東海林直人のゴロテマ日本史

語呂合わせでテーマ史を記憶するので「ゴロテマ」です。YOUTUBEのゴロテマ、三省堂刊「ゴロネコ日本史」もヨロシク。

地方制度改革◇C近現492

2017年05月14日 09時23分04秒 | 入試対策講座

□近現492.地方制度改革   ◇C

[ゴロ]軟派だった/もっせいパパは/山形市長

(旧郡区町村編制法1878)(モッセ・1988)(山県有朋・村制)

[句意]
1.(かつて)軟派だったもっせいパパは(今)山形の市長です、という句。「もっせい」は「もっそりとした」という意味の東海林の造語です。

[ポイント]
1.1878年の地方制度は、モッセの助言で山県有朋中心に、1888年市制町村制公布から改革がすすめられた。

[解説]

1.これまでの郡区町村編制法1878)に替わり、1888年には市制町村制が、1890年には府県制郡制が公布され、制定された。

2.郡区町村編制法三新法の一つで明治政府最初の統一的地方制度地方制度だった。これをドイツ人顧問モッセ(グナイストの弟子)の助言を得て、山県有朋中心に改革した。

3.その結果、地域の有力者を担い手とし、政府の強い統制下におかれた地方制度が確立された。

2017同志社大・全学部:「
 憲法制定については伊藤博文を中心にして準備が進められたが、地方制度の改革については1886年に来日したfドイツ人顧問の助言を得て( g )が中心になって進められ、1888年制定の市制・町村制につづいて、1890年には府県制・郡制が公布され、日本独自の地方自治制が確立された。

【設問f】下線部fに関して、ドイツ人顧問の人物名を次のうちから1つ選べ。

 1.シュタイン 2.ベルツ
 3.モッセ 4.グナイスト

【設問g】空欄( g )に入る適切な人物名を漢字で記せ。この人物は1873年の徴兵令の制定に尽力するなど、近代軍制の基礎を築いたことでも知られている。」

(答:f3、g山県有朋)〉

2016立命館大・全学部2/3:「

 一方で地方制度も整備されていった。1888年には7市制・町村制が、1890年には府県制・郡制が制定され、地方自治制度が導入されたが、8内務省から派遣された政府官吏である府県知事や郡長が強い権限をもった。

問s 下線部7に関連して、市制・町村制の制定に尽力したお雇い外国人は誰か。もっとも適当な人名を下から一つ選べ。


 あ モッセ い ボアソナード
 う シュタイン え コンドル


問t 下線部8に関連して、内務省が廃止されたのはいつか。西暦年で答えよ。」

(答:sあ、t1947年)〉


2015大学入試センター:「

 下線部a海外における当時の先進的な知識などを日本に導入した者もいたに関して述べた文X~Yと、それに該当する人名a~dとの組み合わせとして正しいものを、下の1~4のうちから一つ選べ。

 X 政府の顧問として、地方自治制の整備にあたり助言を与えた。

 Y  フランスに留学し、印象派の画法を日本に持ち帰った。

 a シュタイン(スタイン)
 b モッセ
 c 黒田清輝
 d 荻原守衛


 1X-a Y-c
 2X-a Y-d

 3X-b Y-c
 4X-b Y-d」


(答:3)〉

ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 華族令から枢密院◇B近現491 | トップ | 憲法起草(関係者4人)の覚え方... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

入試対策講座」カテゴリの最新記事