私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

今や国民の敵となった感がある偏向メディアだが

2017年07月16日 20時15分09秒 | 偏向マスコミ

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】

安倍首相の本気度が試されるメディアへの対抗策 一部ですさまじい偏向ぶり、なりふり構わない倒閣運動

2017/07/14

 東京都議選(2日投開票)は、小池百合子都知事率いる地域政党「都民ファーストの会」が、追加公認を含む55議席を獲得し、予想を上回る大勝利を収めた。(夕刊フジ・7月8日掲載)

 今回の選挙で、メディアの多くは、「憲法改正」を明確に打ち出した安倍晋三首相への倒閣運動を、なりふり構わず、全力で実行中であることがよく分かった。対する内閣や自民党は、あまりにも脇が甘い。

 安倍内閣にダメージを与えられる情報は、違法性や証拠がなくとも「印象操作」目的で報じ、有利な情報は基本的に報じないという、一部メディアの偏向ぶりはすさまじい。

 代表例は、「加計学園」問題に関する報道だ。追及の急先鋒(せんぽう)だった民進党の玉木雄一郎衆院議員は、獣医学部新設に猛反対してきた日本獣医師会と繋がりを持っている。だが、大半のメディアはこれを無視した。

 また、JR秋葉原駅前で、安倍首相が応援演説に立つと、聴衆の一部が「帰れ」「安倍やめろ」などとコールし、巨大な横断幕を掲示した。明らかな選挙妨害(公職選挙法第225条)である。

 これを受けて、安倍首相は「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と発言した。演説を聞いていた中には留飲を下げた人も多かっただろう。ところが、ワイドショーは選挙妨害は無視し、安倍首相だけを批判した。
(以下略・全文はソースで・産経新聞)
 
(引用終了)


 世の中で最も信用出来ないものと言えば偏向したメディアであり、何を報道するかしないかを勝手に決めているし、その使命が政治を正すことだとしても、執拗に批判する政治家と、お友達なのであろうか、反対に持ち上げる政治家がいるようである。偏向メディアがそこまで批判するからには、政治家としての資質がないのかと言えば、そうではなく、良識ある国民からすれば、他の方よりマシな政治家だとの印象を持っているのではあるまいか。
 
 親の仇のあったかのように、偏向メディアから凄まじい批判を浴びている政治家と言えば安倍総理であり、その様子は偏向報道と言った程度を越えて、退陣に追い込むための謀略活動と言っても過言でない。まさに偏向メディアと安倍内閣が続くことが余程都合が悪い連中とが共謀しているとしか思えないが、そのような偏向メディアに騙されて判断を誤ってはならないし、安倍内閣の支持率が下がっているようだが、本当であれば偏向メディアによる謀略活動の効果が出ている訳であり、このことは未だに偏向メディアを信用している方がいることであり、まことに残念だとしか言いようがない。
 
 産経新聞によれば、米カリフォルニア州弁護士であり、タレントのケント・ギルバート氏が、偏向メディアによる憲法改正を明確に打ち出しいる安倍総理への批判が凄まじいと書いている。その一つの例が、東京都議選の際にJR秋葉原駅前で、安倍総理が応援演説に立つと、聴衆の一部が「帰れ」「安倍やめろ」などとコールし、巨大な横断幕を掲示したことで、明らかな選挙妨害(公職選挙法第225条)であるにも関わらず、偏向メディアは安倍総理の「こんな人たちに負けるわけにはいかない」との発言だけを批判し、選挙妨害は無視したとのことである。
 
 偏向メディアが内閣の支持率を調査するのは、国民を騙す自らの謀略活動に効果が出ているかどうかを調査するためのもので、だから安倍内閣の支持率が下がれば大喜びで、上がれば苦虫を潰したような思いであろう。ケント氏が指摘するように偏向メディアは安倍内閣を倒すためであれば、何でもするようになっており、ケント氏のような米国人でさえも危機感を感じて警鐘を鳴らしているのだから、日本国民は偏向メディアに対して厳しい目を向けるべきであり、もし、安倍総理退陣となれば誰が喜ぶか良く考えて欲しいものである。
 
 今や国民の敵となった感がある偏向メディアだが、麻生政権時代に「漢字を読み違えた」とか「カップラーメンの値段を知らない」として批判した時とまったく同じ手口か、それ以上の些細なことを問題にし安倍内閣を批判しているようで、支持率が下がっているとしても、野党の支持率が上がっている訳ではないとなれば、今まで安倍内閣を支持していたが、しばらく様子を見たいとして「支持政党なし」の無党派になったに過ぎない。
 
 若者ほど安倍内閣支持が多いのは、偏向メディアよりネットで情報を得ているからであり、「なぜ、このような大事なことが報道されないのか」との疑問を持つ方が増えてくれば、偏向メディアの終焉は近いであろう。報道の自由とは、取材対象は拒否することが出来ないことで、また報道しない自由とは、特に朝鮮人にとって都合が悪いことは報道しなくとも良いと思っているからであり、既に内部に多数の朝鮮人が入り込んでいる放送局や新聞社もあるとなれば、前述したように偏向メディアは国民を惑わす敵となったのは間違いない。
(2017/07/16)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓮舫代表が今更戸籍謄本など... | トップ | 素人議員がほとんどの都民フ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
流石はケントさん、GJ! (成田あいる)
2017-07-17 12:09:10
ケント・ギルバート氏は『ニュース女子』問題の朝日の社説に対して、公開討論を要求し「まさか逃げませんよね?」と「念を押して」います。

http://www.buzznews.jp/?p=2105733

更に氏は、ここまで痛烈な批判をしています。

http://www.sankei.com/premium/news/170422/prm1704220006-n1.html

今回の批判も、まさに「留飲を下げた」ものです。

その一方で朝日は、自分たちがさんざん安倍総理に対する「印象操作」を図ってきたにも拘らず、「安倍総理は自らの批判逃れに『印象操作』」を多用している」などと報じました。
それ以上に最たるものが、都知事選前日の安倍総理の「街頭演説」での「『安倍辞めろ・帰れ』コール」報道だと思います。
『声』も、「安倍総理を支持したり、味方する者は彼らの『お友達』になろうとしているのか」「今や政治家にうまく取り入るしか生き残れないのか」と言う投稿を見かけます。
このように朝日は実に、「ツッコミどころ」や「ネタ」が多いです(笑)

テレ朝の世論調査でも、安倍内閣の支持率が「29.2%」に低下しました。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000105519.html

が、「世論調査」自体、「世論操作」の成果だと思います。
これだけ「安倍内閣の支持率」が低下しても、ならば「倒閣」に繋がるのかと言ったら、私は無いと思います。
今の野党がどれもこれも「泥船」「零細党」と化していること、安倍氏に対する対抗馬がいない現状からです。

産経はネットでもこれだけの記事を書けるのですから、左傾化している東京新聞に対抗して、産経版「こちら特報部」でも作ってはどうでしょうか(笑)
>成田あいるさん (forest(管理人))
2017-07-19 21:19:11
コメントありがとうございます。何か書けば必ず批判されるのが朝日新聞ですが、安倍総理に良い所があっても取り上げないようで、なにせ安倍総理を退陣に追い込むことが、朝日の社是だと言うのですから、もはや報道機関と言えません。

安倍総理も内閣支持率が下がったとしても気にする必要はないし、世論とは選挙で決まるものですからね。その世論も偏向メディアが作っているとなれば、危なくなりますが、だから偏向メディアを信用せず、様々な情報を自分で探して判断する方が増えることが社会を変えることになります。

ケント・ギルバート氏のように日本人以上に日本を思ってくれる外国人もいるのですから、日本人は偏向メディアに騙されず、正しい判断が出来るようになって欲しいものです。
Unknown (同感。)
2017-07-22 17:24:31
はじめまして。
初めてblogを拝見しました。
安倍総理の出自は別として、現職の国会議員の中では良い方の議員である印象はあります。
半島との繋がりが全くないのか。
となれば、正直、よく解りませんが。

メディアの偏向報道はすさまじく、日本人でない人間の犯罪迄日本人の名前を使われ、半島旅行でレイプされた話はネット上に出ているにも関わらず、ニュースで見たことはありません。
半島に対して、不利になる情報は一切報道されない。ここは本当に日本なのか。と感じます。
日本のメディアの側には半島の関連施設がおり、メディアの報道のありかたも逐一、監視されているような印象を受けます。

我々はネットから情報をえるしかないのが実際です。そのうち、我々日本人には真実を語れないように、圧力がかかる可能性もあり、表現の自由が奪われ、言論弾圧がおこる可能性もなきにしもあらずです。

でも、どんな日本でも、私は日本人として、応援するつもりです。
私は日本人として、絶対に、負けたくありません。
Unknown (forest(管理人))
2017-07-24 21:47:55
HMとタイトルと間違えているようですが同感さんにレスします。

偏向メディアを批判を始めて35年ほどになりますが、まだネットがなかった時代には、今より偏向していましたね。そうは言っても、ネットの普及によって偏向が是正された訳ではなく、偏向メディアによる世論操作を知り得た方が増えているだけで、ネット環境のない方は未だに偏向メディアに騙されている訳です。

偏向メディアに朝鮮人が入り込んでいるのは周知の事実で、だから偏向するのは当然で、悪いことをしているとの意識はありません。偏向メディアも企業の一つですから国民の信用が大事な筈ですが、やっていることは正反対で、信用されないことばかりしているのですから話になりません。偏向メディアとの戦いに負けることは日本が日本でなくなり、朝鮮人の支配する国になることですからね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

偏向マスコミ」カテゴリの最新記事