表裏一体

表の話題も裏の話題もひっくるめて適当に語る徒然日記

受ける側の立場ってのは。

2017-05-16 23:49:04 | 呟き
たとえば、スーパーで買い物をする。

たとえば、電話で商品を注文する。


こちらは一人の客。


客からしてみれば相手は誰であれ『売っている人』である。


けれど『売っている人』でもバイトかもしれないしベテランパートかもしれないし正社員かもしれないし派遣社員かもしれない。


だから「『一人の社員』として誠意を持って」なんてスローガンがある会社もある。


言い分はわからないでもない。



ただ、相手から見れば平等に『売っている人』でも、やはり立場が違えば給料も違う。

それで「同じ意識を持って」と言われるとちょっと理不尽さを覚えないでもない。



何かが起きた場合のフォローを踏まえてのことでそのお給料ならいいけど、その意識が無ければ単純にプレッシャーにしかならない。


そういうのを乗り越えてこそとは言うけれど、環境に恵まれないとやる気も起きないのが現実であろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 番組自体が夢だった。 | トップ | 焦った割に。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL