部長職のお仕事
管理職としての日々と趣味についてです
 



既に夏休みに入っています。3日目。
アメリカ出張→中国出張→夏休み突入→来客・用事→今、と休み前からバタバタで、実質今日から夏休み気分。

さて、秋に向けての参加予定イベント。

「たのしむ展5」 8月15日(火)~20(日)


「NaGoMo6(名古屋モノづくりフェスタ6)」 9月26日(火)~10月1日(日)(コンテストは9/30)

「第4回千葉しぼり展示会 全日本シネマ選手権」10月28日(土)


まずは来週から始まる「たのしむ展5」
参加作品はHGUCミキシングで作製した紺色キュベレイ(いわゆるMKⅡ)
ざくっと撮影してツイッター投稿した画像を再掲します。
いいねを200以上もいただき、感謝とともに恐縮(汗)

展示ポージングを検討中の画像。本番は少し変えています。




組み上げ直後の画像。






2000番でデカール段差とり→2000番+4000番で粗研ぎ→タミヤ細目コンパウンド→タミヤ仕上げ目コンパウンド→ハセガワ コーティングポリマーの順で作業しています。
予定ではもっと映り込みをするはずだったのですが、途中でクレオスのムーンストーンパールを軽吹きしていることもあって、鏡面効果が少し弱い仕上がりとなっています(と言い訳...滝汗)

台座はハンズでかった90mm直方体木材と100mmデコパージュ台を組み合わせてベースを作り、クレオスのウィーノブラックを重ね塗り。
途中で研ぎも入れながらクリアを複数回吹きして、光沢を出しています。
目指すは黒檀風の台座でしたが、そこまでは至らず。

銘板はA-oneのマルチカードからシャンパンゴールド+アクリルプラ板で簡単作成(手抜きですw)

ポージングは定番(?) ちょっと禍々しい雰囲気を出したかったのですが、なかなか難しい。脚の絡ませ方がこれまた。ポージングも勉強もしないと。
明日、リョータさんの会場準備中に持ち込む予定です。梱包が不安定になりがちなので、手持込みがベターかと。

よろしければ会場で見てやってください。
光の加減でだいぶ印象が変わるので、この画像から9割引きの大安売り気分で見ていただけると幸いですw


で、続いて秋のNaGoMo6向け白キュベレイの作製準備の件。
秋と言いながら、もう残りひと月半。かなり焦ってます。

テーマ想定は「遺棄された巨人」

各部を損傷し、パージされた状態(作るのが面倒なくていいという利点を取った訳でもありません...多分w)

表面塗装もバキバキに剥がれるまでの損傷を受けているというところを、それこそ塗装で表現したく、クラックメディウムなるものを初めて買ったり。
ただ、使い方も知らないので、勉強しながらです(汗)

また、放置される場所が浜辺の想定なので、海を作る必要があります。
クリアレジンで作るか、ファレホのジオラマ用メディウムを使うか、これまた初めてなので勉強しながら。

さらには夕陽が当たっている状況を作るつもりなので(どこまで自分でハードルを上げているのか、書いてていささか恐ろしくなってきたw)、夕陽の当たり方とは何ぞやから、これまた勉強中。
色合いのイメージはこんな感じ。

やや薄く


赤みを強く


太陽や空を使わずに、周辺雰囲気だけで夕暮れ状況を表現するのはそもそも無理かなと、内心はかなり冷や汗。
ネットで夕焼けの描き方、夕焼け画像をかなり検索しましたが、まぁ夕日が写ってる、あるいは夕焼け空を描いているものがほとんど。
これ、まずいかなー

まずは色々試してみます....滝汗。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« HGUC REVIVE ... 秋のNaGoMo6に... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。