部長職のお仕事
管理職としての日々と趣味についてです
 



お座りブロッグヘッドの続きです。

マスキングテープで仮止めをしていた脚部。ちょっと不細工なのでマステに頼らなくても成立するように、関節接続部などを見直しました。

まずはひざ関節の太もも側。
そのままだと脚を曲げた時に高さが出過ぎるので、高さを減らしました。


ひざ関節は上下を逆にして使用します。
凸モールド側が下ですが、それを削り落として太もも側で使います。
また膝裏は削り落として膝曲げ時に干渉を少なくしています。


足首側も高さを減らすために簡単対応。

足首のPC接続のボスを適当にカット、足首PCをパスして、その中の凹みに直接差し込みます。
(キットが手元にないとわからない説明なのですが)

これでマステ無しでそれなりの形状を保てます。

太ももと干渉するふくらはぎパーツは干渉部をカットして適当処理。


で、これでいったん様子見。





これでほぼOKと思いますが、尻に10mmの台座を敷いてます。
土地の隆起でこの辺りはまぁOKだと思いますが、ジオラマ作製するときの障害になりそうなのと、ちょっと気分的にイマイチ。

このあと関節をさらに追い込んで、地べた座り出来るようにしてみました。
こんな感じ。




うん、やっぱり尻台座が無いほうがベター。これで行きます。

1/72フィギュアを置いてみて感じをみました(付属のハンク軍曹とアーロン曹長ではありません)

焚火シーンが目立つようにできるかどうかはかなり検討が要りますね。

お座り改修はこの辺りで良いかな。
あと頭部の後ハメ加工は済みです。

以降、各部の整面作業に入ります。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 秋のシネマ選... 秋のシネマ選... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。