部長職のお仕事
管理職としての日々と趣味についてです
 



2016年の第三回千葉しぼり展示会「旧キット王選手権」に参加した作品の「ガリアンワールド」構成品の一つ、鉄巨人ガリアンです。
タカラの機甲界SAKシリーズの優秀さを感じたキットでした。

■ 鉄巨人ガリアン
















■作製記

タカラSAK 1/100ガリアンです。

高荷画伯のパッケージ画、カッケー!!! タカラのSAKガリアンシリーズはこのパケ絵だけでも「買い」だと思います。

今回、作製時のお役立ち本。
その1 新紀元社のコンプリートアートワークス「機甲界ガリアン」

何度も眺めました。

その2 デュアルマガジン

モチベーションUPに超お役立ち。30年以上前の模型誌ですがホント面白いし、得るものも多いです。

1.素組み
 

 
 四肢のバランスも良く、このまま関節位置を決め直すだけで、きちんとガリアンになってくれそうなキットポテンシャルです。


2.頭部
 作製後の感想として、ガリアンは優良キット!!!と強く感じますが、ちょっといただけないのが顔。
 箱を開けて、顔をみたあとでそっと箱を閉じようとしたことは内緒w

 キットの顔(既にちょっとヤスリを当ててるかもしれません)
 
 頬や前頭部、目の周り等々、気になる点をペーパかけして少しずつ形状変更。
 
 ヘルメットの下部も少し削り込んで短めにしています。


3.胴体・腰
 そのままでも良いのですが、ちょっと太めの感じだったので(このあたり個人的見解です。逆に太くする作り方もあったりするかもしれません)、胴体中央で数ミリ短縮。
 上部のパーツは3枚におろして胴体パーツに合わせて切断面で短縮してます。
 
 ちょっとわかりにくい画像ですが、胴体パーツは中央で幅詰め。
 画像はありませんが、あわせてハッチの白いパーツも幅調整しています。

 幅詰め前。
 

 幅詰め後
 
 ちょっと画像では微妙でしょうか...

 上部パーツの頭部回りですが、ここが平坦で、頭部が置いたように見える構造になってます。
 少し収まりが悪いので、頭部回りの部分をいったん切り離し、一段落とした形に加工しています。
 
 首の取付穴の周辺です。

 これによりあごが引けるようになりました。
 

 基本、腰はそのままです。


4.肩
 これもそのままで良いのですが、少しいかり肩にしたく、肩軸の位置を変えました。
 
 向かって右が加工後です。数mmほど軸位置を下げて、全体に肩が持ち上がるようにしました。
 取り付けるとこんな感じです。
 
 向かって右が加工後の位置。画像だと微妙ですね....
 
 画像では非常にわかり難いのですが、上記加工にあわせて肩の下部を、気持ちプラ板1枚分、延長しています。
 


5.脚
 ふくらはぎが高荷画伯のパケ画に比べると圧倒的に細いので、エポパテで増量しています。
 また飛行形態に変形機構を持つキットですので、その関係でひざ関節が長くなっている点が今一つ。
 画像の位置で切断して可動出来るギリギリまで短縮しました。
 
 また、太ももとのつながり部分がスカスカで、それもひざ関節が長く見える原因。
 
 太もも側でひざ関節をカバー
   
 
 各部凸ディテールが甘い状態だったので、いったん削り落としてプラ板で再生しています。
  

 股関節の接続部分はエポパテでオーラマルス(w)っぽく形状を作りました。


6.腕
 腕は基本的にそのままです。
 各所に大きな開口部があるので、一応プラ板でふさいだりしています。
 手はキットパーツを使用していますが、指周りは掘り込んだり、親指については無理やり切込みを入れながら角度を変えたりしています。


7.全体像
 

 サフを吹いたり剥がしたりしている最中の画像。
 なんとなく汚いこの感じのこの画像が実はお気に入りw
  


8.サフ
 


9.塗装
 塗装は下地にジャーマングレーを塗って、クレオス8番銀で全体にグラデーション(ぽい)塗装。
 赤部分はその上からガイアのブラッドレッドを銀ぽさとグラデの様子を見ながら少しづつ吹きつけました。
 銀の上にグラデを気にしながら色を乗せるのって難しい。ピンクぽくなったりして(当たり前なのでしょうけど...)アワアワ状態w
 設定の黄色部分は赤金に置き換えて塗装しています。
 白設定部分は銀色を活かしてそのままで、Mr.ウェザリングカラーのマルチブラックでフィルタ。


■あとがき
 第三回千葉しぼり展示会 旧キット王選手権に参加するために作製しました。ホント、この選手権には感謝しています。
 この選手権がなければなかなか手が付か無かったキットだったと思いますし、そのキットの優秀さも感じることがなかったかと思います。
 作製はホント楽しかった。
 もともと「機甲界ガリアン」はその設定、ストーリー、メカ、キャラとも大好きな物語ですが、ガリアンだけはどうもなじめなかったのが正直なところでした。しかし今回の作製を通して、鉄巨人、これ、カッケー!!!って自分のなかで認識が大きく変わりました。
 ガリアン、カッケー!!!



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« ディフォルメ... 旧キット1/100... »
 
コメント
 
 
 
かっけーO(≧∇≦)O (don)
2017-01-07 12:41:23
全体的にバランスのイイと書きながら

かなり触りましたね(^_^;)
たぶん
フツーに、入手できないかもしれないが
読み返して
自分がつくってるイメージだけでも
シロメシ2杯はいけそうです(^ー^)
 
 
 
ありがとうございます! (ti0719)
2017-01-08 08:29:55
donさん

こんににちは。コメントありがとうございます!

習性としてついついいじってしまいましたが、多分いじらなくてもOKのキットなんだと思います(確かに作製記と矛盾してますがwww)
お褒めいただけて嬉しいです。
ありがとうございます。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。