私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

軍事力の背景がなければ北朝鮮との対話は成立しないが

2017年05月16日 20時38分26秒 | 日本共産党

共産・志位和夫委員長「外交的解決を」「対話の機運広がっている」

2017/05/14

 共産党の志位和夫委員長は14日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて談話を発表し、「解決の方法は外交的解決しかない」として、核問題に関する6カ国協議の再開などによって事態を打開するよう求めた。

 志位氏はミサイル発射について「世界の平和と安定にとっての重大な脅威であり、累次の国連安全保障理事会決議などに反する暴挙であり、厳しく抗議する」と指摘した。

 一方で、米トランプ大統領が「適切な条件」のもとで北朝鮮と対話の用意があると言及したことなどをあげ、国際社会に「対話の機運が広がっている」と指摘。「経済制裁の強化と一体に、北朝鮮との外交交渉に踏み切り、外交交渉のなかで核・ミサイル開発放棄を迫ることが大切だ」と強調した。
(産経新聞) 
 
(引用終了)


 韓国では、北朝鮮に優しく反日姿勢が顕著な文在寅氏が第19代大統領に就任したことと、支那の習近平国家主席が提唱するシルクロード経済圏構想「一帯一路」に関する国際会議が北京で開幕したのを祝うかのように、北朝鮮は14日、弾道ミサイルを発射し日本海に落下したようで、日本の排他的経済水域(EEZ)の外側とはいえ、まさに日本は北朝鮮の脅威に晒されている訳である。
 
 北朝鮮が弾道ミサイルに搭載可能な核兵器の開発に成功したならば、日本は、それを独自で抑止する手段を保有していないことから、もし核攻撃を示唆されれば、日本は戦わず負けることになるし、また米国が北朝鮮攻撃を躊躇しているのは、核による反撃を恐れているからに他ならない。なぜなら、北朝鮮の基地外相手となれば核戦略に関する概念である相互確証破壊は通じず、米国の核報復により自国が壊滅することが明らかであるにも関わらず、核兵器を使用する可能性は高いと言えるだろう。
 
 香港のメディアによれば、北朝鮮が核廃棄を条件に10年間に毎年600億ドル(約6兆円)の無償援助を、米国、支那、日本、ロシア、韓国などに要求しているとのことだが、カネを貰えば北朝鮮は核廃棄するとは思えず、逆にそのカネが核開発の資金になるだけで、今まで約束を守ったことなど一度もない国なのだから、論議すること自体が無駄である。 
 
 そのような北朝鮮と対話によって弾道ミサイルや核開発を中止させることは不可能であるにも関わらず、共産党の志位和夫委員長は14日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて談話を発表し、「解決の方法は外交的解決しかない」とし、米トランプ大統領が「適切な条件」のもとで北朝鮮と対話の用意があると言及したことなどをあげ、国際社会に「対話の機運が広がっている」と指摘したと産経新聞が報じている。
 
 北朝鮮のどこを見て「対話の機運が広がっている」と思うのか指摘して欲しいもので、まさか、毎年600億ドルのカネを恐喝しようとしていることとは思えないし、それでも志位委員長が外交的解決というのであれば、憧れの国であろうから北朝鮮に是非とも行って欲しいもので、また対話ならば出来るのであろうから、北朝鮮に拉致されている日本人被害者を一人でも連れ戻して来たら共産党の評価が上がるのではあるまいか。
 
 拉致被害者が奪還出来ないのは、日本には軍事力という背景がないため北朝鮮から相手にされていないからであり、だから、対話が成立するためには日本も圧倒的な軍事力を保有するしかないだろう。自衛隊の廃止する党綱領に掲げている共産党が、もし軍事力をなくし、平和憲法を掲げるだけで国家国民を守れると本当に思っているとならならば、共産党の主張は新興宗教の念仏のようなもので何の役にも立たないだけでなく、日本のことなど何も考えていない政党だと言えるし、民進、社民も同様である。
(2017/05/16)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国国民の多くが慰安婦合意... | トップ | 高齢者ほど反自衛隊を掲げる... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
軍事力の裏付けなしの外交は絵に描いた餅 (山の管理人)
2017-05-16 22:46:09
外交は自国の国益に基づいて行うべきものであって、相手国の国益は自国の国益を損ねない程度に落し所を探ることと思いますな。
ただ外交を展開するにあたって、軍事力の裏付けがあるとないでは全く違いますな。
日本に軍事力(を行使する)の裏付けがないばかりに北朝鮮はミサイル撃ちまくる、竹島は韓国に侵略されたままです、尖閣では中国公船による領海侵犯が毎日のように起こっています、海底ガス田についても中国は日本との協定を結んでいながら無視して天然ガスを盗掘していますな。
これら全て、日本の外交に軍事力行使の裏付けがないからでしょう。
おかげで日本の国益は毀損される一方です。
憲法9条など、日本の軍事力行使を縛るだけで韓国や中国、北朝鮮などには好都合でしかないのでしょう。
利害が対立している場合の外交では、相手国に対して強制力を持たなければ話し合いは出来ても国益を守ることは出来ない、その裏付けは今も昔も軍事力の裏付けしかないということですな。
悲しきかな、日本の周囲の殆どの国は公正も信義もない国ですから憲法の前文にある前提は崩壊していますから、日本の経済規模や国家規模を考えると、日本は相応の軍事力と軍事力行使の裏付けを持たなければなりませんな。
結局、外交にしろ経済にしろ国家間の事になれば最後に拠り所となるのは軍事力の裏付けなんですな。
まぁ、自分たちの国民を守ることが出来ないような国は他国から信用されないということでしょうな。
北鮮の脅威を認めない日共 (HAKASE(jnkt32))
2017-05-17 13:12:59
お疲れ様です。昨今の北鮮脅威に関する、日共の屁垂れ姿勢は、もう見聞きもしたくないレベルですが、
未だに「半島北部に差し迫った脅威はない」との嘘見解を、未だに撤回していないと心得ます。

「解決の方法は、外交的解決のみ」と言い張りますのは、
これも未だに放棄していない、武力革命の可能性が高まった時の、
北鮮や中国大陸との(軍事的)繋がりを確保しておきたい意図でもあるのでしょう。

これで日共が、破壊活動防止法に既定の「要監視団体」の対象から
外す訳には行かない理由が理解できると、拙方などは思います。

仰る様に、日本人拉致被害の方々の奪還にでも乗り出すべきなのですが、
そこはやはり、古過ぎる「革命の大義」が大いに邪魔しているのかも知れませんね。
>山の管理人さん (forest(管理人))
2017-05-19 21:37:08
コメントありがとうございます。軍事力がなければ戦争もないと思っている連中もいるようですが、まさにお花畑のような考えで、いかにして国益を守るかと言えば軍事力の背景なしには不可能で、また外交交渉すなわち話し合いとか言っても、日本の場合は軍事力を示すことはありませんので、相手が韓国でもまともな話し合いが出来ない状態です。

周辺国の現状からして、日本も圧倒的な軍事力を保有するしかないと思っており、今の経済力からして増強は可能であり、ただ、政治にやる気がないだけで、また国民に危機感もないのは困ったものです。日本はアジアの盟主となるべきで、欧米列強の植民地だった国を戦争によって解放した日本に感謝する声もある反面、今の体たらくな日本を嘆く声もあるようですが、これからの日本は何をなすべきか分かると言うものですね。
>HAKASE(jnkt32)さん (forest(管理人))
2017-05-19 21:37:44
コメントありがとうございます。日本共産党は北朝鮮の仲間ですから悪く言うはずはないし、だから話し合いとか言って、出来もしないのに、あたかも出来るようなポーズを取っているに過ぎません。北朝鮮に脅威がないと良く言えたもので、どこを見て言えるのか聞きたいものですね。

ともかく、日本共産党は暴力革命を目指していますので、支那や北朝鮮からの攻撃があり、混乱状態になった時に動きかあると思っていますし、戦後の混乱期に在日朝鮮人と共謀して、全国各地で破壊活動を行った過去がありますから、再び、その恐れはあるでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
共産・民進・社民党の主張は何の役にも立たない・・・ (母さんによる徒然・・・)
☆拉致被害者が奪還出来ないのは、日本に は軍事力という背景がないため北朝鮮から 相手にされていないからであり、だから、対 話が成立するためには日本も圧倒的な軍事 力を保......