部長職のお仕事
管理職としての日々と趣味についてです
 



旧キット1/72ドラムロの完成作製記をアップします。

バーン・バニングスの登場ABをズワァースから逆順に追って作製してきましたが、ついに劇中の最初の搭乗機であるドラムロまで来ました。
このドラムロ、第一話での登場シーンとその活躍はABというものを一目で理解させた素晴らしい演出だと思いました。
今回は当然、バーンの乗機である赤いドラムロです。

キットは1/72の中ではかなりの良好なキットで、ドラムロの雰囲気をうまくとらえていますが、それでもイメージギャップが大きいので、設定画と竹谷隆之さんのドラムロスケッチを終始眺めながらの作製となりました。


■オーラバトラー ドラムロ



















■作製記

元のキットです。


斜め俯瞰


悪くはないのですが、この設定画と比較するとやはりそっと箱に戻したくなります。

※ちなみにこの設定画はトッド用ドラムロです...

この設定画のドラムロはホントかっこ良いなぁー

もう一つ自分の中でドラムロというとこれ。

竹谷隆之ドラムロ!
このデザイン、素晴らしいです!!!


1.胴体分解
 元のドラムロのキットの面構えをじっくり見るとやっぱり違うーという感想です。

 このままではやっぱり厳しい。
 異なると思う点
 ・頭部形状
 ・胸のはり
 ・肩の位置
 ・コンバータの胴体との接続位置
 ・コクピット形状とその横のツノ(?)の厚み

 キットの一体型の整形状態では作業がやり難いので、各部をバラバラにしました。

 まずは頭と肩の切り離し。


 コクピットの切り離し。


 切り出した各部についてそれぞれ加工整形をしていきます。

2.頭
 頭部はやや楕円の変な形状をしているので、後頭部にパテを盛ってドラムロらしい円形の頭にしました。



3.胸部
 頭部との整合を図りながら、薄い胸板をエポパテで厚くしていきます。


 他の部分の作業も済ませた後の画像ですが、最終的に胸部は多少のアレンジも入れて、このような感じにパテで仕上げました。



4.コクピットハッチ
 キットのままだと何かもさっとした印象でしたので、これを二つに分断。


 八の字に幅詰めをしました。




 コクピットハッチの横のツノです、そのままだと細いのでプラ板とエポパテで根本だけ幅増し。



5.腕・肩
 腕で問題になるのが爪。
 キットの四角い棒のような爪からイメージの爪を作るのは非常に難儀なため、ココだけは別キットの手を借りることにしました。
 爪のベースはHGUCズゴック。
 ズゴックの爪の横に0.5mmのプラ板を貼り、爪の先端の角度を変えました。

  
 角度出しとか結構面倒(笑) 6本もやると飽きっぽい私には苦行でしかありません。


 竹谷ドラムロのテイストを入れたく、前腕を少しだけ延長しました。
 この辺りで切断。


 このくらい延長してます。


 前腕にはエポパテで力こぶを追加。
 また肩は内側を薄く削りながら、外側のラインをエポパテで変更してます。



6.脚
 脚は足首(?)を修正しました。
 ダラっとした甲の角度が気に入らなかったので、前部の角度を変更してます。


 整形して元と比較すると数mm程高くなってます。

 元キットのドラムロはかなり背が低いのでこれくらいかさ上げしてちょうど良い感じです。

 脚部と足首は少し外側にオフセットしてアルミ線で接続。



7.コンバーター
 形状が少し違う気がしたので、胴体側のラインを少し変更しました。
 向かって右側が形状を変えた状態です。



8.全体像
 作業終わったとき、おおよそこんな感じです。



9.サフ画像+元キットとの比較。
 だいぶ雰囲気が元のキットと変わりました。



10.塗装
 下地としてミッドナイトブルーを塗ってあった上から、ガイアのスカーレットをグラデをきつめに。
 その上からクリアーレッドでムラが出るように赤みを増して、さらにクレオスのモザンレッドをしゃびしゃび状態で吹き付け。
 ハッチはカーキーグリーン。
 グレー部分は何回かやり直してます。ちょっと記憶が定かではありません(すみません)


■あとがき
9月に行われたNaGoMo3のコンテストのメイン展示用に完成させ、11月のモデスポエキシビジョンのAB展示にもって行きました。
おかげさまで沢山のご感想をいただく事が出来ました。ご覧いただいた皆様、本当にありがとうございました。
非常に小さい作品ですが気合だけは詰まってます(笑)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 旧キットAB... 旧キットAB... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。