らんげるはんす島

ミトコンドリアにゴルジ体、たどりつけるか、らんげるはんす島

セル付MTシャリー、ほぼほぼ完成

2017-04-23 22:32:37 | CF50S
奥さま所望のセル付MTお買い物バイク化のシャリー、ほぼほぼ完成です...



仮組みしたエンジンでは、クラッチワイヤーの取り回しに難があったんですが、先にクラッチワイヤーを取り付けてから、エンジンを搭載することで、なんとか所定の位置にワイヤーを収めることに



エンジンの載せ方は、試行錯誤した結果、エンジンマウントの後ろを先に入れといてから、上部のマウントを入れることで比較的簡単に載せられました

知恵の輪みたいです...



エンジンが載ったら、セルモーターへの配線を組みます

バッテリーとスターターリレーからの配線は来てますので、セルモーターへの配線を取り付け



接続用のカプラーはよくある250型ではなく、一つ上の305型を選択

多分、ジョルカブとかマグナ50とかで使ってるやつです

セルモーターのプラス端子には、気休めでカバーを設置



セル関係の配線も、エアクリからのホース上あたりに置いておくことに

燃料フィルターとかいろいろとありますが、フレーム内に収めないといけないので、やはり知恵の輪...



今回は、純正の負圧キャブから、ジョルカブとマグナ50のミックスキャブにしたんで、エアスクリューとアイドル調整用のネジがすんごい微妙な位置にあって、積載状態やと調整に難儀することに...



懸念のクラッチワイヤーは何とか無事に収まってます

紙一重って感じですかね



マフラーをつけたら、だいぶ形になってきました



手持ちの420チェーンを適当にカットして、チェーンを張ります

これで駆動がかけられます



ちなみに、なくてもなんとかなるけど、あると結構便利やったりする工具

チェーンクリップ専用プライヤー

噛み合いに段差があるんで、クリップの取り外しや設置にはとっても便利です



仮組みした時に、ワイヤー類の取り回しに難があったんで、再検討

できるだけテンションがかからないようにハーネスとワイヤーの経路を見直します



アイドリングが不調やったんで、キャブを外してジェット類の点検

アイドリング不調は、スロージェットが一部詰まっていましたorz

エアーを吹いて、詰まり解消

仮組みで試走した時に、アクセル開度中間から全開でやや息継ぎというかボコついてる感じがしたんで、メインジェットの番手を見ると、80番がついてました

CL50のノーマル状態とかやと70番が標準なんで、ヘッドが50用と違うということを考慮して、とりま手持ちのジェットから75番を選択して取り付け



中華エンジンの鬼門、オイルも交換しときます

よくあるネット情報とかでは、中華エンジンにはじめから入ってるオイルは、サラダ油かと間違うぐらいのシャバしゃばオイルみたいですが、このエンジンにはねっとりした普通のが入ってました

エンジンを買った業者で入れ替えてたんですかねぇ

それとも、中華品質が向上してるとか...



交換したオイルは、巷で評判のAZのバイク用オイル10w-40です

4Lで2,000円少しという破格値ですが、ユーザー評価とかはなかなかイイみたいです



部品検索したら、外装で新品が出たレッグシールドです

20年前のバイクですが、外装で新品がでるとは、なかなかやりますね



無事にレッグシールドが取りつけました



お買い物バイク感がグッと増しました



しかし、フレーム内に色々と収めないといけないので、小さなフレーム内はほんま知恵の輪状態です

めっさ整備性悪いです...orz



スプロケカバーは、エンジンに付属してたのを取り付けようと思いましたが、一部がフレームに当たるので、ヤスリでガリガリと削ります



結構大胆に削って、なんとか取り付け

ただし、純正のチェーンカバーとの間が大きく開いてるのはご愛嬌

これ、なんのカバーのコピーでしょう?

カブかマグナ50あたりなんですねかねぇ



ここいらで、ナンバーの登録をして、久方ぶりの白ナンバーを貰ってきました

下駄がわりのお買い物バイクなんで、奥さまはこれでOKだそうです



ホーンはヤレ具合がひどかったっんで、手持ちの部品の中からトヨタvoxy純正のホーンを

車用なんで、防水具合がいまいちですが、雨の日には乗らないので、これでOKということに

ただし、音量は倍ぐらいにうるさくなりました...orz



これにて、ほぼほぼセル付MTシャリーができました



写真では、なかなかの見てくれになってます



新しく設置したクラッチレバーとかは、ホンダの他車種流用なんで、ほぼほぼ見た目は違和感ないです



クラッチレバーをつけた左スイッチ関係は、ホンダ・ジョルカブです

ワイヤー引きのチョークレバーが必要やったんで、これです



セルスイッチが必要になるんで、後付よりも純正流用ということで、ホンダ・トゥデイのを選択

てか、ホンダのスクーターとかやったらだいたいOKでしょう



レッグシールドに隠れてますが、下セルです



カブとかマグナ50とかの上セルはよくあるのですが、下セルのは中々見ないです

なんでもコピーの中華物ですから、上下選び放題でしたわ



リアビューです

兜フェンダーよりも、リアはこの泥除け付きのが好みです

ほぼほぼ完成したんで、そろそろ自賠責に入って、公道デビューで調整しませうか...
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エンジンをのせてみる | トップ | MTシャリー、ロールアウト試... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中華エンジン (chiharu)
2017-04-24 17:49:03
中華エンジン使えそうですね。

ネットで見たら何種かあるんですね。
内のガレージにあるマダスも直して頂きたいです(笑)
Re:中華エンジン (サンダーおいおい)
2017-04-24 21:11:20
試走した限りでは、普通のエンジンでしたわ

ギアが入りにくいとかいう情報もありますが、このエンジンではそんなに違和感ありませんし

あとは耐久性ですかねぇ。って最近のホンダは中華品質に落ちてますから、どっこいどっこいなのかも

コメントを投稿

CF50S」カテゴリの最新記事