部長職のお仕事
管理職としての日々と趣味についてです
 



昨日は外出を除いては終日キュベレイの研ぎ出しを実施。疲れましたw
まだコンパウンドの細目段階ですが、粗研ぎとあわせて何時間やってたんだろ(汗)

工程です。
まずは粗研ぎ。2000番ペーパーでデカール周りを段差をなくす様に処理。
デカール段差を完全になくすまでの処理は以前のSDシナンジュのキャンディ塗装では踏み込まなかった(段さをなだらかにしただけ)ので、初体験。
仕上げクリアをかけた状態で2000番をあてるのに、まず心理的抵抗を越える必要がありました。

結果はオーライ。

きちんと段差が消えてくれました。
クリアの重ね吹きは希釈5倍を7回でしたが、そのレベルで粗研ぎに一応耐えられることがわかりました。経験値として自己メモ。

全体は2000番ペーパと曲面エッジ付近は4000番布を併用して研いでます。

これら6パーツだけで4時間かかってます。


全体を水洗い。


で、タミヤのコンパウンド細目を使用し、いよいよ研ぎの本番。
ひたすら研ぐこと数時間。
途中でカッテイングシートの格子を利用して、映り込みの状況の確認。

細目レベルでまぁまぁ映り込みするようになりました。
下部の映り込み状況に注目。

昨日で全パーツの細目処理は終わりましたが、その時点で25時。

次工程はタミヤの仕上げ目コンパウンド処理ですが、今日はWFを見に行くのと、明日からアメリカ出張で不在になるので、次の日曜日までまでお預け(日曜日は時差で死んでるような気がしますが...)
それが終わったらコーティングポリマーで傷消しして、ワックスかけて、鏡面仕上げパーツ処理は終わりの予定です。

う~ん、たのしむ展にギリギリだなぁー

しかもその間、NaGoMo向け作製が止まるし...(大汗)



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« HGUC REVIVE ... HGUC REVIVE ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (SHINO)
2017-07-31 15:28:56
ツルツルですね。

MSではやる予定無いんですけど
バイクモデルの参考になりました~。

完成楽しみにしてまーす(・∀・)
 
 
 
ありがとうございます (ti0719)
2017-08-13 07:47:50
SHINO4さん

こんにちは。超亀レスで申し訳ありませんでした。
光沢鏡面塗装はいろいろ手間はかかりますが、期待感等々で作業も楽しい(?)です。
仕上がりは...でしたがw
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。