォルメABにはYOUさんやamonさんという凄い先達のモデラーさんがいらっしゃいます。お二人を目標にこれからもこのカテゴリで頑張っていきたいと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 年末年始休み6... 旧キット1/100... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。