表裏一体

表の話題も裏の話題もひっくるめて適当に語る徒然日記

真っ平御免。

2017-06-17 23:01:46 | 呟き
セカンドハウス生活は頓挫中の天臣です。

随分久しぶりに引いたおみくじで「転居は控えよ」と出たのを結構引きずっています。


とは言え、親と反りが合わないのはひしひしと感じています。


今日もそんなことがありました。

とある時刻に『来客』があることはわかっていました。


たとえば「17時」としましょうか。

先方の都合もあるのでちょうどの時間とは言いませんが、その時間を過ぎたらすぐ玄関に出られる(あるいは気づく)場所に居るものだと思います。
来るのがわかっているのに、まだ来ていないのに、ベランダに出て植物の世話とか。


そんな時にドアがノックされて、呼びに行く。

「誰かが来るのがわかってるのにベランダに出るってどういうこと?」

と、私は言いました。

「出てくれたっていいじゃない。人間なんだから」

と、母は言いました。


その時間に約束を取り付けたのは自分だよね?

そして自分の「人間」として人を待つマナーはどうした(-"-)。


人をアラームのように扱った上で文句を言うのに「思いやりが無い」とか言われてもさ、思いやりを持つ気にさせないそっちはどうなんだろうという話。



そして、セカンドハウスは諦めたわけではありません。

姉が別で住んでいて(別々でないと私がストレスで壊れる)、もっと安いところに移ることになったら私がそこへ入れと言う。


姉のおさがりなんてあらゆる意味で真っ平御免ですよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだ手は出せない。 | トップ | 曜日感覚。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL