私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

希望の党から総理候補と持ち上げられた石破氏だが

2017年10月09日 20時03分12秒 | 希望の党

首相候補欠く希望の党「石破首相指名」あるか 本人は「不見識だ」と不快感

2017/10/07

 新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事は6日、都庁で記者会見し、衆院選後の首相指名について「整理がつき次第、公表する」と述べ、10日の公示目前でも結論に至っていないことを明らかにした。小池氏は自民党との連携も排除しない意向をにじませているが、希望の党側では首相指名候補に自民党の石破茂元幹事長が浮上。石破氏は「不見識だ」と批判した。

 石破氏は6日、TBSの番組収録で、自身が希望の党の首相候補として取り沙汰されていることについて「衆院選が終わった後の枠組みを今、議論しても意味がない」と述べ、あくまで自民、公明両党で過半数獲得を目指す考えを示した。

 石破氏は収録後、記者団に「選挙前にそんな話をするのは極めて不見識だ」と強い不快感を示した。ただ、希望の党内では依然、首相候補が不在のままだ。

 同党の細野豪志元環境相は静岡県三島市で記者会見し、自らが候補になるつもりはないと強調した。若狭勝前衆院議員は文化放送のラジオ番組で、石破氏の首相指名について「今の時点では全く現実的に挙がっていない」とした上で「石破氏だけではなく、野党の人も含めていろいろなことが考えられる」と語った。

 民進党の前原誠司代表は石破氏と同じ番組で、小池氏について「出てもらうのが望ましい。希望の党代表イコール首相候補として頑張ってほしい」と述べ、重ねて出馬を求めた。「本人の意志は固い」と翻意は難しいとの見方も示した。
(産経新聞)

(引用終了)


 希望の党への期待より批判の方が多くなった感があるが、小池東京都知事は都政に専念する義務がありながら同党の代表になっているからで、いわゆる掛け持ちと言う訳で、さぞかし多忙を極めると思うし、当然ながら、どちらかが、疎かになることは間違いなく、なぜならば、人のやることには限度があるからである。
 
 都議会選挙では地域政党「都民ファーストの会」の代表となったものの、選挙が終われば代表を辞任して、都民を呆れさせ、その記憶が新しいうちに、若狭氏らに「任せる」と言っていた筈の国政政党である希望の党の代表になって、政権交代を目指そうとしているようだ。だが、自身は総理なるつもりはなく、都知事を続投するようで、それでは政権交代は出来ないと思うし、では何のために国政政党を作ったのであろうか。何が何だか良く分からないとはこのようなことではなかろうか。
 
 希望の党はほぼ元民進党の連中に乗っ取られていると認識しており、なぜならば一旦公表した外国人参政権付与反対などの公約を元民進に配慮して削除しているからで、この有様では希望の党に期待するのは間違いであり、公認されたいために承認した公約なのに、公認されれば、反故にしても良いと思っているのであろうが、そのような連中と、元民進以外の新人候補がうまく行く訳がなく、まさに烏合の党だと言えるだろう。
 
 今のところ小池氏は都知事を辞してまで、衆院選に出馬する気はないようだが、それでも政権交代を目指すとなれば、希望の党としての総理候補を決めなければならないが、産経新聞によれば、その候補として自民党の石破茂元幹事長が浮上しているとのことであり、だが石破氏は「不見識だ」と強い不快感を示し批判しているそうである。
 
 希望の党から総理候補と持ち上げられた石破氏だが、本人はポスト安倍を狙っているだけに、まんざら悪い話でないだろうが、今は自民党所属議員として不快感を示さないと、党内から「誘いに乗って裏切る恐れある」と党内から厳しい視線を浴びる恐れがあるからであろう。
 
 希望の党の誰が総理候補として石破氏が相応しいと言っているのか不明だが、自民党が野党に転落した際に、党を飛び出し、再び戻って来たいわゆる出戻りの過去があるし、また自民党には一度でも党を飛び出た者は総裁にはしても総理にはしないとの暗黙の了解があるようだ。
 
 2008年9月に行われた総裁選に出馬した石破氏だが、翌2009年9月に民主党政権が誕生して自民党が下野していた際の総裁選にはなぜか出馬しなかったのは、野党なので、総理になれないからだとしか思えない。そうなると自民党が苦しんでいたその時代に総裁を勤めた谷垣氏は立派であり、 怪我のために衆院選に出馬せず政界を引退することなったそうだが、残念だとしか言いようがない。
 
 希望の党は石破氏が総理に相応しいと思っているとなれば、人を見る目がないと言えるし、なぜならば元民進党の連中を公認しているからで、石破氏は後ろから味方を鉄砲で撃つことから党内の評判は良くないし、小池氏は小池氏で自民党を出て、政権交代を目指そうとしている訳で、共に、かっての仲間を裏切ることになることから、そのような点で石破氏と小池氏は気が合うからではなかろうか。
(2017/10/09)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 在日の参政権要求は日本を乗... | トップ | 日本は唯一の被曝国だからこ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

希望の党」カテゴリの最新記事