部長職のお仕事
管理職としての日々と趣味についてです
 



SDドライセン完成品UPいたします。

先日開催された、静岡ホビーショー第23回モデラーズクラブ合同作品展で、倶楽部ディフォルメ屋のZ/ZZ企画展示に出させていただいた作品です。
展示会ではドライセン含め、作品に対する沢山のご感想をいただき、本当にありがとうございました。

このドライセン、Z/ZZ企画展示向けに作製しましたが、ほとんど見た目はUCバージョンでの仕上がりとなりました...袖のエンブレムを消しただけ...(汗) aspさん、すみませんでした...

3月末からの作製ですので、作製期間はおおよそ2ヶ月となります。今年のGWはほとんどをこれの作製に充ててました。
なかなか追い込みに冷や汗をかいた作品ですが、展示会に間に合ってよかったです。


■AMX-009






















■作製記

初めてのドム系MSのSD化です。中でもボリュームたっぷりの超重MSドライセン。
設定身長22mの巨大MSだけあって、パッケージもボリュームたっぷりです。

静岡HSのモデラーズクラブ合同作品展、倶楽部ディフォルメ屋のZ/ZZ祭りに参戦のための作製でしたが、UCverを使用し、袖を削り落としてます。

ドム系だけあって、頭部はドム系BB戦士からという事で、三国伝太史慈ドムから軽装バージョンの頭部を流用することを想定し、作業開始しました。


ドライセンのボディーに太史慈ドムの頭を乗せるとこのような感じ...

これ、本当にSDになるのかぁ???というのが、この時点の率直な感想。これ無理だよね~

ドライセンのHGUCはその巨大なスカート、脚部、太すぎる腕で有名(?)ですが、それをイヤと言うほど実感しました(汗)


1.頭部

まずは頭部ベース。前述のように三国伝の太史慈ドムの軽装時の頭部です。


モノアイガード(フェイスガード)の赤いパーツをゲージに、HGUCドライセンのフェイスガードから寸法を取って、プラ板で作製。
とりあえずの暫定頭部です。


上記の暫定頭部はフェイスガード上部のテーパーが逆になっていたので、これを修正。
ゲージにした太史慈ドムのフェイスガードを(適当に)削除処理して、フェイスガードを完成。


フェイスガードと内部の頭部の距離が離れすぎているので、頭部のモノアイ面にエポパテを盛って、適度な面を作りました。
なお太史慈ドム頭部そのものは胴体との干渉面を処理し、頭頂部分を全体的に削り込んで、小型化および丸みを持たせています。
後頭部をぐるりと取り囲む凸部は、エバグリの凹形状プラ板を巻きつけて再現しました。
最後にプラ棒でアンテナを簡単に再現しています。




2.胸部

まずはキットの胸部です。
ドライセン特有の、胸部上面が急な角度を持って下に落ち込む形状および、胸部正面ダクト(?)がかなり下に位置しているという2点が、これをSD化するにあたっての障害になっています。


また胸部の厚みがかなりあって少しでも薄くしたいことから、まずは上部をギリギリまで削り込んで厚みを薄くし、上部をなだらかになるようにしました。
また、ダクト(?)位置を上に移動させるために、キットの正面上部の段差を削り込んで、ダクトを上に移動。
もともとダクトがあったところに出来る隙間の穴は、パテ等で埋めました。
横幅はSDとしてみると少し狭いので、プラ板で左右1mmづつ幅増し。


前後の厚みもSDとしては薄いので、前面をいったんカットし、厚み増しが出来るようにします。


プラ板で2mm厚み増し。大きなフェイスガードも上手い位置にハマるようになりました。




3.脚部

さて、とにかく巨大な脚部です。脚の脛部分だけでBB戦士の大きさがあります (汗)
これをやっつけるというのが、このドライセン作製の工程の半分を占めています。

脚部に使うのはHGUC脛パーツ。とにかくひたすら幅詰め、です。
下の写真は最初に5mmカットした時の画像。


1回目の詰めで、下の画像の向かって左になりました。これを何度も繰り返しました。


2回目の5mm詰めたときの画像。向かって左が2回目です。結局同じ工程を4~5回くらいは繰り返したかもしれません。


以下が脚部に関して今回の工夫の一つ。
単なる幅詰めではどうにもこうにもモッサリとした雰囲気で、とても扱える代物にはならなかったので、太史慈ドムの脚部を観察し、重心を後ろに逃がすことが効果的ではと考えました。
これを実現する方法の一つとして、途中で上下に分割し、下部に上部を突っ込んで、上下が重なるように接着。これで上から下への漫然とすたラインを変更し、重心を下と後ろに持って行けました。
この工作辺りで、何となくSD化出来そうな気がしてきました。


上下のライン取りはこの後も変更を繰り返し、本体組み付け時に分割ラインがディテールに見えるよう、上下位置を改善していきました(と言っても処理が汚くて...汗)
前に付く脛パーツも角度を最適化し、脚部と一体化するように改善(画像手前側が改善後)
う~ん、隙間処理が汚い~




4.足

巨大な脚に合わせて、ソールも巨大です(汗)
そのままでも取りあえずは脚部に付くのですが、あまりに大きいので、やはりモッサリ感を増長してました。
そこで、まずは幅方向を短縮。
脚部との接続のPC受けを基準に三分割。3mmほどは詰めたでしょうか。


幅だけでなく前後方向も詰めないと、脚部のフレアの中にソールがいっぱいに詰まっている感じになって、どうやってもスッキリ見えないので、前後2分割で詰めました。


前後の詰めた結果です。数ミリは詰めました。このくらい詰めると脚のフレアの中で空間が出来ます。
やはり空間って大事ですね。




5.スカート

脚部、ソールが巨大なら、それを覆うスカートも超巨大。
処理中の胸部とそのままのスカートの組み合わせ...なんじゃこれは???って感じです。
この時点で本当は放り出したい気分でした。


スカートをカットする前に、まずは中央のフンドシもどきを分割カット。
まずはここを短縮してみます。



この後、スカートの短縮に合わせてフンドシもどきも上下を短縮していきます。
スカートの短縮を繰り返すたびにこのフンドシも複数回短縮を行っています。


まずは一回目の短縮。凸および凹ディテールに影響を与えない所でカットし、幅詰め。
向かって左が一回目の短縮後です。


脚がフロントスカートの縁とリアスカートの縁に干渉して、うまく取り付けなくなるので、縁を適当に切り取ってます。


複数回詰めた後のスカート。向かって右がほぼ最終長さだと思います。
切断した下部の曲りの角度を、脚に合わせて調整しています。


リアスカートも超巨大なので、下側をカット&詰めます。
そのため、スライスターのカバーを切り離して上部へ移設します。これと下側のカットで長さ詰めの効果を出します。


上部へスライスターガードを移設し、スカートの下部をカットした状態です。
下部は、切り取ったスカート残部を再利用してスライスターの下部を埋めます。



スカート回りの最終まとめの画像です。
フンドシはプラ板でちまちまと最終形状まとめ。動力パイプはFGザクの頭部動力パイプを流用しています。




6.腕

腕はHGUCの腕パーツから生成。
まずはキットパーツのままで本体に取り付け。完全ゴリラです...(汗)
しかし腕もまた太いなぁー


二の腕は3分割し、中抜きで作製します。


前腕も真ん中あたりで短縮。中身の腕の基部構造も合わせて短縮しています。


この状態で本体で取り付けましたが、前腕の太さは相当なもの。ちょっとバランスが悪すぎるので、幅詰めすることにしました。


前腕の外装パーツを4分割し、それぞれの幅を詰めています。内部基部構造と干渉するところもあるので、適時干渉部分を処理しています。


上記を横から見たところ(画像ではわかり難いですね)



7.ランドセル

まずはリアル作製でも定番のトライ・ブレードの大型化。
手抜きでプラ1枚です。


ランドセル全体も幅増しして大型化させるため、各部をいったんバラバラに。


横幅を3mm程度幅増し。




8.全身

ほぼ工作の終わった状態です。
なんとか巨大な脚、足、スカート、腕の処理が出来ました。




9.サフ





10.塗装

何回も塗り直ししているので、最終調色は実際のところ不明です(汗)

本体薄い青紫:ガイアのラベンダをベースに、黒とシアンを追加し、薄い青紫に調色。
脛・手首:上記にシアン微量追加。
本体グレー:黒、青ベースにパープルで調色。
関節:ガンダムカラーのジオングレー。

すみません、正確なところは???です。一発で色出しが出来るようになりたいなぁ。それにはまずはメモを残すようにしないと...



■あとがき
初めてのドム系で超重MSという事もあり、従来のザク系SDの作製手法だけでは対応できずに、巨大な脚部やスカートを捌く方法を模索しながらの短期作成となりました。
途中、本当に何度となく投げ出そうかと思いましたが、何とか完成し、先日の展示会に無事出せてホッとしています。展示会では、沢山作品へのご感想をいただき、完成出来て良かったと思っています。
突貫でしたので、いつも以上に粗が多い作品となりました。このあたり作製速度を上げながらも処理を丁寧に出来るように鍛錬あるのみですね。
途中、かなり追い込まれたときに皆様のコメントに力づけられました。本当にありがとうございました。

コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )


« SDデュエル-Re... SDデュエル-Re... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (とと。。。)
2012-06-03 17:20:03
やっぱりこれ突貫製作の仕上がりじゃないですよね~...( = =) トオイメ

このドライセンを見てると、自分ももっとちゃんと下地処理して塗装したいって思います。

おつかれさまでした~
 
 
 
Unknown (さまにゃん)
2012-06-03 18:21:13
安定のプロポにかっこよさ

すごいの一言ですよ~~


ディエルもがんばってください
楽しみにしてます!!
 
 
 
ドライセン完成ですね (yottsee)
2012-06-03 18:28:19
こんばんは。yottseeです。

ドライセン、超特急で完成ですね。いやー、最初の頃に初期のSDドライセン使えばいいのではなんて投稿した自分が恥ずかしいです。

現在のデュエル、ついにMG切断ですね。ブログ見て笑、MGの切断は勇気がいります。

かっちょえーデュエルを楽しみにしてます。
 
 
 
Unknown (asp)
2012-06-03 21:05:16
製作記アップお疲れ様です。

会場でも注目されていた作品でしたから、それを実際に見れたことは、本当に幸せなことです。

キュベレイ、ドライセンともに、GWに突貫作業をさせてしまって、本当に申し訳ないと思って・・・・ます(笑
来年も突貫作業かもしれませんよ(ボソッ
だって来年は、袖付き仕様に変更らしいですからね!?
 
 
 
ありがとうございます (ti0719)
2012-06-03 22:10:33
>とと。。。さん、
ご感想ありがとうございます!
サフ後の修正は実際にあまりなかったように思います。捨てサフあとの修正でほぼOKだったかな。
それでも脚の段解け部分とか粗が目立つ所や、ダクトの塗装のスミ入れ部分のムラやふき取り不足など、アップ写真に耐えられない所もあり、ちょっと後悔ですねー
一発で決められるようにして行きたいです。

>さまにゃんさん、
こんばんは。コメントありがとうございます!
さまにゃんさんに褒められると嬉しいです。
初めてのドム系SDでしたが、いくつか試した方法が上手くハマってくれて、なんとか形に出来ました。
デュエルはこれまた初めてのMG流用と言う大それた作製で進めていますので、またよかったら見てください!

>yottseeさん、
こんばんは。コメントありがとうございます。
今回のドライセンは結局HGUCベース、太史慈ドム、あと一部FGザクで作製できました
ほとんどのパーツはHGUCからの切り出しで何とかまとまりました。
大型MSはしばらくはお腹いっぱいです。
デュエル、頑張ります。

>aspさん、
こんばんは。コメントありがとうございます。
静岡HS、改めてお疲れ様でした!ドライセンにも感想をいただけて、ホント頑張って展示出来て良かったです。
GW突貫作製は嫁の協力が無かったら出来ませんでしたが、次回はさすがに厳しいと思うので、余裕をもって作製したいと思います(笑)

 
 
 
うpお疲れ様です~ (yasutomo)
2012-06-03 22:52:53
こんばんは^^
ドライセン、難しいボリュームの機体をうまくまとめた傑作だと思います。
ドム系のラインが綺麗に出ていたと思います。

手本のバランスがないので、自分ではあっちいったりこっちいったり完成しないだろうななんて思ってしまったり・・・(笑

来年は袖付き仕様ですと!? あれをレリーフで彫るのですね!(ニヤニヤ

自分は連邦サイドでがんばります♪


ps.ついにMGつかったSD来るのですね(でゅえる)開拓記事楽しみにしていますので!
 
 
 
Unknown (m0717)
2012-06-04 09:15:57
こんにちは!
やっぱりこのドライセン最高です!!
これを突貫で制作できてしまうなんてサスガです。
腕のサイズとバランスにドキドキしちゃいましたw

制作記も詳細で、僕もモチベーションが上がってきました!
デュエルも楽しみにしています!!

リンクも快諾いただきありがとうございました。
これからもよろしくお願いします!!
 
 
 
UPお疲れ様です (SVX)
2012-06-04 21:30:10
キュベレイの時といい、
突貫でこのクオリティーは反則ですよー。

私の場合、悩み始めると、
ドツボにハマるので、遅々として進まなくなるんですよねー(汗)

デュエルでのMG投入は英断ですねー。
実は私もストップしているハイザック用に、
MGを確保済みなんですよ(笑)
正月明けくらいには購入したのですが、
やはり、頭部が気に入らなくて、
まったく手つかずです(汗)

静岡HS、ホントにお疲れ様でした。
 
 
 
Unknown (ti0719)
2012-06-04 22:11:41
>yasutomoさん、
こんばんは。コメントありがとうございます。
お褒めいただきありがとうございます!
作製には始終迷いが付きまといましたが、何とか完成して良かったです。脚の段差付け作業をしたあたりがターニングポイントだったような気がします。
来年の袖付きは海のザクか緑の憎いヤツ、になるのでは(笑)
デュエルは禁断のMG加工に手を付けてしまいました(汗)


>m0717さん、
こんばんは。コメントありがとうございます。
突貫と言っても約2ヶ月かかってますし、GWのほとんどを作業に回したので、休日カウントで行くと約3ヶ月ちょっと分でしょうか。
お褒めいただき、頑張って作製した甲斐がありました。
デュエルの頑張ります。またよろしくお願いします!


>SVXさん、
こんばんは。コメントありがとうございます。
お褒めいただきありがとうございます!
脚部の段差処理などかなり粗くて、アップ画像だと非常に苦しいです(笑)
全体バランスは短い時間のなかでそれなりにまとめられたかなとは思いますが、最大の課題がモノアイを取り付けるとホント一つ目小僧にしか見えないという点(汗)
デュエルは初めての試みなので、ドキドキしますが、MGにノコの歯を入れる贅沢を楽しみたいと思います。
 
 
 
カッコいいww (nicol)
2012-06-05 21:36:13
見事にドライセンの難所である足をHGパーツのみで仕上げましたね。本当にすごいです!!
それにしてもドライセンかっこいいですね
ti0719さんの作品を見てるとジオン系のSD作りたくなってしまいますwww

生で見たかったなぁ・・・
 
 
 
Unknown (なすお)
2012-06-06 19:30:15
ジオン系SDの新境地を見事に見せていただきました

全身のバランスはもちろんですが、特にあの大ボリュームの下半身がちゃんとSDになっているのは神業としか。。。

今回は特にSHSで実物を拝見できて良かったです。
次回作もまた別方向の新境地が見られることを楽しみにしています^^
 
 
 
ありがとうございます (ti0719)
2012-06-06 22:05:38
>nicolさん、
こんばんは。コメントありがとうございます!
最初にドライセンの脚を仮組した時は、後悔でいっぱいでした...何でドライセンをやるなんて言っちゃったたんだろうって。
スカートの仮組をしてさらに後悔が加速。こりゃダメだ~ってのが、その時の思いでした(笑)
でもやってみると何となく知恵が湧くものでして、100点満点では無いですが、結局は何とかなりましたね。
nicolさんも是非ジオン系にトライしてみてください。


>なすおさん、
こんばんは。コメントありがとうございます!
ドム系とザク系は違うようで一緒のところもありました。 振り返ってみると、脚部の考え方、処理の仕方は一緒でしたね...例えば脚の脛パーツを利用して、そこに段差を付けるという大枠の考え。これはザク系で始めたことですが、結局ドム系も同じでした。
諦めずに手を動かせば、最終的に物は出来上がる、というのが今回のドライセンで学んだ最大の教訓(?)です(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。