表裏一体

表の話題も裏の話題もひっくるめて適当に語る徒然日記

確認し過ぎて記憶が曖昧。

2017-01-25 23:06:48 | 生態記録
とある件をきっかけに、強迫障害の気が増した気がします。


以前は調子の悪い時にだけ飲んでいた抗不安薬を飲む頻度も増えた気がします。


まだやらかしていないことでさえ、『もしもやらかしたら』を気にして肩凝りにまで響きます。


くどいほど確認をしています。

声に出すと良いというのはわりと確かなようです。

それでも、毎日同じ作業がある為『その記憶』がいつのものであったか曖昧になって結局不安になるという。


確認した記憶しかないのに……なんてことは前にもありました。
上司に相談しても呆れられるだけです。


強迫性障害の行動療法として、確認の数を逆に減らして自信を付けるというものがあるようです。


それで自信が付くなら良いことだと思いました。


ただ、自分だけが痛いならともかく。
お金で解決できるならともかく。


社会人としての信頼が関わっていたりとか。
どれだけお金を積んでも物理的にどうにもできないこととか。


ミスの無いことと完璧であることはまたちょっと違います。


完璧である人間は居ないとわかっていながら迷惑をかけないように、と思うと結局ループから抜け出せません。


それが休日にでも起こり得るので問題です。


そして調子が良いと病院へ行く気も無くなって何も進展しないという。


軽い抗不安薬で済むうちにどうにかしたいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« せめてもの救い。 | トップ | 交通手段に悩む。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生態記録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL