私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

鳩山友紀夫氏から元総理の肩書きを消したいものだ

2016年11月02日 21時39分39秒 | 民進党(民主党)

鳩山元首相、「由紀夫」から「友紀夫」へ改名していた…「友愛の友に変えました」

2016/11/01

 鳩山友紀夫元首相(69)が31日放送のテレビ朝日系「橋下×羽鳥の番組」(月曜・後11時15分)に初出演し、総理大臣や官邸にまつわる“秘話”を明かした。

 冒頭で司会の羽鳥慎一アナウンサーから、名前が「由紀夫」から「友紀夫」に変わったことを問われ、「友愛の友に変えました。総理をやる前にやっといたら、もう少し長かったかも」と字画などから総理辞任後に改名を決断。8か月だった任期が伸びた可能性で笑いを取った。

 「総理時代に生命の危険を感じたことは?」との問いに、「直接の身の危険はなかったが、さきがけの時には、ピストルの弾が郵送されてきました」と仰天エピソードを明かした。

 また、「平成ノブシコブシ」の吉村崇(36)から、“都市伝説”とされる有事の際のシェルターについて問われると、「官邸の下に危機管理の部屋はあります。24時間日本の安全守る体制はある。シェルターに関しては聞いたことがない」と専用シェルターの存在については否定した。

 また、「UFOを研究する機関は?」との疑問には、「宇宙人は私です」とひと言。「日本の政府関係では研究していないと思います」と語った。
(スポーツ報知・yahoo二ユース)

 (引用終了)


 民主党は民進党と党名を変えたものの、所属議員のほとんど変わっていないことから、民主党時代と同じように無能ぶりを晒しており、対案を示さず、何でも反対することが野党の責任だと思っているようで、反対だけならば誰でも出来るが、民進党としてはこのような考えを持っていることを示すのが野党としての責任ではなかろうか。

 そのような民進党が民主党時代に政権政党となったことがあると言うのだから、信じられない話で、当時の偏向マスコミは民主党政権が誕生するように後押しをする世論操作を行って「一度、民主党に任せてみよう。ダメならば代えれば良い」とする報道を繰り返し、国民を騙した訳で、通販のお試しセットではあるまいし、国家運営を「試しに任せてみるか」との軽い気持ちで投票行動しては後悔すると、多くのブログや掲示板などで警告する方がいたが、残念ながら国民の誤った判断により政権交代が実現し、約3年4カ月に及んだ悪夢の民主党政権が続くことになったのである。  

 当時の民主党の代表は鳩山由紀夫氏であり、上部に掲げてある選挙ポスターは政権交代を訴える鳩山氏なのだが、このポスターを初めて見たときの印象は「この人の目はおかしい」であり、「目は心の鏡」「目は人の眼」「目は口ほどに物を言う」とのことわざがあるように、まさに精神疾患の症状が出ている目であったからで、その鳩山氏が総理では日本が滅びるおそれがあると何度も警告を発した記憶があり、現実に国力の衰退を招いたからである。

  鳩山氏は総理を8カ月で投げ出したが、その影響は未だに残っており、それは沖縄の米軍普天間飛行場の移設の件で「最低でも県外」と、既に決まっていた名護市辺野古への移設を反故にする政策を掲げて沖縄県民を騙し、民主党への支持を訴えた訳だが、 結局は抑止力の観点から辺野古しかないことを理解したものの、鳩山氏が余計なことを言ったためサヨクによる移設反対運動が未だに続いている。

 スポーツ報知・yahoo二ユースによれば、その鳩山氏が31日放送のテレビ朝日系「橋下×羽鳥の番組」(月曜・後11時15分)に初出演し、総理大臣や官邸にまつわる“秘話”を明かし、冒頭で司会の羽鳥慎一アナウンサーから、名前が「由紀夫」から「友紀夫」に変わったことを問われ、「友愛の友に変えました。総理をやる前にやっといたら、もう少し長かったかも」と字画などから総理辞任後に改名を決断。8か月だった任期が伸びた可能性で笑いを取ったそうである。  

 改名したとしても、無能者は無能者のままであり、民主党が民進党に党名を変えたからとしても相変わらずの無能政党であるのと同じで、今では政界を引退し、ただの一般人なのだから、何を言っても無視すれば良いのだが、それでも元総理との肩書きを消すことは出来ないから困ったもので、例外として世界に恥を晒した総理経験者だからと何とか消すことが出来ないものかと思っている。

 総理経験者だし、当然ながら顔も名前も知られているので、その言動が注目されるのは仕方ない。今でも思い出すが、当時の偏向マスコミは、鳩山氏の無能ぶりが分かっていながら持ち上げざるを得なかったからで、それは自分らが世論操作して作った政権だったから批判は出来ず持ち上げるしかなかったのだが、そのような悪夢の民主党政権で国民は偏向マスコミが後押しするような政党はダメだとし、同じ間違いをしないことを悟ったのである。
(2016/11/02)

写真:民主党時代に政権交代を訴える鳩山氏

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 支那の脅威が難しくて分から... | トップ | 違法操業中の支那漁船に威嚇... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本史から消えて欲しい政治屋 (HAKASE (jnkt32))
2016-11-03 16:18:24
お疲れ様です。拙方も、土鳩山元総理のTV記事を載せましたが、概ね貴見解と同一ですね。
本当に、元総理の履歴を抹殺してもらいたいし、それができなければ、
日本史と歴史教科書から永遠に消えて欲しい。あの感じでは、TVには二度と現れないでしょうが。
>HAKASE(jnkt32)さん (forest(管理人))
2016-11-05 07:05:45
コメントありがとうございます。鳩山元総理は憲政史上最低の総理で、菅元総理は同じく最悪の総理で、民主党がいかに人材がいないか分かると言うものです。悪夢が続いた民主党政権時代を歴史から消して貰いたいものですね。
まさに『しくじり先生』 (成田あいる)
2016-11-05 08:24:21
お疲れ様です。
そういえばいたんですね、鳩山氏。この記事と写真見るまですっかり忘れていました。
「友紀夫」に改名していたなんて、知りませんでした。
ちっとも話題になっていなかったもので(笑)

しかし、なかなかのキャラですね。
いっそ、「お笑い」にでも転向してはどうでしょうか(笑)
この人、橋下徹氏の番組と言うことでオファーがあったのでしょうが、出るべき番組を間違えたんじゃないでしょうか(笑)
同じ局の『しくじり先生』の方がお似合いです(笑)

何しろ、政策でもご自身の「子ども手当」の件でも、さらには普天間移設の件でも何においても「しくじって」しまったのですから(笑)
鳩山政権の「しくじり」は、民主党政権の「終わりの始まり」をもたらし、民主党自体の「しくじり」に繋がってしまいました。
そしてご自身も総理としても、政治家としてもまさに「しくじって」しまいました。

さらに普天間移設での「しくじり」は、沖縄の基地問題をなおもこじらせています。
これらの、ありとあらゆる面での「しくじり」が、今に至るまでずっと尾を引いていると思います。
>成田あいるさん (forest(管理人))
2016-11-06 21:34:59
コメントありがとうございます。改名しようがしまいが、元々おかしい方ですから、良いことはなく、これからもアホなことを言い続けることでしょう。民主党が与党になって最初の総理だった訳ですが、他の方であれば、民主党政権はもう少し続いたような気がしますが、そもそも、代表になる資質もない方が、間違ってなってしまったことから総理にもなってしまったもので、選挙で大勝した際の鳩山氏の目を見た時の印象は、まさに不安で仕方ないと言えるもので、予想した通りになりました。沖縄の基地問題もいまだに混乱しており、政権交代がなければ、普天間は辺野古への移設を終わっていたでしょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

民進党(民主党)」カテゴリの最新記事