私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

朝日新聞の押し紙の件は既に知られている事実だが

2017年05月04日 20時15分59秒 | 偏向マスコミ

朝日新聞「押し紙率32%」に愕然

3部に1部(209万部)が配られないまま毎日廃棄される!「販売局有志」が社内資料を暴露。

2017/05

 朝日新聞の発行部数の32%に当たる209万部超が毎日読者に配達されないまま廃棄されている――。同社の「販売局有志」が昨年、経営上のガバナンスが欠如しているとして取締役会を告発した内部文書と付属の資料で、同社の「押し紙」の衝撃的な実態が明らかになった。本誌が入手した朝日の内部文書によると、2016年の発行部数は654万部。押し紙が大部分を占める「残紙」の割合は32%で、実際に読者に配られている実売部数は444万7千部だった。毎日印刷される新聞紙のうち、実に3部に1部が配達されずに古紙回収業者を通じて処分されていることになる。3月30日には衆議院の消費者問題に関する特別委員会で押し紙問題が取り上げられ、公正取引委員会は「独占禁止法に基づく厳正な対処」を改めて表明した。明らかになった朝日の押し紙の実態は今後の論議にも一石を投じそうだ。
(以下略・月刊「FACTA」)
 
(引用終了)


 日本の不幸の代表的なものと言えば報道機関がまともでないことであり、ありもしないことをあたかも真実のように報じる捏造報道は朝飯前だし、また新聞紙面やテレビに登場するいわゆる識者と称する連中のほとんどはサヨク思想を持っているにも関わらず、その意見が正論であるかのように国民を洗脳しようとしており、だから新聞を読んだり、テレビを見ていれば、知らず知らずのうちに偏った考え方になってしまうであろう。
 
 報道機関ではなく、洗脳機関と言った方が良いし、何せ新聞週間の標語に「新聞で育つ世論が政治を正す」がかって採用されてことがあるのだから間違いなく、世論は新聞が作るもので、報道の仕方によって、どうにでもなるとの思い上がりがあるからに他ならない。だが、ネットが普及するに従って、これは日本に限った話ではないが、新聞やテレビが偏向しており、真実が伝えられていないこと知られるようになったのは極めて良いことである。
 
 だから最近の若者は新聞を購読せず、テレビも見ない方が増えている訳で、間違っているか、偏向している情報しか伝えていないとなれば当然な話であり、偏向マスコミとかマスゴミなどと言われて久しいが、新聞は購読者が減少しているし、テレビは視聴率の低迷が顕著となれば、マスコミ業界がかってのように世論を作って、社会に損失を与えてきた時代は二度と巡って来ないと思っている。
 
 月刊「FACTA」によれば、朝日新聞の発行部数の32%に当たる209万部超が毎日読者に配達されないまま廃棄されているようであり、朝日の内部文書によると、2016年の発行部数は654万部。押し紙が大部分を占める「残紙」の割合は32%で、実際に読者に配られている実売部数は444万7千部で、毎日印刷される新聞紙のうち、実に3部に1部が配達されずに古紙回収業者を通じて処分されていることになるようだ。
 
 朝日新聞の押し紙の件は既に知られている事実だが、発行部数の内の約三割は配達されずに廃棄されているとなれば、朝日に広告を出している企業は発行部数に応じて広告料を払っているであろうから、誰も読まずに廃棄される約三割分の広告料は払う必要はないだろうから、朝日に以後の減額と、今まで払ってきた押し紙分の返金を要求すべきで、もし朝日が応じなければ、詐欺として訴えても良いでのではあるまいか。
 
 しかし、印刷される約三割は廃棄されゴミになるとは何とも無駄なものだが、だから報道のデタラメさと、古新聞紙というゴミを大量に出すことからマスゴミと言われているのであろう。朝日が日本を良くするための報道をせず、反対に貶めることばかりして来たのだから、読者離れが加速しているのは当然で、新聞の一つや二つが廃刊となっても国民は何も困らない。

 もし朝日が廃刊となれば日本の夜明けは近いと言えるだろうし、ネットでは廃刊を祝ってお祭り騒ぎとなるのは間違いなく、なぜなら新聞やテレビの報道放送姿勢に疑問を持ってネットに情報を求めた方も多いからで、だから未だに新聞やテレビを信頼している方は北朝鮮を信頼しているのも同然であり、いつまでも騙され続けるであろう。
(2017/05/04)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川崎市のヘイトスピーチ事前... | トップ | 旭日旗に文句を言っているの... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
悪徳商法が疑われる、朝日新聞広告 (HAKASE (jnkt32))
2017-05-04 21:52:28
今晩は。朝日新聞の「押し紙」問題は、拙方も伺って
いましたが、想像を超える規模で驚いています。

全体のほぼ1/3、年間200万部超は、尋常ではありません。
広告を打っているスポンサー企業は、広告料の3割超の返金を要求する権利がありますね。

かのNHKの受信料問題より質が悪いと心得ます。
この問題を分かっていながら、未だに姿勢を正さない
バカサヨ編集陣のあり方も、問題視されるべきです。
道理で朝日は、NHK 受信料問題に踏み込まない訳か。
まさに「ぼったくり」 (成田あいる)
2017-05-05 10:24:10
一昨日の朝日の紙面は、まるで、「憲法の精神を後世に」「この素晴らしき憲法は絶対に替えてはなりませぬ」と言わんばかりで、まさに「9条真理教」の「機関紙」さながらでした。
本日の「声」欄も、10代の投稿で埋め尽くされていました。
この「声」欄は10代と60代以降の投稿が極端に多く、20代~30代の投稿は極端に少ないように感じ、まるで「両極端」な気がします。

朝日ばかり読んでいると、朝日の書いていること・朝日に寄せられている投稿が「社会一般の考え」「主流の意向」に思えてしまいます。
「改憲」も、即座に短絡的に「戦争への道」に捉えられかねません。

「残紙」が実に3割を占めるということは、実に衝撃的でした。
そう言えば朝日に限らず新聞の購読料は、割高な気がします。
この割高な購読料が、「押し紙」に化けているとしたら、まさに「ぼったくり」であります。
その上偏った意見・主張ばかり掲載されたのでは、さらに「ぼったくり」の度を増していると思います。
>HAKASE(jnkt32)さん (forest(管理人))
2017-05-07 20:57:19
コメントありがとうございます。押し紙の問題は、紙面の広告を出している企業を騙しており、また新聞販売店には押し紙の分まで折込広告が印刷されて届けられているでしょうからその広告主も騙していることになるでしょう。廃棄されるのは押し紙と、その分の折込広告と言う訳で、何とも無駄なものです。そう言えば、NHKの受信料問題を朝日は問題にしませんが「お前が言うな」と批判されるからでしょうね。
>成田あいるさん (forest(管理人))
2017-05-07 20:58:22
コメントありがとうございます。朝日に掲載されている「声」は読者からの投稿にしているのでしょうが、本当の読者か、記者の作文なのかは不明ですし、朝日の論調とほぼ同じなのは間違いないうようです。新聞もテレビもやらせが多いので、信用出来ませんからね。

ある方が朝日の「声」に何度も投稿しても採用されないので、悩んだ末に知り合いに聞いたところ「内容が朝日の論調とは異なるのでこれでは採用されないよ」と言ったことから、試しに朝日の論調と同じような投稿をしたところすぐに採用されたそうで、朝日を読んでいるとバカになると言われているのは本当のようですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL