私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

高齢者ほど反自衛隊を掲げるサヨクが多いようだが

2017年05月19日 21時35分55秒 | 防衛省・自衛隊・安全保障

自衛隊の憲法明記「賛成」は「男高女低」の傾向 高齢になるにつれて反対が増加

2017/05/15

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が13、14両日に実施した合同世論調査では、憲法9条に自衛隊の存在を明記するとした安倍首相の提案について、男性は63.4%が賛成し、反対の32.2%を大きく上回った。女性は賛成が47.9%にとどまり、「男高女低」の傾向が浮き彫りになった。

 世代別では、若い世代に賛成派が目立ち、高齢層になるにつれて反対論が増えていた。

 男性の賛成は30代が74.7%で最も多く、10・20代の66.7%が続いた。女性の10・20代も64.7%に達した。50代女性は賛成が43.1%で反対は41.7%だった。60代以上も賛成(42.9%)と反対(42.0%)が拮抗した。

 若い世代は大規模災害や国連平和維持活動(PKO)で自衛隊が活動する姿を見てきたことや、北朝鮮の核・ミサイル開発など緊迫する安全保障環境を踏まえ、自衛隊を憲法で明確に位置づけるべきだと考える人が多いとみられる。
(産経新聞)
 
(引用終了)


 昭和40年代と言えば、偏向マスコミがなぜか過激派と呼称していた極左暴力集団が、全国各地で暴力的破壊活動を繰り広げていた時代で、当時の映像から感じるのは破壊活動を行っている者のほとんどは若者なのだが、あれから40年余の月日が経過したことから、今では、その若者たちは60代ないし70代の爺さん、婆さんになっている。
 
 極左の若者の中には、破壊活動を繰り広げていたことを反省し、その後は真っ当に生きた方もいるだろうが、中には当時の栄光が未だに忘れられず、今でも思想は変わっていないようで、安全保障などに関する法案に「戦争する国になる」とか言って反対運動をしている方がおり、既に孫もいる年代になっているのに、何とも哀れなものであり、もう老い先短いのだから、それでも未だに止める気がないとなれば、思想とは何とも恐ろしいものである。
 
 かって日教組の教師から受けた洗脳教育の影響なのであろうか、世界で日本が一番悪い国であり、日本は憲法第9条を守って、戦争反対を叫んでいれば、世界平和になると思っている爺さん、婆さんは多いようだが、産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)が13、14両日に実施した合同世論調査では、憲法9条に自衛隊の存在を明記するとし安倍総理の提案について、世代別では、若い世代に賛成派が目立ち、高齢層になるにつれて反対論が増えているのは、高齢者ほど反自衛隊を掲げるサヨクが多いのは間違いないようだ。
 
 この世論調査の結果からして、どの年代でも、また性別でも賛成が多いようで、さらに若い世代ほど賛成派が多いのは、憲法改正が視野に入って来たと言えるし、それでも反対する者がいるのは、自衛隊の存在を明記しない方が良いと言う訳だが、ならば、その理由とは何であるか知りたいものである。
 
 現憲法には、自衛隊の自の字も明記されておらず、だから自衛隊の存在は憲法学者に言わせれば違憲、または違憲の可能性があるとしており、ならば、改憲により合憲とすべきだと言うべきなのに、9条の改正は必要ないとする学者がほとんどなのは理解しがたく、国を守ることより、憲法を守ることの方が大事だと言いたいのであろうが、まさに専門外のことには知識がない学者バカとは良く言ったものである。
 
 サヨクから自衛隊は違憲の存在だといつまでも言わしておくべきではなく、だから9条に誰が読んでも分かるように自衛隊の存在を明記すべきであろう。今回の安倍総理の提案に反対している方は、今までの平和は自衛隊ではなく9条が守ってきたと思っているかも知れないし、その9条を錦の御旗にして戦争反対を唱えてされいえば、永遠の平和を維持出来るとのお花畑のような考えを持っているようだ。
 
 支那や韓国など、日本を侵略しようとしている国からすれば誠に都合の良い9条であり、戦後70年余を経過し、今まで戦争はなかったといしても、これからもないと言えないので、よって憲法を改正し、9条第3項として自衛のための陸海空軍を保有するとすべきであろう。
(2017/05/19)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 軍事力の背景がなければ北朝... | トップ | 捜査機関には何の罪もない一... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自衛隊認知の早道は (Unknown)
2017-05-19 22:43:30
今晩は。我国の安保と防災の為にも、既に多くの実績もある三自衛隊が、
次第に認められ尊敬を集めるのは当然と心得ます。

原則からすれば、第九条の白紙化でしょうが、現実的でないならば、
第三項を追加して、三自衛隊の積極認知に踏み切るべきでしょう。
これならば、連立中の公明党の理解も得易いし、改正事務の負担軽減も図れるでしょう。

容共左派勢力は、どの道「反対」も騒ぎ立てるだけですから、スルーで十分でしょう。天皇陛下ご譲位問題と並び、
こちらの方も、健全な議論をする気がない左巻き勢力は、参加を遠慮願いたいものですね。
9条栄えて国滅ぶ (成田あいる)
2017-05-21 18:16:37
若い層ほど「9条明記」に賛成で年配層ほど反対と言うのは、やはりネットの成果ですね。
それでも、産経でさえも反対層がどの層でも3割超えているのには驚きました。

共同通信の世論調査でも、9条改正の「必要」「不必要」は僅差で拮抗しています。
それどころか、日本がこれまで「武力行使しなかった理由は、9条があったから」だとする人は75%にも上っています。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201704/CK2017043002000123.html

「護憲派」など、もはや「9条死守派」と言っても良いでしょう。
いずれにせよ、「9条改正」は理解している人には理解が得られている、と思います。

北朝鮮は短期間のうちに弾道ミサイルを次々と開発しただけでなく、「核兵器を含めて、米国本土とともに在日米軍基地までも照準に入れている」とまで言われています。
先程も、飛しょう体1発を発射したそうです。
とにかく「9条」が通用する国ではないのです。

今回の大規模な「サイバー攻撃」で北朝鮮が関わっているとも言われていますし、ネットだけでなくリアルでも日本は大規模な被害に巻き込まれる危険があります。
「9条」などと言っている間に、「9条栄えて国滅ぶ」なんてことになりかねません。
>HAKASE(jnkt32)さん (forest(管理人))
2017-05-22 22:25:49
 コメントありがとうございます。投稿者名がありませんが、おそらくHAKASE(jnkt32)さんではないかと思いますので、レスします。
 
 自衛隊に関して、憲法に何の明記もされていないことから、サヨクからいつまでも憲法違反とまで言われている訳で、もう、そのようなことを言われないように憲法改正は当然で、だから政治の責任は重いと言わざるを得ません。
 
 どの国でも、国民を守る軍に対して尊敬の念で接するのは当然で、日本だけは異質だと言えますね。私など、自衛隊の車両とすれ違うだけでも、頭を下げるようにしておりますし、帽子を被っている時には敬礼をしたいので、うまく出来るように鏡の前で練習しようとか思っています。
>成田あいるさん (forest(管理人))
2017-05-22 22:26:24
コメントありがとうございます。現憲法は米国製なのですが、サヨクは米国嫌いなのに憲法だけは未だに愛して、改正に反対なのは理解出来ませんね。9条を守ることによって、日本自体が守れなくなっている訳で、支那朝鮮にしてみれば誠に都合の良い9条ですから、サヨクは改正に反対するのは分かりやすいと言えますね。

何かのイベントの際に「9条の会」のコーナーがあり、机の上にパンフレットを置いて、3人位の男が椅子に座っていましたので、しばらく様子を見ていましたが、誰も寄り付かず相手にされていないようでした。9条を守って何か良いことはあるのかと言えば「何もなく日本を危うくする」とだけ言いたいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
民主主義知らぬ変態新聞・・・ (母さんによる徒然・・・)
☆現憲法には、自衛隊の自の字も明記され ておらず、だから自衛隊の存在は憲法学者 に言わせれば違憲、または違憲の可能性が あるとしており、ならば、改憲により合憲とす べき......